作るコト作るコト
料理 2015.10.21

秋のフルーツを使ったおかず すり鉢いらずでできる柿の白和え

秋の果物の代表と言えば柿。
そのまま食べるのはもちろんのこと、お料理に使われる場面も多いですよね。
本日は柿の白和えのレシピをご紹介します。白和えはすり鉢を使って作るのが一般的ですが、すり鉢は時間もかかるし、後の洗浄も時間がかかるため億劫になりがちではないでしょうか。今回はすり鉢を遣わずに手軽に作れる白和えを紹介いたします。

材料(4人分)

柿      1個
ほうれん草  1/2束(こまつやや春菊などでも可)
木綿豆腐   1/2丁(水切りしておく)
すりごま   大さじ2
薄口醤油   大さじ1
本みりん   大さじ1
てんさい糖  大さじ1(家にある砂糖でも可)

作り方

1.柿は4等分にくし型に切り、皮をむく。1切れを以下の写真のように3等分にして短冊切りにして、塩少々で塩もみしておく。

kaki_re

2.ほうれん草は茹でて、3cm幅に切り、水気を絞っておく。
3.お豆腐をボウルに入れ、泡だて器でぐるぐる混ぜて滑らかにし、調味料も全て加えてさらに混ぜる。
※時間がある場合はすり鉢でつぶした方が滑らかに仕上がります。
4.柿、ほうれん草を(3)の和え衣で和えて完成。

コツ・ポイント

お豆腐は水をしっかり切ることが最大のポイントです。水の切り方は何でも大丈夫ですが、簡単な方法の一つはお豆腐パックの両サイドを全てカットして、一方の切れ端が下、もう一方が上に来るようにして、そのまま立てかけておくことです。タッパーを受け皿にするとよいですよ。

レシピ/musubi-cafe、むすび食堂 髙野悠里
musubi-cafe、むすび食堂ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.05.05

通年の保存食に『刻みしょうが』

2021.05.05

子どもとおうちインテリア『端午の節句に 卓上こいのぼり』

2021.05.04

袋でモミモミ!カリッと香ばしい『黒糖ときなこのスクエアクッキー』

2021.05.02

いつものおやつもひと工夫!端午の節句に『笹もち』

2021.05.02

ごはんに!野菜に!お豆腐に!おたすけごはん『ニラそぼろ』

2021.04.27

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

2021.04.25

おたすけごはん!初心者でもつくれる『大根と鶏のピリ辛煮』

2021.04.24

野菜がすすむ!『白味噌ヨーグルトのバーニャカウダ風』

2021.04.24

旬を味わう『そら豆とカリカリベーコンのポテトサラダ』

2021.04.23

世界が注目するスーパーフードを毎日手軽に!『クコの実シロップ』

編集部おすすめ記事

2021.05.04

季節の手仕事しませんか?いちごを使ったつくりおきおやつの素

2021.04.30

【七十二侯】第十八侯「牡丹華」

2021.04.28

こどもの日のおやつに『もちもちまんじゅう』

2021.04.26

【まもなく締切!】ケノコトライター・デザイナー・フォトグラファーを募集しています。

2021.04.26

スーパーで買える食材で作る、北京ダック風『鶏肉のテンメンジャン照り焼き』

2021.04.26

なんでも使える!『白味噌ヨーグルトのゴマダレ』

2021.04.25

【七十二侯】第十七侯「霜止出苗」

2021.04.24

旬食材を手軽に!お箸がすすむ『新ごぼうと芽ひじきのサラダ』

2021.04.22

栄養たっぷり!新じゃがを皮ごとおいしく!『ツナ缶と新じゃがの煮物』

2021.04.22

おいしくヘルシー!『白味噌ヨーグルトのタルタルソース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』