知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.08.24

発達・育児相談室から『ママの心のざわざわの原因は?』

LINEで送る
Pocket

子どもたちの夏休みももうすぐ終わり。ママたち本当に「お疲れさま!」です。いつもの家事に加えて、子どもたちのランチの心配、スケジュール・宿題の把握、子どもにそれをやらせるのも、まぁ大変。旅行に行こう!って言っても、手配に荷物の用意にと、やることはいっぱいです。
先日私が一緒に旅行に行った子ども3人の家族のママは、大量の荷物なのになぜか彼女の服は着てきた1枚だけ。一緒に大笑いしましたが、家族のことを考えるあまり、自分のことはぬけてしまうのは「ママあるある」ですよね。

やっても終わりの見えない「ママ」という職業。頑張っているつもりなのに家は片付かないし、うまくこなせない。なんだかいつも心がザワザワして落ち着かない…。実はそんな思いを抱えているのは、あなただけではありません!多くのママがそうなのです。

子どもの相談の陰に

私が担当しているのは小児科の相談室ですから、皆初めは子どもの相談にいらっしゃるのですが、「子どもが落ち着かない」「言うことを聞かない」という相談を紐解いていくと、子どもの不安定さの原因にママの心のザワザワが大きく関係していることが多々あります。頭が整理されない日々の繰り返しで、どうしても子どもをコントロールしようと強権発動してしまうために、子どもがそれに反発し、そしてまたザワザワの種が増える…という負の連鎖が起こるようです。相談室で話をしながら、ママのザワザワを整理して日々がうまく回りだすと、自然と子どもが安定してくるということは稀なことではありません。
では、ザワザワを整理するとはどういうことなのでしょうか。まずはザワザワする理由を考えていきましょう。

ママ業は究極のマルチタスクを強いられることを自覚して!

「マルチタスク」とは複数の作業を同時にこなすことを言います。素晴らしいことのように思えますが、近年では、「仕事」においては効率が悪く、その上無理して続けると脳を破壊する!という研究結果があるほどです。しかし「ママ業」は、その「マルチタスク」を知らず知らずにやらされ、しかもできて当たり前のように思われています。

例えば洗濯機を回している間、多くのママが「この隙間時間に何ができるか!?」と考えを巡らせているに違いありません。料理をしながら子どもの相手をし、掃除をしながら今月の支払いについて考える。つまり、会社で言えば、人事も営業も経理もすべて任され処理しているようなもの。そして、その多くの仕事に明確な期限が設定されていないときています。明日やらないと上司に怒られるのなら、重い腰もあがるでしょうが、「ママ業」は自分で自分を奮い立たせるより他ないのです。ここまで書いて私が苦しくなってきました(笑)。
それくらい大変なことをしているのです。「家事」「ママ業」は上手くいかなくて当然なのです。まずはその自覚をする必要があります。いつも心がザワザワしているという人は、もしかして脳が悲鳴をあげているのかもしれません。

「マルチタスク」を断ち切れ!~清々しくあきらめよう~

そうは言っても放り出せないのが「ママ業」。疲れて子どもと寝てしまえば、またザワザワな日が始まります。そういう時はちょっと立ち止まってみてください。家族のためにも自分で自分の脳を守らなくては!そう決心がついたらやることは、「清々しくあきらめる」ことです。「今日できることは全部しよう」ではなく、「今日絶対にしなくてはいけないことだけをする」と思考を切り替えることです。前の晩でも、その日の朝でも5分間だけ、「TO DOリスト」と向き合ってみてください。リストに書かれるのは多くて5個。それ以外は清々しくあきらめます。リストに全部チェックが付いた時には、必ずフッと心に隙間が生まれます。そうやって脳を休ませてあげましょう。

あとは、「助けを求める能力」を身につけること。「ママ業」は日々の連続ですから、よっぽどの意思がない限り、その日々を変えることは大変なことです。そんなときには、誰かの手を借りましょう。業者にお掃除をたのんで、一度リフレッシュするのもいいでしょう。「もう脳がね、限界なの!」と家族に助けを求めて、カフェで生活を見直すのもいいかもしれません。問題が複雑化していたら、心理の専門家に整理してもらうのも効果的です。とにかく、一人で悩まないで!

もしかしたら??

だんだんと「大人の発達障害」が社会で認知されてきましたが、圧倒的に「マルチタスク」が苦手な脳機能の方がいらっしゃいます。その方たちからしたら、日々の家事・育児は地獄そのものです。でも、みんなやっているし、私は怠け者なのかな?なんて思いながら過している方が多くいます。家事・育児はみんなできるものではありませんし、あなたが怠け者だなんてことも一切ありません。診断を受けてお薬を飲めば過ごしやすくなることもありますし、カウンセリングで特性にあった方法が見つかるかもしれません。自分を責める前に、ぜひ病院の扉を開いてみてくださいね。

Go easy on yourself.

SNSでこんな言葉が流れてきました。
「Go easy on yourself. Whatever you do today, let it be enough.」
いろんな訳し方があると思いますが、私は「いいの、いいの。それでじゅうぶん。」と訳しました。
どうかたくさんのママに、この言葉が届きますように。

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

発達・育児相談室から『それぞれみんながんばりすぎている』

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その1『誰だって発達障害!?』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

発達障害ってなぁに?シリーズ その2『困った行動をこんな風にみてみよう!』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』