知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.07.29

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

LINEで送る
Pocket

私は町の小児科の「発達・育児相談室」の心理士です。私のもとに来る人たちのほとんどは、「わはは!」とおおらかに、温かく子どもと親御さんたちを包み込む院長先生に「三浦先生に話を聞いてもらったら?」とすすめられてくる子どもやお母さんたちです。
これからシリーズで「発達・育児相談室」とはどういう所なのか、どんな悩みが寄せられるのか、そしてどんなことで多くの人が困っているのかなどについて、みなさんにご紹介していきたいと思います。

それぞれみんながんばりすぎている!

私が相談室にいて一番思うことは「うぅ…そんなに頑張っていたら辛いよね」ということ。私の所に来る多くの人が、それぞれの立場で、それぞれのやり方で自分の居場所をさがし、そこで適応しようとがんばっています。学校、職場、家庭、ママ友コミュニティなど… アンテナをビシバシ立てて、自分の在り方をその場所に合わせようとがんばるあまり、心は酷く疲れてしまっているように思います。
特に「育児」という大仕事の最中のママたちは、子どもを介していろいろなコミュニティを持つこともあり、本当にへとへと。しかも、ほとんどのママがあんまり褒められない…。「ママ、よく頑張っているね!」と肩を叩くと、多くのママがホロホロと涙を流してしまうのです。

A君のママのおはなし

年中の男の子を持つママのお話です。A君のママはA君が幼稚園に入ってから、他の子との違いが目につき始め、とっても悩んでいました。誰にも相談できず、なんとかA君をみんなについていかせようと必死になっていました。A君のパパは「お前が甘やかせるからだ」と責めるばかり…。そんな時に予防注射で小児科に来て、相談室の存在を知りました。そして不思議なことが次々と起こったのです。
「うちの子、まだおむつが取れないんです…」と泣きながら言うママとよーく話をして、ママは笑顔で相談室を出ると、なんとその3日後にA君のおむつが取れたのです。その2か月後「先生、うちの子、言葉が本当に出なくて…」と心配そうに言うママとよーく話をして、またママは笑顔で相談室を出ると、なんとその2週間後の相談で「先生!びっくりするほど話し出したんです!」とのこと。その後も、同じようなことがちらほら。一体どういうことなのでしょうか?

「話す」「見直す」「自信をもつ!」

A君の変化は、確実にママの変化に呼応するように起きています。
私に心配事を話して今ある状況を見つめなおし、少しアドバイスをもらう。そして、こうやって子どもを心配し、前へ進もうと努力しようとしているママはもう十分素敵なママで、がんばりすぎなくていい!更に何より、子どもの発達はそれぞれで、A君はゆっくり、でも確実に発達しているよね…と伝えると、相談の最後には笑顔になり、A君のもとに帰っていく。そのことがA君に良い影響を与えるのでしょう。  
誰かに心配事を話せること、そして状況を見直し、ママ自身が自信をもって笑顔で日々を過ごすことがどれだけ大切かということを、この事例は教えてくれます。
まさに「発達は環境と共にあり!」です。子どもを発達に導くのは、一番は習い事でもトレーニングでもなく、子どもを取り囲む人々の笑顔と心の余裕なのかもしれません。

コメント欄あけます!

「そうは言っても、相談室なんて近くにないし…」。その通りです。そこで、コメント欄をオープンにしてみることにしました。全てのご感想や質問にお答えすることは難しいですが、多くの人が共感できそうな内容をピックアップしてお答えしていきます。
お仕事の休憩の合間に、子どもの習い事の送り迎えの間に、子どもが寝静まった自分だけの時間に…ちらっと読んだこの記事が、みなさんの心をフッと軽くできたらと願っています。

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

発達障害ってなぁに?シリーズ その3『困った行動をこんな風にみてみよう!家庭編』

発達障害ってなぁに?シリーズ その3『困った行動をこんな風にみてみよう!家庭編』

発達障害ってなぁに?シリーズ その4『うちの子、発達障害?!と思ったら』

発達障害ってなぁに?シリーズ その4『うちの子、発達障害?!と思ったら』

発達障害ってなぁに?シリーズ最終回『発達障害を理解することは「人」を理解すること』

発達障害ってなぁに?シリーズ最終回『発達障害を理解することは「人」を理解すること』 width=

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』