作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

LINEで送る
Pocket

7月7日は七夕ですね。短冊に願い事を書いてお家に飾っているお子様も多いのではないでしょうか。
七夕は五節句※ の一つ「七夕の節句」で、「星祭り」とも呼ばれています。一年の内でも重要な年中行事として、昔から受け継がれてきました。
さて皆さん、そんな七夕の日に食べる「七夕料理」が何か、ご存知でしょうか?

七夕料理ってなに?

七夕料理とは、ずばり「そうめん」の事です。

ではなぜそうめんを食べるようになったのでしょうか。
七夕は、奈良時代に中国から日本へと伝わりました。
当時中国では、「7月7日に索餅(さくべい)を食べると1年間無病息災で過ごせる」という言い伝えがあり、七夕の日には欠かさず索餅が食べられていました。(索餅とは、小麦粉に水や塩を加えて練り、網のようにねじって編んだ乾燥食品で、茹でて食べたとされています。)

日本でも昔は七夕にこの索餅が食べられていました。索餅は他の言い方で「索麺」とも呼ばれ、中国から麺を手延べする方法が伝わってくると、次第に「索麺」が「素麺」に変化していったとされています。
平安時代の書物にも「七夕にそうめんを食べると大病にかからない」と書かれており、古くから宮中では七夕にそうめんが食べられていました。次第に庶民の間にもその風習が伝わっていったとされています。

七夕にそうめんを食べる意味、お分かり頂けましたでしょうか?家族が1年間元気に過ごせますように、という願いが込められていたのですね。大昔から家族を想う人々の願いは変わらない、という事に心が温かくなります。

今回ご紹介する七夕そうめんは、エビマヨをトッピングして、麺つゆもエスニック風に仕上げました。
きゅうりを天の川に見立てて、盛り付けにも工夫をしています。
皆さんも家族の健康を願って、七夕の食卓を演出してみて下さいね。

※五節句・・人日の節句(1月7日)、上巳の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕の節句(7月7日)、重陽の節句(9月9日)

『エビマヨのエスニック天の川そうめん』材料(2~3人前)

そうめん

2束

2個

きゅうり

1/2本

ミニトマト

4個

ボイルエビ

120g

★マヨネーズ

大さじ1

★ケチャップ

大さじ1

★レモン汁

大さじ1/2

スライスチーズ

1~2枚

つゆ(1人分)

ストレートつゆ

100ml

ナンプラー

大さじ1/2

レモン汁

大さじ1/2

パクチー

適量

スライスレモン

1枚

『エビマヨのエスニック天の川そうめん』作り方

1. そうめんはたっぷりのお湯で2分程茹で、水洗いしてぬめりをとり、氷水で冷やしておく。

2. 卵2個を溶いて薄焼き玉子を作る。三つ折りに畳み、細切りにして錦糸卵を作る。

3. きゅうりはピーラーで長く剥く。ミニトマトは半分にカットする。

4. エビマヨを作る。ボールにボイルエビを入れ、★印の調味料を入れて混ぜ合わせる。

5. お皿に水切りしたそうめんを4つにまとめ並べる。上段と下段で少し横にずらして並べる。

6. きゅうりをねじりながら並べ、天の川に見立てる。そうめんの周りに錦糸卵を散りばめる。



7. エビマヨをそうめんの上に飾る。

8. ミニトマトをきゅうりの側にランダムに並べる。

9. スライスチーズを星型でくり抜き、所々に飾る。

10. 麺つゆは好みでエスニック風に仕上げる。ストレートつゆ100ml、ナンプラー大さじ1/2、レモン汁大さじ1/2を混ぜ合わせ、刻んだパクチー、スライスレモンを浮かべて完成。

『エビマヨのエスニック天の川そうめん』ポイント

・きゅうりはそのまま置くよりも、ねじって置くことによって立体感が生まれ華やかさが増します。

レシピ/ akari
1プロフィール
4歳、1歳 兄妹の母。フードスタイリスト、食育メニュープランナー。野菜をたくさん取り入れること、旬のものを食べて四季を楽しむこと をモットーに毎日料理しています。instagramには、家族の為に作った日々の御飯を投稿しています。
instagram

その他のおすすめ記事

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

パクチー好き必見!『万能パクチーダレ』と炊飯器で作る『海南鶏飯』

パクチー好き必見!『万能パクチーダレ』と炊飯器で作る『海南鶏飯』

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

漬ける時間0分!100回揉むだけで簡単に作れる『夏野菜の即席漬け』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』