得するコト得するコト
美容 2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

家族のだれよりも早く起きて、子どもが起きるまでの限られた時間でササッといつものメイク。「とくに不満はないけれど、いつも同じで気分が上がらない…」というママ。たまにはメイクを変えて、気分も変えてみてはいかがでしょうか? 
でも難しい方法だと、時間に追われるママにとっては何度も練習するほどの時間はありません。そこで今回は、テクニック不要! いつものメイクアイテムを変えたり、ひとつ足すだけの『ちょい足しメイク』をご提案。
それだけで背筋がいつもよりピンと伸びたり、少し高めのヒール靴を履きたくなったり。まわりからも、「あれ、いつもとちょっと違う…」と言われてしまうかもしれませんよ。

『ちょい足しメイク』アイライン

アイラインをひいている方は、色を変えてみるだけでも雰囲気が変わります。ブラックやブラウンをお使いの方が多いかと思いますが、ぜひネイビーのアイライナーをポーチに1本加えてみてください。ブラックに近い色味なので普段のメイクに取り入れやすく、いつものアイラインの色を変えるだけで涼しげな印象に。これからの季節にピッタリです。

『ちょい足しメイク』アイシャドウベース

アイシャドウの「つき」「もち」をアップさせてくれるのが、アイシャドウベース。汗をかきやすいこれからの季節は特にオススメです。クリアタイプやベージュカラーも重宝しますが、『ちょい足し』におすすめしたいのは、パールが配合されたタイプのもの。
使い方はいたって簡単。まぶた全体にのばしてから、普段どおりにアイシャドウを重ねるだけで、アイシャドウがよりはっきりと発色し、くすみがちな目もとに自然な輝きをプラスすることができます。

また、アイシャドウベースを使うことでアイメイクがよれにくくなるというメリットもあります。メイクはしたいけど、子どもとの時間の中でメイク直しの時間をいつ取れるか分からないというママたちにはうれしいですね。
さらにこちらのアイテムは、少量を指にとり眉間や目の下に逆三角形にのばせば、ハイライトとしても使うことができます。このあと取り上げるシェーディングと併用すれば、流行中の「コントゥアリングメイク」を手軽に取り入れることができますよ。

『ちょい足しメイク』シェーディング

ハイライトやシェーディングを用いることで顔に立体感を演出する「コントゥアリングメイク」も、ポイントを押さえれば難しいテクニックはいりません。自分の顔を正面から見て、奥行きのある部分(眉頭から鼻筋の間のラインや、フェイスラインなど)にさっとひと刷けしてみてください。色を楽しむこともメイクの大きな楽しみのひとつですが、いつものメイクに「光と影」をプラスするだけでもより表情が際立って、印象が変わるはず。
ノンパールのブラウンやベージュのアイシャドウをお持ちの方は、専用のアイテムを購入する前にそちらでお試しになってみてもいいと思います。

『ちょい足しメイク』毛穴用下地

最後はこの時期ならではの『ちょい足し』。朝のベースメイクの際、ぜひ1点足してみていただきたいアイテムが、毛穴用の化粧下地です。いつものファンデーションの前に、小鼻まわりを中心に、トントンと毛穴を埋めるように使います。とくに今の時期気になる皮脂や汗による化粧くずれも、涼しい顔で解決できますよ。

「気が付いたら何時間も鏡を見ていなかった!」というママあるあるの強い味方になってくれる『ちょい足しメイク』。いつものメイクアイテムを変えると、きっと気分も変わります。ぜひ、ピンときたアイテムからさっそく取り入れてみてくださいね。

文/時短美容家 大倉純子
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

そろそろ準備OK?時間がなくてもしっかり『紫外線対策』

そろそろ準備OK?時間がなくてもしっかり『紫外線対策』

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

コメント

人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』