得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.06.30

どこに行ってどうなるの?環境に優しい『リサイクルされた資源のその後のお話』

LINEで送る
Pocket

ゴミとしてではなく、リサイクルしたペットボトルや缶、ビンなどがその後どのように再利用されているかご存知ですか?何気なく分別してリサイクル回収ボックスに入れていたものは立派な資源として新しく生まれ変わっているます。

ペットボトル

ペットボトルは、プラスチックの一種であるポリエチレンテレフタレートという樹脂が原料です。
リサイクルされたペットボトルは、細かく砕かれて「PETフレーク」と呼ばれるものにし、PETフレークを原料としていろいろな製品をつくります。トレイや卵パックなどのシートが41%、シートやシャツなどの繊維が41%、ペットボトルが13%、文具、資材などの成形品が5%という割合で新しいプラスチック製品になっています。ペットボトルを再利用した製品には、「PETボトルリサイクル推奨(すいしょう)マーク」がついているので注意して見てみてください。

1㎏のPETフレークで製品をつくる場合、新しい原料を使って製品をつくるのに比べて、1.02㎏もCO2を減らすことができるそうです。
また、ペットボトルをリサイクルして新しいペットボトルを作ることもあります。これを「ボトルtoボトル」といい、ペットボトルは衛生上、ビンのように洗浄して再利用しないため、いったん原材料まで戻して、新しいペットボトルを作ります。

ペットボトル

ペットボトルのキャップも大切な資源のひとつ

ペットボトルのキャップは「エコキャップ」と呼ばれており、新しい商品へ生まれ変わるだけではなく、貧しい国にいる子どもたちのワクチン代にもなります。環境保全だけでなく、社会貢献の役割も果たしているんですね。

ペットボトルのキャップ

アルミ缶

アルミ缶のリサイクルにも2つの流れがあります。1つはアルミ缶をアルミの板にしたあと、再びアルミ缶になります。もう1つはオートバイ、電気製品、アルミサッシなどの他の製品に生まれ変わります。
再生アルミを使うと、新しくアルミニウムをつくるよりも、約97%エネルギーを節約できます。

アルミ缶

スチール缶

スチール缶とは鉄でできた缶のことです。集めたスチール缶は資源化施設でプレス処理され、製鉄所で自動車や電化製品、モーター、レールなど、さまざまな鉄製品に生まれ変わります。

ガラス瓶

ガラス瓶は細く砕いたカレット(ガラス製品を破砕した状態のガラス屑)と、ケイ砂、石灰石、ソーダー灰から作られています。
ガラス瓶には2種類あり、何度も使える「リターナブル瓶」と、一度しか使われない「ワンウェイ瓶」があります。リターナル瓶は洗浄して再利用され、ワンウェイ瓶は色別に分けて細かく砕きリサイクルされます。カレットはタイルやブロック、アスファルトなどの建設用の材料に使われています。
最近は生活の変化に伴い、リターナブル瓶が減り、ワンウェイ瓶が増えてきています。

ガラス瓶

発泡スチロール

発泡スチロールの大部分は空気でできているため、燃やしてもダイオキシンなどの有害なガスは発生しません。発泡スチロールは包装材や文具、合成木材などに生まれ変わります。また、燃やしたときの熱を利用してプールの水を暖めたり、発電に使う場合もあります。再生するだけでなく、燃えることでもリサイクルとしての役割を果たしています。

発泡スチロール

牛乳パック

牛乳パックの原料は主に北米や北欧の針葉樹です。原料になるのは幹の上部の枝や、製材過程で除かれる外周部分、端切れ、おがくずなどで、用材に適さない残材を無駄なく使ってできているのです。
紙パックはトイレットペーパーやティッシュペーパーへリサイクルされます。牛乳パック(1000ml)6枚で、トイレットペーパー1個、ティッシュペーパーだと3~4箱の再生ができます。

トイレットペーパー

生ごみ

可燃ごみとして捨てている生ごみは、専用の施設に回収・処理をされれば堆肥として活用されます。

生ごみ

リサイクルの他にもある環境に良い方法

「3R」という言葉はご存知でしょうか?「リサイクル(Recycle)」も3Rの1つです。あと2つの「R」はゴミを出さない「リデュース(Reduce)」と、使えるものはくり返し使う「リユース(Reuse)」。この3つを進めていくことは無駄なエネルギーを使うことがなく、とても環境に優しい活動になります。

何となくペットボトルや缶、ビンなどをリサイクルしていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?生まれ変わった姿を知るとリサイクルに対する意識が少し変わりますね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

おもちゃはECOでリサイクル『牛乳パックでぴょんぴょんカエル』

おもちゃはECOでリサイクル『牛乳パックでぴょんぴょんカエル』

見た目にも涼しい、夏に嬉しい手作りおもちゃ『色水ペットボトル』

見た目にも涼しい、夏に嬉しい手作りおもちゃ『色水ペットボトル』

うつわ好きなら知っておきたい!焼き物の大産地 『美濃焼のエコプロジェクト GL21前編』

うつわ好きなら知っておきたい!焼き物の大産地 『美濃焼のエコプロジェクト GL21前編』

 

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』