知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

キッチン 2018.09.02

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

LINEで送る
Pocket

調理器具は、それぞれの種類によってお手入れ方法が異なります。さらに、同じ調理器具でも材質によってお手入れが異なるため、なかなか面倒ですよね。しかし、コツさえ押さえれば思いのほか簡単に済ませることができるようです。そこで今回はよく使う調理器具のお手入れのコツについてご紹介します。

まな板

よく使う調理器具の代表格であるまな板は、雑菌が繁殖しやすい調理器具でもあるため、こまめなお手入れが必要になります。

・木製のまな板のお手入れ

毎回、使用後すぐに、水食器用の洗剤でこすり洗い(野菜などを切った場合は、水洗いだけでもOK)して汚れを落とした後、よく乾かしておくことがコツです。

仕上げに熱湯をかけて殺菌消毒します。その後布巾などで水気をよく拭き取り、風通しのよい場所に立てかけて完全に乾かせば、お手入れは完了です。肉や魚を切った後にまな板を熱湯消毒する場合も、必ず洗剤で汚れを落としてた後水でよくすすいでから、熱湯をかけるようにしましょう。

木製のまな板は、原則として台所用漂白剤の使用はNGです。

・プラスチック製のまな板のお手入れ

表面をコーティングするために、水で濡らしてから使用します。使用後は、洗剤で洗ってから、水気をよく拭き取り、よく乾かします。

プラスチック製のまな板の場合は、耐熱温度の関係で熱湯が使用できない場合があるのでその点は事前に確認が必要です。プラスチック製のまな板は、台所用漂白剤の使用が可能です。月一回のペースでの漂白が一応の目安となります。

包丁

包丁のお手入れも、手順は、ほぼまな板と同じです。肉屋野菜を切った後は、洗剤でよく洗って汚れをしっかりと落としてから、殺菌消毒のために熱湯をかけておきましょう。

キレ味が悪くなったときは、アルミホイルを切る、あるいはお茶碗の底で研ぐという方法が簡単で効果的です。

鍋及びフライパン

材質によってお手入れ方法が異なります。

・アルミ鍋

基本的に使用後はスポンジとクレンザーで汚れを落してからよく乾かしておけばOKです。

<頑固な黒ずみの手入れ方法>
水と酢、レモンあるいはりんごの皮を入れて、一煮立ちさせます。

・鉄製の鍋やフライパン

基本的に洗剤の使用はNGです。調理後すぐに洗って汚れを落としておくのがお手入れの最大のコツです。

木じゃくし

乾燥するとひび割れが生じるため、洗剤などで洗った後、定期的に表面にオイルを塗ってから、天日に干して、乾かしておきましょう。

泡立て器

指を使って汚れを取り除いた後、スポンジに食器洗い用の中性洗剤をつけ、形を崩さないように軽く丁寧に洗います。先端部分は特に汚れやすいので念入りに洗いましょう。

おろし金

目詰まりしやすく、スポンジだけでは汚れを落としきれない場合が多いため、使い古しの歯ブラシを使うのがコツです。歯ブラシなら刃に詰まった細かい汚れを取り除くことができいますよ。

ざる

おろし金同様、詰まりを取り除くために、使い古しの歯ブラシを使用することがコツになります。スポンジではカバーしきれない汚れも、スッキリキレイに落とすことができますよ。

すり鉢のお手入れ

使用後すぐに水をはっておくことが、お手入れのコツです。しばらくすると汚れが浮き上がってくるので、あとは簡単に洗い流すだけでOKです。

おわりに

それぞれの調理器具の性質に合わせたお手入れを行うことで、清潔かつ快適に使用できますし、調理器具そのものも長持ちさせられます。簡単なお手入れならこまめに行えますし、こまめにお手入れすることで、調理器具への愛着もひとしおになること間違いなしですよ。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-