知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2018.07.20

知っているのといないのとでは大違い!『洗濯物を干す一番良い時間帯』

LINEで送る
Pocket

洗濯物を屋外で干す場合、干す時間帯によって乾き具合が大きく違ってきます。もちろん、その日の天候の状態も大きく関わってきますが、やはりしっかりと乾かしたい場合は、ベストといえる時間帯に干しておくのが一番です。

洗濯物を干す時間帯のベストとは

洗濯物を干す時間帯のベストは、厳密には季節をはじめその日の日差し、気温、湿度の状態によって変わってきますが、晴天で、午前9時~午後3時がベストな時間帯です。ちなみに冬場は、午前8時~午後2時半と若干前倒しの時間帯になります。

長く干せば干すほどよく乾くというわけではありませんし、早めに干せば、その分早く乾くというわけでもありません。
日差しが強い、気温が高い、風が強いなどの条件がそろったときが、洗濯物は最もよく乾きます。冬よりも夏の方が乾きやすいのはこのためです。特に夏場は、3時間程度で乾いてしまうこともよくあります。
午後3時以降の時間帯は、日差しも弱くなり、湿度も上がってくるので、長く干せば干すほど、洗濯物が湿っぽくなりやすいです。

ベストな時間帯に洗濯物を干せない場合はどうする?

では、仕事や外出する予定があるなど、様々な事情によりベストな時間帯に洗濯物を干せない場合、あるいは干せても取り込むのが大幅に遅くなってしまう場合は、いったいどうすればよいのでしょうか?

そのような場合は、洗濯物を取り込んだ後に洗濯物の乾き具合をチェックし、まだ乾きが不十分である場合のみ、しっかりと乾かすようにすれば大丈夫です。(ベストな時間帯に干せなかったり、取り込むのが遅くなったりした場合でも、絶対に乾かないというわけではありませんし、乾いている場合ももちろん起こり得ますよ。)

通常は取り込んだ後、部屋に干しておけば、2~3時間あれば十分に乾きます。もっとスピーディかつしっかりと乾かしい場合は、以下のような方法が効果的です。

1.扇風機を当てる

扇風機を当てて湿気を飛ばすことでよく乾きます。洗濯物の量がそれほど多くない場合は、ドライヤーを当てて乾かすという方法も一案です。

2.アイロンをかける

アイロンから出る高温の熱が、湿気を飛ばすことができます。シワも伸ばせますし、殺菌効果もあるので生乾きの臭いも防げますよ。ただし、素材によってはアイロンがけがNGの場合もあるので、その点は事前にご確認願います。

3.エアコンを活用する

エアコンのある部屋に取り込んだ洗濯物を干し、あとは冷房、暖房、除湿モードのいずれかを選択して稼働させれば、よりスピーディに乾かすことが可能です。浴室暖房乾燥機がある場合は、浴室に干して乾かすという方法も一案です。

布団干しは洗濯物とは別時間がベスト!

無駄な労力を省くためには、やはり洗濯物はベストな時間帯に干しておくのが一番ですよね。ちなみに、お布団を干す時間帯は洗濯物を干す時間帯と若干異なります。夏は午前9時から11時、冬は正午前後がベストな時間帯です。ただ、前日が雨の日の場合は、晴天であっても布団干しには適さないのでご注意願います。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策』

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策』

油汚れも焦げ付きもスッキリ!『超簡単なガスコンロの掃除方法』

油汚れも焦げ付きもスッキリ!『超簡単なガスコンロの掃除方法』

知っておきたいコツがある『正しい掃除機のかけ方』

知っておきたいコツがある『正しい掃除機のかけ方』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』