作るコト作るコト
2018.08.31

おじいちゃんおばあちゃんに喜ばれる!敬老の日の贈り物『フラワーフォトフレーム』

秋が色づき始めた9月の第3月曜日は敬老の日。おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお出かけしたり、遠方に住んでいる場合は贈り物をしたりする人も多いのではないでしょうか。昔は60歳を過ぎればお年寄りの扱いでしたが、今では元気な方が多く「年寄扱いするな!」と怒られることもあります。
しかし、いくら若くてもおじいちゃんおばあちゃんです。孫からのプレゼントなら喜んで受け取ってくれるのではないでしょうか。そこで今回は、孫の写真や絵を飾れる「フラワーフォトフレーム」の作り方をご紹介します。

『フラワーフォトフレーム』用意するもの


・お好みのアーティフィシャルフラワー(造花)
・葉や枝ものアーティフィシャルフラワー(造花)
・フォトフレーム
・ハサミ
・カッター
・木工用ボンド
・サハラ

『フラワーフォトフレーム』作り方

1. サハラを適当な大きさにカットし、カッターナイフで面取りをします。

2. カットしたサハラをフォトフレームの左右どちらかに寄せてボンドで接着します。ボンドが乾くまで半日ほどかかるので、急ぎの場合はボンドのかわりにグルーガンを使うと早く接着することが出来ます。

3. 花の茎を1cmほど残して、余分な部分をカットします。
花についている葉も使うことが出来るので、花同様に茎を1cmほど残してカットします。

4. フォトフレームにセットしたサハラに、花をさしていきます。
まず細い枝や小さな花を先端にさし、アウトラインを作ります。

アウトラインの内側に、花をさしていきます。全体のバランスをみながらさしましょう。大きめの花を一番目立つ場所にさしてから、空いたスペースに小さめの花をさしていきます。花と花の間からサハラが見える場合は、隙間を埋めるように葉でサハラを隠します。
サハラに上手くささらない場合は、ボンドで貼り付けても大丈夫です。バランスよくさし終わったら完成です!

『フラワーフォトフレーム』作り方のポイント

・花選びに困ったら、おじいちゃんおばあちゃんの好きな花や、好きな色を選びましょう。花ことばの意味を調べて贈りたい言葉で選ぶのも素敵です。
・花をアレンジした後は、サハラの大きさの倍以上のボリュームに仕上がりますので、サハラはアレンジしたい花のボリュームよりもかなり小さいサイズにしましょう。
・フォトフレームの向きは縦でも横でもかまいません。花を飾る位置は下の左右どちらか一方にすると写真の邪魔にならずに奇麗に見せることが出来ます。
・華やかさをプラスさせたいときは、対角線上に小さくアレンジしても良いでしょう。

フォトフレームに入れるのは写真だけでなく、子どもの描いた絵や一緒に作った折り紙、孫からおじいちゃんおばあちゃんへのメッセージでも喜ばれるのではないでしょうか。
ぜひお子さんと協力して、敬老の日の贈り物を作ってみてくださいね。

文/フラワーデザイナー 大澤 明香
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

梅雨の季節のお楽しみ!お家を彩る『あじさいリース』

母の日に大人気!家族で作りたい『プードルフラワーアレンジメント』

母の日に大人気!家族で作りたい『プードルフラワーアレンジメント』

コメント

人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』