作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

LINEで送る
Pocket

さっぱりといただく焼き茄子とはちょっと違う切り方、作り方で、仕上げに薬味を添えて。
なすは両面こんがりと焼いて、生姜醤油で和えて、お好きな薬味を加えるだけ。
素麺や冷麦などにも相性抜群ですよ。

『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』の材料(約1人分)

なす

1~1本半

(写真はあらかじめ洗ってヘタを落としカットして下処理したもの)

 

大葉

2~3枚

(写真はあらかじめ洗って刻んで下処理したもの)
 

小ねぎまたは青ねぎ

少々

(写真はあらかじめ洗って刻んだもの)
 

すりおろししょうが

適宜

(写真はあらかじめ皮をむいてすりおろしたもの。1/2片程度使用)
 

お好みの油

大さじ1

(今回使用分は太白ごま油(無色無臭のもの)大さじ2/3~1程度)
 

ごま油

少々

(香りづけ程度に仕上げに使用。香りが飛びやすいので焼き用の油とは別に使用しています)
 

『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』の作り方

1.なすはさっと洗って、ヘタを取り除いておく(上部(ヘタが付いていたあたり)は白い部分も固いので取り除いてください)
 輪切りにし、すぐに水にさらしてあく抜きをし、焼く前になすを水から取り出し、キッチンペーパーなどで水気をよく拭いておく。



2.生姜は皮をむき、おろし器などですりおろしておく。

3.大葉は2枚重ねて丸めて端から千切りにしていく。
 茎はお好みで。取り除いて入れなくても、みじん切りにして混ぜ入れても◎
 全て刻んだら、水にさらして、こちらもしばらく置いたら水から取り出し、キッチンペーパーなどで拭いて、水気を取り除いておく。



4. 小ねぎ(青ねぎ)はさっと洗って小口切りにしておく。

5.2のすりおろし生姜に醤油を加えて、生姜醤油にしておく。

6.フライパンにお好みの油(写真は太白ごま油(無色無臭タイプ))を敷いて火を付け、中火でなすを並べて、片面さっと軽く焼き色がつくまで焼いたら裏返して、同様に両面焼く。


7.両面に焼き色が付いたら、仕上げにごま油(写真は濃口タイプ、香りづけ程度にごく少量使用)を加えて火を止める。
 お好みで、油を天紙やキッチンペーパーで余分な油を吸わせてカロリー控えめ仕上げにしても◎
 (油を吸わせずそのまま味付けしても◎)


8.熱いうちに5.の生姜醤油を加え、さっと混ぜたら、薬味を添えて完成。

『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』のアレンジ

切り方や薬味の種類を変えたり、七味唐辛子(写真は黒七味ですが種類はお好みで)など加えても

材料(アレンジ):1人分

みつば

少々

(写真はあらかじめ洗って葉と茎に分けて1~2㎝幅に刻んだもの)
 

みょうが

少々

(写真はあらかじめ洗って輪切りにして水にさらして水切りしたもの)
 

いりごま

少々

(写真は金ごまを使用)
 

七味唐辛子等お好みの粉唐辛子

少々

(写真は黒七味※を使用)
※黒七味とは…唐辛子、山椒粉、ごま、けしの実などが入った調味料。京都 原了郭の黒七味が有名ですが、各地の唐辛子店や大手メーカーからも類似品が販売されています。それぞれお好みのお味を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

アレンジの作り方

[切り方と焼き方について(なす)]
なすは縦半分、横半分に切り、さらに三等分する。
皮が固いこともあるので、皮の側面に斜めか格子に切れ目を入れておく。
焼く時は輪切りより小さいので、油の量をさらに減らしても◎


[他の薬味について(みつば・みょうが・ごま)]
作り方2.と3.の間、5.の生姜醤油を合わせる前に薬味を切る作業を一緒に済ませておくと、効率よく作ることができるかと思います。
(香りの弱い薬味から順に刻んでいくと◎)


ごまや七味は盛りつけの際、加えてください。

『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』のポイント・コツ(共通)

・なすの切り方、薬味、油の種類などご自由にお好みで。
・他の葉野菜などを加えてサラダ仕立てにしても◎
・薬味は香りの弱いものから刻むと、包丁やまな板他の薬味に香りが移りにくく作業しやすいです。
・大葉はすぐ使う場合は水にさらさずそのまま使用しても◎
 (水にさらす場合はよく水気を拭きとってください。)
・薬味やなすは水気をよくふき取ってください。
 (薬味に水気が多いと傷みやすく、なすに水気が多いと油ハネしやすいのでご注意ください。)

『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』のアレンジレシピのポイント・コツ(アレンジ)

・みょうがは水にさらさずそのまま使用しても◎
 (水にさらす場合はよく水気を拭きとってください。)
・いりごまは加える直前に弱火で炒ったものを加えるとより香ばしく仕上がります。
・七味の種類はお好みで。一味唐辛子などでもおいしくいただけます◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

ふわとろ卵入りでマイルド仕上げ『かき玉麻婆茄子』

ふわとろ卵入りでマイルド仕上げ『かき玉麻婆茄子』

常備菜や一品おかずに『おくらの黒七味塩麴ナムルとアレンジマリネ』

常備菜や一品おかずに『おくらの黒七味塩麴ナムルとアレンジマリネ』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

薬味たっぷり二つの味が楽しめる『豆乳そうめん』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』