得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.06.27

「旬花」雨を彩る日本の花『あじさい』〜水無月の暮らし〜

LINEで送る
Pocket

雨に映える花の印象が強いあじさい。品種改良された変わり咲きの品種も多いので最近は母の日や父の日のギフトにもよく使われています。あじさいの生まれ故郷は日本なのですが、むしろヨーロッパで好まれて品種改良され日本に戻って来ています。

万葉集にも登場する、歴史の古い花

あじさいの原産地は日本です。あじさいの花びらのような部分は実はガクで、真ん中の小さなつぼみのような部分が本当の花なのですが、あじさいの原種となっているのは房になって咲く時、縁に大きな花が付き真ん中が蕾のような形のままになっている物です。

あじさいの名前は万葉集にも登場し、「味狭藍」「安治佐為」といった字を当てられていたようです。現在、一般的に使われている「紫陽花」の方の字は、実はあじさいではなく中国でライラックを呼ぶのに用いられた物が平安時代の学者の誤用であじさいに当てられた、とされているそうです。
あじさいという呼び名の由来もいくつかあり、「集まって咲くもの」という意味や「藍色が集まった」という意味の「あづさい」が転じたとする説があります。

あじさいの色の変化は土壌の酸度による

あじさいの花の色は植えられた土壌によって変化します。土壌が酸性であれば青、アルカリ性が強ければ赤に傾きます。あじさいの語源の一説が「藍色が集まった」というのはある意味道理で、日本の土壌は酸性が強いため自然の環境であれば青い花は鮮やかな色になりやすいのです。

色の変化の仕組みは土壌の酸度で溶け出したアルミニウムがイオンとなってあじさいに吸収され、あじさいの持つデルフィニジンという色素と結合する事で起こります。酸性ではアルミニウムはイオン化しやすく、逆に中性の土壌やアルカリが強いとアルミニウムは溶け出さずあじさいに吸収されないので青みが強くなる作用は働きません。

ここで注意したいのは「土壌のpHの調節であじさいの色を好みに変えられるわけではない」という事です。あじさいを青くしたい時はみょうばん、赤くしたい時は苦土石灰をやればいいと言われていますが、それぞれのあじさいの品種によって元々持っている色素が異なるため、青い花がつくあじさいをピンクにしたり、逆に赤っぽいあじさいを藍色にする、というような事ができるわけではないのです。白いあじさいに至っては色素を持っていないために白いガクになっているので、土壌のpHを変えても青くなったり赤くなったりしません。(枯れ際には変色する事があります)

土のpHを調節する意味は、元々あじさいが持っている色をきれいに出すための育て方なので、同じあじさいを挿し木などで増やしてpH調節で違う色に咲かせる、というような事はかなり難しいといっていいでしょう。

日本よりも先にあじさいに美を見出したヨーロッパ

さて、日本では古くから存在を知られていたわりにあじさいは、実はそれほど愛でられた存在ではありませんでした。和歌や絵画でもモチーフにされた作品はあまりないのだそうです。理由ははっきりとはしないのですが、一つにはその花持ちの良さがあるかもしれません。

あじさいの場合、花びらに見える部分はガクなので、花が終わってもガクは散る事がありません。花が終わるとガクが老化現象で変色して萎れていくような形で花期を終えます。花の散り際を愛でる日本人の好みにはあまりマッチしなかったのかもしれません。

それとは逆にあじさいを歓迎したのはヨーロッパの人達です。江戸時代末期頃からあじさいはヨーロッパへと渡りますが、そちらでは花持ちの良さも含めてたいへん好まれ、「東洋のバラ」とも呼ばれたそうです。そして様々な品種改良がなされ、西洋アジサイとして日本に逆輸入されました。第二次大戦後、あじさいは次第に梅雨時の花として人気が高まって行きます。現在のあじさいに多い、花のようなガクが全体に付く手毬咲きの物は品種改良された物です。また、最近ではアメリカ原産のカシワバアジサイも人気です。

雨の日に似合う、日本の花あじさい。古くから親しまれたその花に思いを馳せてみましょう。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

6月の誕生花『クチナシ』~水無月の暮らし~

6月の誕生花『クチナシ』~水無月の暮らし~

日本の暮らしの言葉『梅雨を彩る言葉たち』〜水無月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『梅雨を彩る言葉たち』〜水無月の暮らし〜

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

「食いしん坊の歳時記ー6月」甘くてモチモチの『水無月ってなぁに?』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』