得するコト得するコト
美容 2018.07.13

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

家族のだれよりも早く起きて、子どもが起きるまでの限られた時間でササッといつものメイク。「とくに不満はないけれど、いつも同じで気分が上がらない…」というママ。たまにはメイクを変えて、気分も変えてみてはいかがでしょうか? 
でも難しい方法だと、時間に追われるママにとっては何度も練習するほどの時間はありません。そこで今回は、テクニック不要! いつものメイクアイテムを変えたり、ひとつ足すだけの『ちょい足しメイク』をご提案。
それだけで背筋がいつもよりピンと伸びたり、少し高めのヒール靴を履きたくなったり。まわりからも、「あれ、いつもとちょっと違う…」と言われてしまうかもしれませんよ。

『ちょい足しメイク』アイライン

アイラインをひいている方は、色を変えてみるだけでも雰囲気が変わります。ブラックやブラウンをお使いの方が多いかと思いますが、ぜひネイビーのアイライナーをポーチに1本加えてみてください。ブラックに近い色味なので普段のメイクに取り入れやすく、いつものアイラインの色を変えるだけで涼しげな印象に。これからの季節にピッタリです。

『ちょい足しメイク』アイシャドウベース

アイシャドウの「つき」「もち」をアップさせてくれるのが、アイシャドウベース。汗をかきやすいこれからの季節は特にオススメです。クリアタイプやベージュカラーも重宝しますが、『ちょい足し』におすすめしたいのは、パールが配合されたタイプのもの。
使い方はいたって簡単。まぶた全体にのばしてから、普段どおりにアイシャドウを重ねるだけで、アイシャドウがよりはっきりと発色し、くすみがちな目もとに自然な輝きをプラスすることができます。

また、アイシャドウベースを使うことでアイメイクがよれにくくなるというメリットもあります。メイクはしたいけど、子どもとの時間の中でメイク直しの時間をいつ取れるか分からないというママたちにはうれしいですね。
さらにこちらのアイテムは、少量を指にとり眉間や目の下に逆三角形にのばせば、ハイライトとしても使うことができます。このあと取り上げるシェーディングと併用すれば、流行中の「コントゥアリングメイク」を手軽に取り入れることができますよ。

『ちょい足しメイク』シェーディング

ハイライトやシェーディングを用いることで顔に立体感を演出する「コントゥアリングメイク」も、ポイントを押さえれば難しいテクニックはいりません。自分の顔を正面から見て、奥行きのある部分(眉頭から鼻筋の間のラインや、フェイスラインなど)にさっとひと刷けしてみてください。色を楽しむこともメイクの大きな楽しみのひとつですが、いつものメイクに「光と影」をプラスするだけでもより表情が際立って、印象が変わるはず。
ノンパールのブラウンやベージュのアイシャドウをお持ちの方は、専用のアイテムを購入する前にそちらでお試しになってみてもいいと思います。

『ちょい足しメイク』毛穴用下地

最後はこの時期ならではの『ちょい足し』。朝のベースメイクの際、ぜひ1点足してみていただきたいアイテムが、毛穴用の化粧下地です。いつものファンデーションの前に、小鼻まわりを中心に、トントンと毛穴を埋めるように使います。とくに今の時期気になる皮脂や汗による化粧くずれも、涼しい顔で解決できますよ。

「気が付いたら何時間も鏡を見ていなかった!」というママあるあるの強い味方になってくれる『ちょい足しメイク』。いつものメイクアイテムを変えると、きっと気分も変わります。ぜひ、ピンときたアイテムからさっそく取り入れてみてくださいね。

文/時短美容家 大倉純子
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

子どもと遊びつくしても『涼しげ美人』この夏はナチュラルメイクを崩さない

そろそろ準備OK?時間がなくてもしっかり『紫外線対策』

そろそろ準備OK?時間がなくてもしっかり『紫外線対策』

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

あなたはどっち?ママ時間の使い方『朝活派vs夜活派』

コメント

人気の記事

2020.04.08

美味しく食べてお肌ぷるぷるに『キクラゲの中華サラダ』

2020.04.03

女性に嬉しい効果も『小豆をつかった作り置きおかず』

2020.04.02

タルタルは手作りがおいしいね『鶏肉ソテーと自家製ピクルスのタルタルソースがけ』

2020.04.01

昔ながらの安心おやつを手づくり『きなこあめ』

2020.04.01

『信州の発酵食』からみえる丁寧な暮らし方のヒント

2020.03.30

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』25. 栄養バランスのよいお弁当を春のお供に。

2020.03.29

春の旬野菜『春キャベツで女性ホルモンをアップ』

2020.03.26

旬のあさりで貧血予防『あさりとあさつきの甘酒酢味噌和え』

2020.03.23

ドイツに学ぶ『メディカルハーブのある暮らし』

2020.03.20

うまみ丸ごといただきます『だしがらのふりかけ』

編集部おすすめ記事

2020.04.08

鶏の唐揚げそっくり!大豆たんぱくで作る『ベジチキン唐揚げ』

2020.04.08

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2020.04.02

これからの暑い時期を乗り越えるために摂りたい野菜『アスパラガスの秘密ゴト』

2020.03.30

一雨ごとに春めいて来る?菜種梅雨のこと

2020.03.29

今が勝負どき すぐにでもはじめたい『春の紫外線対策』

2020.03.27

だしとお醤油だけで作る、中華調味料不使用の『和風麻婆豆腐』

2020.03.26

調味料としてもおすすめ!実は栄養たっぷり『知って得するコーンビーフの成分と保存方法』

2020.03.25

作り置き常備菜シリーズ『菜の花の和風ペペロン』からつくる『菜の花ジェノベーゼ』

2020.03.23

おしゃれなつけ合わせ『にんじんのオイルグラッセ』

2020.03.20

保存食のある暮らし~旬のいちごを楽しむ最高の組合せ!!『いちごバター』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.12.20

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「にんじん」の常備菜』

2018.03.25

暮らしに一手間『自家製中濃ソース』

2019.12.22

家で作る本格中華「海老と帆立のチリソース」