得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.08.04

お手入れが楽になる!食材に合わせて『まな板』を使い分けよう

LINEで送る
Pocket

まな板の材質の種類は多くありませんが、それぞれの材質には特徴があります。特徴に合わせた使い方をするとお手入れがしやすくなりますよ。

プラスチック製

プラスチック製のまな板は最も一般的なまな板の材質です。デザインも豊富なため、インテリア感覚で取り入れられるまな板もあります。

メリット

色やデザインの種類が豊富なだけでなく、手頃に購入できるのが嬉しいポイントです。最近では軽量のものも多く、折り畳んで使うことができるまな板もあります。

デメリット

素材は硬いので包丁の刃が傷みやすく、長時間使うと手が疲れてきます。また、食材によって滑りやすいので気を付けてください。

お手入れ方法

肉や魚を切った後はすぐに洗うか濡れた布巾で拭き取りましょう。汚れが強いときは洗剤をつけてゴシゴシ洗うことができます。汚れが強い場合は漂白剤に漬け置きすることも可能です。もしも幅が広くて漬け置きできない場合は漂白剤を滲み込ませたキッチンペーパーを巻いておくと良いでしょう。

お手入れ

木製

木製のまな板は切り心地が良く、トントンと心地良い音が特徴です。

メリット

素材が柔らかいので手が疲れにくいです。包丁の刃が食い込みやすいため、滑らずに食材をしっかりと切ることができます。また、包丁の刃が痛みにくいです。

デメリット

産地や使っている木の材質によって腐りやすいので、購入する際はしっかり調べると良いでしょう。天然や抗菌作用のある材質のものを購入すれば傷まず、長く使えますが少し値段は高めです。

材質による違い

・ホオノキ…油分が多く、包丁の錆び防止になります
・ヒノキ…独特の香りは防虫効果があり、水に強く長持ちします
・イチョウ…乾燥しやすく、抗菌力があるので嫌な臭いがつきにくいです

お手入れ方法

食材を切る前は水で表面を濡らし、水の膜を作ります。そうすることで臭いや色をつきにくくします。使用後は洗ってしっかり水を切り、風通しの良い日陰で乾燥させましょう。きちんと乾燥させないとカビが生えてしまいます。オリーブオイルを塗ると長持ちしますよ。

木製

合成ゴム製

合成ゴムは「エラストマー」という素材からできており、ゴムの弾力があるのでプラスチックほど硬くありません。臭いもあまりつかず、漂白することもできます。プラスチックと木製の中間のような特徴も持ちます。

メリット

毎日使っていてもゴムの弾力で傷が入りにくく、乾きが早いので雑菌も繁殖しにくいです。食材の色移りもしにくく、水洗いだけで比較的汚れが落ちます。

デメリット

熱に弱いため、熱々のものは少し冷ましてから切った方が良いでしょう。また、ゴムの臭いがあります。

お手入れ方法

合成ゴムのまな板は特殊な性質のため、漂白剤で汚れを落とすことができます。また、煮沸消毒も可能です。表面が汚れてきたら専用のやすりで削ると新しくなるので、他の材質のまな板よりも長く使うことができますよ。

合成ゴム製

1枚のまな板だけを使うのも良いですが、食材に合わせて分けて使うのはいかがでしょうか。サッと切るときはプラスチック製、長時間切りものをするときは木製、汚れがつきやすいものは合成ゴム製のように使い分けてみるのもおすすめです。

ライター/影山奈々恵

%e3%82%b1%e3%83%8e%e3%82%b3%e3%83%88

管理栄養士×フォトグラファー×ライターとして幅広く活動。
ポートレートや料理をはじめ、イベント、ウェディングなど様々なジャンルの撮影では、「ありのまま」や「日常」を大切にし、その瞬間を切り撮る。

影山奈々恵Facebookページ

その他のおすすめ記事

いつも使うものだから上手に選びませんか?暮らしを豊かにする『台所の大切な道具』

いつも使うものだから上手に選びませんか?暮らしを豊かにする『台所の大切な道具』

長く使えるものを大切に。暮らしに寄り添う道具屋「山田屋の家庭用品」栗原さん

 

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2018.11.30

お掃除は『新聞紙』にお任せ!おうち掃除に役立つ使い方ご紹介

2018.11.28

【開催レポート】『クリスマスリース・ワークショップ』を開催しました!

2018.11.26

旬食材『牡蠣』ー 海のミルクと言われる栄養豊富な冬の味覚 ー

2018.11.25

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2018.11.23

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2018.11.13

外はサクッ!中はフワぷりっ!『エビタラカツ と たくあんタルタル』

2018.11.12

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 19 整理整頓なんて』

編集部おすすめ記事

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

2018.11.21

どこに置いたらいいの?『調味料のベストな保存場所』

2018.11.20

11月の和菓子 かわいい動物をイメージした『亥の子餅』 

2018.11.14

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

2018.11.13

これだけは抑えておきたい大掃除!『家族の役割分担を決めて効率的に終わらせよう』

2018.11.09

子どもと楽しむクリスマス『英語で歌えたらかっこいいクリスマスソング』

2018.11.08

もう覚えましたか?『新しくなった洗濯表示〜その覚え方のコツとポイント〜』

2018.11.03

ヨーグルトの酸味とブラックペッパーがほどよいアクセントに 『柿と水切りヨーグルトとブラックペッパーのサンドイッチ』

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.11.29

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「大根」の常備菜」

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.08.30

みかんの栄養はビタミンだけじゃない!『知って得するみかんの成分と保存方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』