知るコト知るコト
知るコト 2019.08.20

夏の疲れをゆっくり取ろう『夏の終わりの入浴法』

記録的な猛暑が落ち着き、ほんの少しですが過ごしやすくなって来ましたね。朝夕が冷えるようになった地域も多くなり、なんだか体がダルい気がする…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。その原因の一つは夏独特の「冷え」が原因かもしれません。

実はしっかり冷えている夏の体

「まだこんなに暑いのに冷えるなんて」と思われるかもしれませんが、日中はクーラーの効いたオフィスやショップでお仕事をしている方は元より、お家で過ごしている人も冷えが蓄積しているかもしれません。

冷房による冷えはもちろん、血行が悪くなっている事で冷えを感じてしまう事も。夏の血行不良の原因は自律神経の乱れと脱水があります。自律神経は血管を収縮させたり拡張させる仕事も担当しています。これが正常な状態で働いていれば、適切なサイクルで血管が収縮と拡張を繰り返す事で体の隅々まで血液を巡らせてくれます。それが夏場は猛暑の屋外と涼しい屋内に出入りする事などで体温調節を行う自律神経に負担がかかってしまいがちです。そのため血行が滞り体が冷えがちになるのです。これらの対策の一つとしてお風呂にゆっくり浸かる方法があります。

シャワーだけはNG 夏こそお湯に浸かってみよう

「暑い中帰ってきてお湯に浸かるのはダルい」と感じてしまうかもしれませんが、夏はシャワーだけで済ませる人ほど、一度お風呂でお湯に浸かってみて下さい。浸かり始めにぞわっという寒気が出る事も珍しくありません。汗を多量にかくと「気化熱」といって汗の水分が蒸発する時に熱を奪います。気温が高いと気付きにくいのですが、暑い所にいても体は汗によって常時冷やされているのです。加えて、血行が悪くなると心臓から送り出された温かい血液が体の末端に留まってしまい熱が失われます。特に夏は素足にサンダルで冷気のたまる室内や車内にいる事も多く、足先をしっかりと冷やされてしまいます。

こんな時は全身で熱いお湯に浸かるより、38度程度の少しぬるめのお風呂を浴槽の半分程度張った中での半身浴がおすすめです。胸から上はお湯に浸からなくても、しばらく下半身をお湯につけていると全身がほどよく温まってきます。ポイントはペットボトルなどを浴室に持ち込んで一口ずつ水分補給する事です。この時飲むのは常温の麦茶や黒豆茶のような、ミネラル補給できるお茶がおすすめです。また、夏は多量に汗をかきますが、あくまでそれは体の表面から出る汗だけです。老廃物を含んだ汗は体の奥が冷えていると排泄されにくいのです。半身浴をする事で改善が期待できます。

普段はお湯に浸かっていなかった場合、水分補給をしながら30分程度半身浴していると、汗の出方が明らかに変わったのがわかる事があります。汗をかいてから長時間そのままにしておくと汗が乾いて汗腺の出口がふさがり、体が上手に汗をかけていない事もあるのです。体を芯からあたためて体の奥から汗をかく事でそれをリセットする事ができます。

半身浴をする時の注意

半身浴の後は体重が減る事がありますが脂肪が消費されたのではなく脱水です。入浴前から入浴後までこまめに水分を補給するようして下さい。当然ながらアルコールは脱水の原因となり水分補給になりませんので、お酒を飲んだ後には半身浴はできません。
また、食後や運動の直後も心臓など内蔵への負担が大きくなるので避けます。

水分補給をしながら半身浴をしているのにじんわり程度しか汗をかかない場合、体の冷えが強い状態です。汗が出るまで、と長時間がんばってもすぐには改善されませんので、半身浴の時間は30分程度にとどめて、こまめに繰り返してみて下さい。

お風呂は気分をリフレッシュさせてくれますので、気分転換も兼ねてお休みの日にお風呂屋さんにいって色んなお風呂を楽しみながら、体を温める日にするのもおすすめです。起き抜けにだるさが抜けない方などはぜひ、お風呂で体を温め、夏冷えで疲れた体をいたわってあげて下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

冷房病にならないために生活の中でこころがけたいコト

冷房病にならないために生活の中でこころがけたいコト

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

熱中症にならないために『暑さに対応できる体を作ろう』

夏が終わりに近づいたら『次の季節のための夏物のお手入れ』

夏が終わりに近づいたら『次の季節のための夏物のお手入れ』

冷やしすぎ注意!不調を招く『夏の冷え症のコト』

冷やしすぎ注意!不調を招く『夏の冷え症のコト』

8月の誕生花『ひまわり』〜葉月の暮らし〜

8月の誕生花『ひまわり』〜葉月の暮らし〜

コメント

人気の記事

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

2022.05.23

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2022.05.17

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「アスパラ」の常備菜』

2022.05.12

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2022.05.09

卵・乳製品・砂糖不使用『みりんレーズンのスコーン風』

2022.05.01

旬食材『たけのこ』季節の味を手軽に、長く楽しむ方法

編集部おすすめ記事

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

2022.06.27

実山椒オイルのアレンジレシピ『山椒とツナのタプナード』

2022.06.25

暑い季節にぴったり!『新じゃがの地中海サラダ』

2022.06.19

旬の魚を食べよう!『真いわしの金胡麻まぶし』

2022.06.18

家にあるものでできる!鯖缶で『簡単鯖そぼろ』

2022.06.17

揚げずに簡単!!バター、乳、卵不使用『そら豆と桜海老のクリームコロッケ』

2022.06.05

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

2022.05.28

夏を先取り!『フルーツトマトとチーズのパスタ』

2022.05.24

さっぱり!香りを存分に味わえる『ニラぬた』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2019.07.23

沢山食べられる『ふりふり胡瓜』で数日分ごはん

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ