得するコト得するコト
まめ知識 2021.07.17

もらってももう困らない!冷蔵庫に眠っている『保冷剤』の有効活用

ケーキをはじめとする要冷蔵食品に「保冷剤」がついてきますね。毎回つけてもらうことになって、気が付けば冷蔵庫にたくさんの保冷剤が溜まっている…。なんてことはありませんか?そんなときは封を開けて二次利用してみましょう。

保冷剤とは

保冷剤のにゅるにゅるとしたジェル状の物質は「吸水性ポリマー」と呼ばれる化学製品を配合したものです。吸水性ポリマーは水を吸収して固める性質があり、市販の紙オムツなどにも使われています。触るだけでは害はないものの、誤って飲んだりしてしまうと体内の水分を吸収してしまい、胸や喉の痛みが出できます。そのため。小さなお子様が飲み込んでしまわないように注意しましょう。ただ、現在の保冷剤に含まれる吸収性ポリマーは誤飲した場合でも大丈夫なように、安全性の高いものが使用されています。
保冷剤の活用法は食品の低温状態を維持するためだけではありません。冷蔵庫に眠っている保冷剤を有効活用しましょう。

保冷材

消臭・芳香剤として

吸水性ポリマーは水分を含むことで表面に小さな凸凹ができ、この凸凹が臭いの成分を吸い寄せるので消臭効果が期待できます。保冷剤を袋から出して容器に入れて臭いが気になる場所に置いてみてください。少量のアクリル絵の具を入れて竹串で混ぜたり、香り玉やアロマオイルを数滴垂らすとお洒落な消臭・芳香剤になりますよ。一度作った消臭・芳香剤は1~2週間ほど効果が持続します。

園芸アイテムとして

植物の水やりに

旅行や出張などで家を空けるときは植物の水やりができません。そのようなときは保冷剤を袋から出し、土の上に撒いておきましょう。水を含んだ吸水性ポリマーから水分が徐々に土の中に溶けていき、保水剤の役割をしてくれます。保冷剤の上に土を被せておけば2、3日は植物を乾燥から守ってくれますよ。砂漠地帯を緑化する際にもこれと似た方法が使われているのだとか。
保冷剤には保水剤としてはもちろん、微量に防腐剤も含まれています。

切り花に

保冷剤は切り花やフラワーアレンジメントにも活用できます。保冷剤を切り花やアレンジメントを生ける際のオアシス(通常は水を含んだ緑色などの吸水スポンジのこと)の代わりにしてみてはいかがでしょうか。ジェルに茎がしっかり絡むため、茎が安定して生けやすいそうです。
保冷剤は時間が経つと乾いてしまうので、様子を見ながら水を足してください。透明感のある保冷剤を活用した切り花やフラワーアレンジメントはこれからの時期に涼し気な印象を与えてくれるのでピッタリですね。

切り花

美容アイテムとして

毛穴パックに

洗顔後、小鼻や頬、あごなど、毛穴の開きが気になる部分に保冷剤を当てて冷やしましょう。1ヶ所につき数秒程度で別の部分に移動するのが良いです。肌が十分に冷えたらクリームやオイルなど、いつものケアをしてください。パックリ毛穴を引き締めることができます。

ホットパックに

保冷剤は冷蔵庫で冷やすだけでなく、40~45℃程度のお湯で湯せんしてみましょう。じんわりと温かいホットパックになりますよ。手ぬぐいやガーゼに包んで目や肩の上に置くと疲れが和らぐでしょう。また、カイロの代用品としてもおすすめです。
温める際は電子レンジでは加熱しないでください。保冷剤が破裂する危険があります。

保冷剤って何ごみ?

保冷剤の中身が一体なにかわからず、何ゴミか迷った方も多いのではないでしょうか。保冷剤を捨ている際は「可燃ごみ」として捨てることができます。ごみ箱ではなく、水道やトイレに流してしまうとトイレや水道の水を吸収して、詰まる原因となってしまいます。保冷剤を捨てる際は可燃ごみとしてそのまま捨ててください。

保冷剤

保冷剤には保冷効果を活かした活用以外にさまざまな活躍の場がありましたね。これからは保冷剤をもらっても困ることはありません。まずは冷蔵庫に眠っている保冷剤を有効活用してみてください。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

どこに行ってどうなるの?環境に優しい『リサイクルされた資源のその後のお話』

どこに行ってどうなるの?環境に優しい『リサイクルされた資源のその後のお話』

モノは長く大切に。捨てないで『子ども服のリメイクアイディア』

  モノは長く大切に。捨てないで『子ども服のリメイクアイディア』

片づけとは面倒臭いもの『整理整頓どこから手を付ける?』

片づけとは面倒臭いもの『整理整頓どこから手を付ける?』

コメント

人気の記事

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

2021.07.12

夏バテ解消に、お酢で元気に!『むね肉の揚げない南蛮漬け』

2021.07.06

夏のエナジードリンクに『自家製 赤紫蘇シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

2021.07.15

栄養たっぷり!ラム肉を手軽に味わう常備菜『ラム肉の甘辛炒め』

2021.07.13

さっぱとクリーミィなソースに♪『味噌とヨーグルトのタラコパスタ』

2021.07.10

料理にあわせて切り方を変えよう!栄養満点ピーマンをもっとおいしく!

2021.07.10

発酵食品で免疫力UP!第8弾『ズッキーニのオーブン焼き』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』