得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.07.07

織姫と彦星だけじゃない?『七夕のお話』

LINEで送る
Pocket

七夕といえば、年に一度7月7日に織姫と彦星が天の川を渡って巡り合える日として有名ですね。他にも短冊に願い事を書いたりしますが、七夕の起源は織姫と彦星の星物語だけではないのです。

年に一度だけ会うことを許された織姫と彦星

織姫は機織りの名手で、彦星は牛使いです。彼らは天の川を挟んで暮らしていました。織姫の父は織姫の結婚相手を探しており、彦星を引き合わせ、めでたく夫婦になったのです。夫婦になってからの2人は働かずに仲睦まじくするばかり。これに怒った織姫の父は天の川を隔てて2人を離れ離れにしました。悲しみに明け暮れる2人を見て、7月7日の七夕の夜に限って会うことを許され、年に一度の逢瀬をするようになったというお話です。

これは定番の七夕の星物語ですね。では、他の起源はなんでしょうか。

日本の神事「棚機(たなばた)」

日本では機(はた)で織った布を祖霊や神に捧げたり、税として収めたりしていました。選ばれた乙女は水辺の機屋にこもって神さまのために機を織ります。このときに使われたのが「棚機(たなばた)」という織り機です。7月7日の夜に行っており、七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったといわれています。

棚機

奈良時代に中国から伝来した「乞巧奠(きこうでん)」

「乞巧奠(きこうでん)」は7月7日は機織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれた中国の行事です。やがて機織りだけでなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。
「乞巧奠」が奈良時代の遣唐使によって日本に伝わると、宮中行事として取り入れられるようになりました。宮中の人々は野菜や果物などを供えて梶(かじ)の葉に和歌をしたためて詩歌や習いごとの上達を願いました。

機織りや中国からの伝来も七夕の起源に関係していたのです。梶の葉にしたためていた願い事は現在は短冊に変わりました。

梶の葉の代わり短冊に願いを込める

七夕は織った布を祖霊や神に捧げたり、機織りや裁縫の上達の祈願から、5色の短冊にいろいろな願い事を書いて笹竹につるし、星に祈る行事へと変わっていきました。中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の5色の短冊を用います。陰陽五行とは古代中国の「木、火、土、金、水」の5つの要素が、この世のものすべての根源である」という説で、それぞれの色が5つの要素を表しています。

短冊以外の七夕飾りにも意味がある

笹や竹には5色の短冊以外にもさまざまな飾りつけをします。その一つひとつには実は意味があるのです。

吹き流し:織姫の織り糸を表す。五色を用いて魔除けを意味する。
網飾り:魚を捕る網を表す。豊年豊作大漁の願いが込められている。
折鶴(千羽鶴):長寿のシンボルである鶴で長寿を願う。
神衣(かみこ):裁縫が上達し、着るものに困らないように紙の人形(着物)を飾る。また、災いを人形に移すという意味もある。
財布(巾着):金運上昇を願う。
くずかご:ものを粗末にしないという意味。七夕飾りを作る時に出た紙くずを、折り紙のかごに入れてつるす。

七夕飾り

笹や竹に七夕飾りをする意味

笹や竹には昔から不思議な力があるといわれています。神聖な植物で、そこに神を宿すことができるのだとか。七夕を楽しんだ後は、海や川に飾りごと流すことで、けがれを持っていってもらうという意味があります。

笹

七夕の行事食

七夕の行事食は「そうめん」です。実は、1000年以上前から行事食として親しまれていました。
星型のオクラや天の川や織り糸に見立ててアレンジしてみてはいかがでしょうか。

七夕にはいろいろな説がありますが、機織りから始まり、短冊に願いを込める行事になりました。7月7日は夜空を眺めながらそうめんを食べて夏の夜に想いを馳せてみてはいかがでしょうか。

ライター/影山奈々恵

%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%88

管理栄養士×フォトグラファー×ライターとして幅広く活動。
ポートレートや料理をはじめ、イベント、ウェディングなど様々なジャンルの撮影では、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ

その他のおすすめ記事

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

まだまだ間に合う!『七夕飾り』で初夏の気分を盛り上げよう

まだまだ間に合う!『七夕飾り』で初夏の気分を盛り上げよう

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.07.14

~初夏の仕込みもの~旬の『そら豆で自家製豆板醤』を作ってみよう

2018.07.03

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2018.07.02

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『04 グラノーラ』

2018.06.29

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

2018.06.28

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

2018.06.25

早めに考えよう!小学生の夏休み『有意義な過ごし方5つのコツ』

2018.06.19

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2018.06.11

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 01 運動会』

2018.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2018.06.05

爽やか、お洒落な前菜『真ダコと夏野菜のジュレスープ』

編集部おすすめ記事

2018.07.09

100年後を想像して、溝の口らしい街つくりに取り組む会社 株式会社NENGOの『PORTER’S PAINTS』とは

2018.07.03

下準備と手入れがポイント!長く楽しむための『花の生け方』

2018.07.02

清掃活動を通じて街を面白く『グリーンバード溝の口チームが作る、新しい地域コミュニティの形』

2018.07.01

【ケノコトInstagram企画】7月の「日常のコト」を『#文月のコト』で投稿しよう

2018.07.01

夢中になるおいしさ『あさりの白ワイン蒸し』

2018.06.30

簡単!おしゃれ!!夏のおやつに『フルーツポンチ』

2018.06.29

里山からのお便り『合鴨のお米づくり』その3〜田植えをしました〜

2018.06.26

身体ケアや食材の下処理に!『米のとぎ汁』の活用術

2018.06.23

お好みの薬味を添えて『いろいろ薬味のせ なすの生姜醤油和え』

2018.06.15

自分らしい暮らしに出会う『コンセプトで選ぶ新しいシェアハウスの形』

月間人気記事

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.19

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「なす」の常備菜』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2016.12.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「トマト」の常備菜その1』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2017.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「じゃがいも」の常備菜』

2016.08.21

この夏のBBQの定番間違いなし!『仕込みスペアリブで絶品BBQごちそう』