作るコト作るコト
料理 2015.10.21

秋のフルーツを使ったおかず すり鉢いらずでできる柿の白和え

秋の果物の代表と言えば柿。
そのまま食べるのはもちろんのこと、お料理に使われる場面も多いですよね。
本日は柿の白和えのレシピをご紹介します。白和えはすり鉢を使って作るのが一般的ですが、すり鉢は時間もかかるし、後の洗浄も時間がかかるため億劫になりがちではないでしょうか。今回はすり鉢を遣わずに手軽に作れる白和えを紹介いたします。

材料(4人分)

柿      1個
ほうれん草  1/2束(こまつやや春菊などでも可)
木綿豆腐   1/2丁(水切りしておく)
すりごま   大さじ2
薄口醤油   大さじ1
本みりん   大さじ1
てんさい糖  大さじ1(家にある砂糖でも可)

作り方

1.柿は4等分にくし型に切り、皮をむく。1切れを以下の写真のように3等分にして短冊切りにして、塩少々で塩もみしておく。

kaki_re

2.ほうれん草は茹でて、3cm幅に切り、水気を絞っておく。
3.お豆腐をボウルに入れ、泡だて器でぐるぐる混ぜて滑らかにし、調味料も全て加えてさらに混ぜる。
※時間がある場合はすり鉢でつぶした方が滑らかに仕上がります。
4.柿、ほうれん草を(3)の和え衣で和えて完成。

コツ・ポイント

お豆腐は水をしっかり切ることが最大のポイントです。水の切り方は何でも大丈夫ですが、簡単な方法の一つはお豆腐パックの両サイドを全てカットして、一方の切れ端が下、もう一方が上に来るようにして、そのまま立てかけておくことです。タッパーを受け皿にするとよいですよ。

レシピ/musubi-cafe、むすび食堂 髙野悠里
musubi-cafe、むすび食堂ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~