得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.07.05

花の見せ方は無限大!花器や身近にあるものを利用して花を飾ろう

LINEで送る
Pocket

大きい花器、小さい花器、縦長の花器、丸い花器など、花器の種類は数えられないほど。種類はたくさんあるけど花器が家にない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、花を生けるのは花器ではなくても良いのです。家にあるもので花のある暮らしを楽しんでみましょう。

花の特徴を活かして選ぶ花器の「形」

丸型

まるで手まりのようなコロンとした可愛らしい丸い花瓶には一輪挿しがピッタリです。、花瓶の長さと花瓶から出ている花の長さの比率が、1:1.5だとバランスが取りやすいといわれています。一輪挿しはシンプルな飾り方なのでこのバランスを意識してみてください。

縦長型

丈の長いお花には縦長の花器がピッタリです。すらりとした茎を強調し、ラインが美しく見えます。
チューリップやひまわりなどを生けると、可愛らしさと品の良さが引き立ちます。

縦長型

広口で寸胴型

ふんわりとした丸みのある花は、ぼてっとして口が広い寸胴な形をした花器が合います。花を斜めに傾け、花器の淵に花を乗せながら生けると風情があります。

花器の「色合い」で決まる印象

寒色系

ブルーやグレーの花器ははクールでスタイリッシュな印象に。同系色の花を生けるとより大人っぽく上品な空間が生まれるでしょう。

暖色系

温かみのある暖色系の花器があると空間全体がパッと華やぎます。花器に合わせてた同系色の花を生けると見ているだけで元気になれるのではないでしょうか。

透明・白

透明または白はどんな花とも合うオールラウンダーな花器です。初めて花器を購入する方は透明か白を選ぶと良いでしょう。派手な色にも落ち着いた色にも、また豪華な花にも可憐な花にも合います。

透明・白

身近にあるものを花器に

花は花器ではなく、家庭にあるものでも代用できます。身近にあるものにサラリと生けてみたら意外とおしゃれ!ということもあります。花器の購入の前に、まずは家にあるものを使って生けてみてはいかがでしょうか。

バスケット

バスケットに生けると自然と空間に溶け込みます。プラスチックの容器にオアシス(花の吸水スポンジ)を詰めてそこに生けるようにしましょう。

コップ

可愛いマグカップやコップを活かしてみませんか?テーブルフラワーとしてもちょうど良いですよ。ガラスや陶器、ホーローなど素材の違いよる雰囲気を楽しんでみてください。

缶に生けるとシックな印象になります。紅茶の空き缶はほとんどが英文字表記なのでアンティークな演出ができますよ。

メイソンジャー

メイソンジャーはナチュラルなアレンジにぴったりです。茎を多方向から挿して、お互いの茎を支えあうような形に仕上げるのがポイントです。
また、穴の開いたメイソンジャーのフタは花留めとして上手に利用するのも手です。

ビン

ドレッシングやお酒、ジャムなどのビンは様々な色や形があるので生け方や表現の幅も無限大です。
あえてラベルを残してコーディネートしたり、リボンやレース、マスキングテープを加えると可愛らしく仕上がります。
ビンの口に針金や紐を引っ掛けて、花器を壁に吊るすのも良いでしょう。ただ、落ちたら危険なので、落ちないように十分に気を付けてくださいね。

お皿

折れたお花は水を張ったお皿に浮かべて楽しんでみてはいかがですか?プレートやガラスの食器に浮かべると優雅な雰囲気に、和食器に浮かべるとモダンな雰囲気に。花だけでなく、花びらを浮かべるものおすすめです。儚さを表現することができそうですね。

お皿

生ける花器や色合いによって花はさまざまな印象に変わります。家に花器がなくても、食器や捨てる予定だったビン・缶を利用するとまた違った表情になり、いろんな楽しみ方ができそう。ぜひ試してみてくださいね。

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

これからの季節におすすめ!『涼しげなハーバリウムの作り方』これからの季節におすすめ!『涼しげなハーバリウムの作り方』

暮らしに寄り添う『信楽焼』から感じる土の温もり

暮らしに寄り添う『信楽焼』から感じる土の温もり

暮らしの空間をやすらぎのひと時に『独特の表情を魅せる 安土草多のガラス道具』

暮らしの空間をやすらぎのひと時に『独特の表情を魅せる 安土草多のガラス道具』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』