得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.01

8月の誕生花『ひまわり』〜葉月の暮らし〜

LINEで送る
Pocket

夏の太陽を思わせる金色の花。お花に詳しくない人でもたいていは夏の花として知っている、ひまわり。大輪の花が夏空を背に咲いている…という光景を思わず思い浮かべますね。でも実は、ひまわりの花は大きな一輪の花ではないのです。

小さな花が集まったのがひまわりの花。実は菊の親戚

ひまわりはキク科の植物です。代表的な品種のひまわりの花の様子は、黄色い花びらがぐるりと周囲に付いていて、真ん中にシベらしきものがたくさん集まっている…という風に見えますが真ん中の茶色い部分も実は花なのだそうです。これはキク科の植物の特徴で花びらがある部分を「舌状花」、内側の花びらがない花を「筒状花」と呼び分ける事もあります。

また、筒状花の一つ一つに「種」が付きますがこれも実は「痩果(そうか)」と呼ばれる果実の一種です。痩果は乾いた果実の事を指し、ひまわりと似た物にはイチゴがあります。
イチゴも種と思われているツブツブが果実(痩果)で、イチゴの果肉と呼ばれているのは花托(かたく)と呼ばれる茎が厚くなった物です。この他、馴染みのある食べ物で痩果の物はソバの実があります。

実は観賞用より食用としての方が多く作られているひまわり

日本ではひまわりは観賞用の植物として育てられる事が多いですね。最近ではひまわりの種をスーパーフードとして食べられる機会も増えましたが、おつまみになる他はリスやハムスターなどのベットの餌のイメージがあるかもしれません。ですが、実は世界全体です見るとひまわりは観賞用より食用の作物として育てられている方がずっと多いのです。

元々ひまわりは北アメリカが原産でネイティブ・アメリカンの人たちが食用にしていた物です。それがヨーロッパに広まり、17世紀頃にロシアに伝わりました。
実はロシアでは広く信仰されているキリスト教の宗派の決まりで、食べ物の内容を制限して潔斎する期間が設けられています。その間、油脂の摂取が大きく制限されるのですが、ひまわりがロシアに伝わったのが比較的遅かったためか禁止された食品のリストに含まれていないのです。このため、潔斎期間でも食べる事ができる脂質としてロシアではさかんにひまわりを栽培するようになりました。

ロシアの現在の国花もひまわりで、いかに愛されているかがわかります。食べ物として大切にされている事もあるのでしょうが、冬の長い国では太陽の化身のような明るい大きな花の美しさはきっと眩しい物に見えたのかもしれませんね。

ひまわりが太陽を追いかけるのは花が咲く前。形から太陽の化身として扱われた花

「ひまわり」という名前の通り、ひまわりは太陽の動きに合わせて向きを変える事で知られています。ただそれは、花が咲く前の育ち始めの株が若い時期で、花が付くと基本的には東を向くのだそうです。

日本ではひまわりを漢字で書く時「向日葵」の文字が当てられます。別の呼び方では「日輪草」や「日回り草」とも呼ばれるのだとか。英語の「サンフラワー」やフランス語の「ソレイユ」もそれぞれ太陽を指す意味を持ちます。やはり形から太陽の化身のように扱われたようで、古代インカ帝国では太陽を祀る神殿のレリーフとして用いられた他、巫女の乙女たちの冠もひまわりモチーフだったそうです。古い時代、自然が作り出した形に太陽そっくりな物があった事に畏敬の念を抱いたのでしょうか。インカ帝国があった現在のペルーでも国花をひまわりにしているそうですよ。

夏が終わる頃、果実が熟したひまわりの季節も終わります。今年は猛暑でひまわりの花が終わる前にゆっくり眺められなかった…という方はソフィア・ローレン主演の「ひまわり」という映画がおすすめです。戦争による悲恋を描いた古いイタリア映画ですが、タイトルにもなっているロシアのひまわり畑の風景が美しくも切ない物語を彩っています。
夏の終わりにしっとりしたストーリーと、古くも美しい名シーンを楽しんでみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

8月の誕生石『ペリドット』〜葉月の暮らし〜

8月の誕生石『ペリドット』〜葉月の暮らし〜

「旬野菜」冬と名のつく夏の野菜『冬瓜』〜葉月の暮らし〜

「旬野菜」冬と名のつく夏の野菜『冬瓜』〜葉月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

起源はいつ?夏の風物詩『盆踊りのコト』

起源はいつ?夏の風物詩『盆踊りのコト』

7月の誕生花『ユリ』~文月の暮らし~

7月の誕生花『ユリ』~文月の暮らし~

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』

2017.04.24

子どもの遊びがさらに広がる『初めてのはさみの「正しい持ち方・使い方」』

2018.08.15

ミツバ、セロリ、パセリ…香辛料としても知られる『セリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』