得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2019.08.26

夏が終わりに近づいたら『次の季節のための夏物のお手入れ』

LINEで送る
Pocket

8月も末になると夏本番はもうお終い。まだ暑い日がしばらく続くとはいえ、夏真っ盛りに活躍したアイテムにはそろそろお手入れをした方がいいアイテムも。来年も気持ちよく使えるように丁寧に片付けてあげましょう。

カビはイヤ!!夏の太陽パワーがあるうちに干してしまいたい物

夏に活躍するアイテムは水や汗など、水分に晒されるアイテムがたくさんあります。そのため、使っている合間に干したつもりでも十分な乾燥が出来ていない事もしばしば。次のシーズンまでクローゼットや物置にしまう前にしっかりと乾かしておかないと、来年必要になって取り出し時にカビにやられてしまっていた…という事も。これらのアイテムは日差しが強い間に干しておいた方が安心です。

しっかり乾燥させてしまいたい物の中でも大物は、水遊びグッズとアウトドアのレジャーで使った物たちです。ビニールプールや浮き輪などのビーチグッズはシーズン終わりに一度、中性洗剤とスポンジを使ってしっかり汚れを落としておくと来年も気持ちよく使えます。
特に空気の入る室と室の間に細かなゴミが入り込んだままだとゴミが原因で穴が空いてしまう事もあるので念入りにチェックしてみましょう。

アウトドアで活躍したテントやタープなどは、出先ではゴミや汚れが取り除けていない事もよくあります。収納前に時間をかけて丁寧にチェックしてみましょう。もし取り切れない汚れがついていたり防水機能が落ちていると感じたら、テントやタープを取扱しているクリーニング店もありますで、そちらにお願いするとキレイに洗ってから再度防水加工を施してもらえます。お出かけの時に雨にあたったせいで生臭い匂いがついてしまったテントなども、クリーニングしてもらうと匂いが取れて気持ちよく使えるようになります。

仕舞い洗いの方法と保管の時に注意したい水着とビニール製品たち

夏物は収納前に一度しっかり「仕舞い洗い」をしておく事をおすすめします。水着などもシーズン中はネットに入れて洗濯機で洗っていたのであれば、最後はおしゃれ着洗いを使って丁寧に手洗いします。特に海に行った場合、細かい砂が入り込んでしまっている事がありますので、仕舞い洗いを始める前にチェックしてみましょう。

夏に活躍するキャンバス生地の物で、シューズなどはシーズン途中でも汗ぬきのために洗濯された方も多かったのではないでしょうか。もしキレイに洗ったはずなのに生成りのキャンバスが黄ばんでしまった物があれば原因はせっけん成分です。生地にのこったせっけん成分が紫外線に反応して起きる変色です。これはせっけんのアルカリ成分を酸性の液に浸ける事で中和して色を戻す事ができます。4リットル程度の水が入るバケツに水を入れ、カップ1杯の酢を溶かした物に一晩浸けてからよく濯ぎ、陰干しすると黄ばみが取れてきます。

収納の時に要注意なのが水着と防虫剤の組み合わせです。水着は防虫剤の成分と反応して変色してしまうケースがありますので、収納する時に防虫剤と一緒にするのは避けて下さい。
また、ビニール製品はビニール製品同士で重ねたり畳んだりするとくっついてしまいます。これを避けるにはベビーパウダーをビニール製品にはたいてからしまうのが一番です。ですがベビーパウダーが手持ちにない場合や粉をはたいて散るのが気になる、という場合は間にクッキングシートを挟んでおくとベビーパウターと同じようにビニール同士が付着するのを防ぐ事ができます。クッキングペーパーの代用で、新聞紙や色付の広告を使ってしまうと、時間が経つうちに印刷のインクがビニールに染み込んでしまうので避けて下さい。

ちょっとした事ですが、来年もまた気持ちよく使えるよう夏のアイテムを丁寧にお手入れしてあげて下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

終わらない残暑…そんな時こそ『甘酒で明日も元気に起きる力』をつける

夏の疲れをゆっくり取ろう『夏の終わりの入浴法』

夏の疲れをゆっくり取ろう『夏の終わりの入浴法』

着物初めてさんの知りたいコト『シーズンが終わった浴衣のお手入れ』

着物初めてさんの知りたいコト『シーズンが終わった浴衣のお手入れ』

汚れたままにしてない?『知って得する帽子のお手入れ方法』

汚れたままにしてない?『知って得する帽子のお手入れ方法』

知っているのといないのとでは大違い!『洗濯物を干す一番良い時間帯』

知っているのといないのとでは大違い!『洗濯物を干す一番良い時間帯』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

2019.08.18

暑いからこそ、温活を『じゃがいものポタージュ』

2019.08.14

夏のデザート『とろ〜りマンゴープリン』

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

編集部おすすめ記事

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.05.30

『塩の味、違いを知れば料理はもっとおいしくなる!』~ソルトコーディネーターが教える使い分けのコツ~

2016.11.21

子ども好きなら手に職を『子育てに役立つ資格とは』

2017.12.26

HBで簡単ふわふわ!『チーズクリームのシナモンロール』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.03.13

必要なのは『人の話を聞き流すテクニック』

2018.01.24

『からだに優しい甘酒フレンチトースト』で朝から腸活するとイイコト