得するコト得するコト
まめ知識 2018.08.09

どんな種類を使ってますか?『フライパン』の特性を知って料理を楽しもう

普段家庭ではどのような材質のフライパンを使っていますか?フライパンによって特性の違いやおすすめの使い方があります。賢くフライパンを使っておいしい料理を作りましょう。

鉄フライパン

「焼く」「炒める」などの料理を高温でおいしく調理できるのが鉄フライパンの魅力の一つです。熱伝導率が高いので火が伝わりやすく、焼き目をつけることができます。
鉄フライパンは「育ていくフライパン」といわれており、「重い」や「扱いにくい」という面もありますが、使えば使うほど油が馴染んで焦げ付きにくくなります。また、洗剤で洗う必要がないので後片付けが楽ですよ。
焦げが付いた場合は、焦げが隠れるくらい水を加えて煮立たせ、焦げがふやけてきたところをスチールたわしで落とすと良いでしょう。あまり汚れがついていないようでしたらサッと洗ってキッチンペーパーやティッシュで拭き取る程度で大丈夫です。長時間使わないときは薄く油を敷くと錆び予防になります。

鉄フライパン

ステンレスフライパン

丈夫で錆びにくいのが特徴です。また、加熱調理すると冷めにくいので余熱での調理におすすめです。汚れが落ちやすいので後片付けが簡単なのも良いところ。ただし、焦げ付きやすく食材が引っ付きやすいので注意が必要です。引っ付かないようにするためにはフライパンに油を垂らし火にかけ、十分に馴染んでから調理すると良いでしょう。強火での加熱よりは少し火を弱めての調理がおすすめです。火加減のコツさえつかめば非常に使いやすいフライパンですよ。

アルミフライパン

熱伝導率が高く、軽いのが特徴です、イタリアン料理店で見かけることが多いのがこのアルミフライパンです。パスタを調理するのに最適なフライパンなのですよ。軽いので女性でも煽りやすいでしょう。パスタ以外にもソースやアルコールを飛ばすのにも適しています。
高温での調理には向いていない他、強い酸やアルカリに弱いので注意しましょう。

アルミフライパン

フライパンには材質の他に表面加工も関係してきます。加工は様々なトラブルを防ぐために施されています。有名なのは「テフロン加工」も表面加工のうちの一つです。テフロン加工の他にも表面加工には種類があります。

テフロン加工

最も一般的なフライパンの表面加工が「テフロン加工」です。「フッ素加工」という呼び方をする場合もあります。フッ素でフライパンの表面をコーティングすることでフライパンの滑りがよくなり、食材が引っ付きにくくなります。また、汚れも簡単に洗い流すことができます。
熱と摩擦に弱いので、空焚きは厳禁です。また、金属製のフライ返しの使用は傷つきやすいので控えた方が良いでしょう。

テフロン加工は2~3年ぐらいでコーティングがはがれてきます。焦げ付きやすくなったら買い替え時です。

テフロン加工

セラミック加工

最近注目されているのがセラミック加工のフライパンです。白い加工を施されたセラミック加工のフライパンは美しさがあります。セラミックは非常に硬いので摩擦にも強いのが特徴です。また、耐熱性が高いですが温度上昇は急激なので空焚きにならないように気を付けましょう。
使うときには油を敷くことで引っ付きや焦げ付きを防止する効果があります。

多くのフライパンは油を敷いてから調理が必要です。フライパンの特性を理解した上で料理をすると焦げ付きにくくなったり、長持ちしますよ。

ライター/影山奈々恵

%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%88

管理栄養士×フォトグラファー×ライターとして幅広く活動。
ポートレートや料理をはじめ、イベント、ウェディングなど様々なジャンルの撮影では、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ

その他のおすすめ記事

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル③『計量器具をうまく使って味に迷わない、いつもの美味しいを作ろう』

20代の間に身に付けておきたい一生もののお料理スキル③『計量器具をうまく使って味に迷わない、いつもの美味しいを作ろう』

なんとなくしていませんか「加熱調理」賢く選んで効率よく調理①

なんとなくしていませんか「加熱調理」賢く選んで効率よく調理①

なんとなくしていませんか「加熱調理」賢く選んで効率よく調理②

なんとなくしていませんか「加熱調理」賢く選んで効率よく調理②

コメント

人気の記事

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

2020.11.15

唐揚げに飽きたら…子どももリピート『オーロラチキン』

2020.11.12

【納豆のコト】納豆ができるまで

編集部おすすめ記事

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

2020.11.21

旬野菜でダイエット&アンチエイジング!『冬は大根1本丸ごと食べよう』

2020.11.21

簡単‼︎ねっとり甘い『焼き芋アイス』

2020.11.20

土鍋で作るとお焦げがおいしい『アサリと生姜の炊き込みご飯』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』