知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

LINEで送る
Pocket

旧暦7月に行われていた「棚機(たなばた)」の風習は、お盆の前に棚機津女(たなばたつめ)が水辺の機屋にこもり、身を清めて布を織り、先祖を迎えたと言われています。中国には、牽牛(けんぎゅう)と織女(しゅくじょ)の伝説があり、夫婦仲が大変よく、仕事をしなくなったため、天の川の対岸に別居させられ、1年に1回、7月7日の夜に逢うことが許されたという物語があります。どちらも織り姫に関係していることから、習合して祝うようになったとされています。
今回は、夏の行事のひとつである『七夕』をテーマとし、和風のコーディネートを簡単につくるコツをご紹介します。

1.色使いでお手頃価格の器が大変身!

「色」はテーブルコーディネートにとって重要な要素です。今回は、和の印象を強めるために黒を基調とし、重たい雰囲気にならないようにガラスの器を合わせ、グリーンで涼を感じさせる演出にしています。差し色として使用したブルーは、七夕の夜空をイメージしています。ガラスの器と江戸切子のグラスは100円ショップで販売されているものです。コーディネート次第でお値段以上に楽しむことができます。

2.象徴的なアイテムに捉われず、アイデア勝負!

お行事のためだけに5色の飾りや笹の葉などを購入しなくても、七夕のテーブルを素敵に演出することができます。とくに暑さが厳しい時期は、日持ちする枝ものをうまく使うことで、季節の行事が終わった後も楽しむことができます。私のおすすめはドウダンツツジ。夏に重宝する枝ものです。

またカラフルな飾りではなく、和紙をカットし、ひもを通しただけのシンプルな短冊は、どのようなインテリアにも合わせやすく、場所を選ばず飾ることができます。

芋の葉に降りた朝露で墨をおろして字の上達を祈る風習ができ、のちに願い事を短冊に書いて笹竹につるすようになりました。季節の行事にまつわる話をしながら、お子さんと一緒に墨をすり、願い事を書いてみてはいかがでしょうか。

3.テーブルの上に高低差をだす!

テーブルコーディネートを素敵に演出するコツは、テーブルの上に高低差を出すことです。

花器の大きさを変えたり、器を重ねたりすることで高低差が出ます。お花をテーブルの中央に飾る場合は、低めに活けます。高さの目安は、テーブルに肘をつき、手首の高さより低くなるようにします。すこし高めのお花や枝ものを置きたいときは、テーブルの片側に寄せて配置するとバランスがとれますよ。

4.季節の行事にちなんだ『手作りのもの』を添える!

ハランやドラセナなどの細長い葉を舟の形に折り、七夕の夜空をイメージしたガラスの器の上にのせ、天の川を渡る笹舟をイメージしたさりげない七夕の演出です。舟の折り方はとても簡単なので、季節にちなんだものを、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介したコツはとても簡単ですので、ぜひ親子で楽しんでみてください。
親から子へと受け継がれていく季節の行事を通して、おもてなしの心も親から子どもへと受け継がれていくといいですね。

文/食空間コーディネーター 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと楽しむ和文化『テーブル茶道』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

子どもと一緒に楽しむ食卓『ひな祭りを通して「和」に触れる』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』