知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.09.07

身近な食育!しっかり覚えたい『お箸のマナー』

LINEで送る
Pocket

最近は、小学校高学年になっても3割ぐらいの子どもしか、お箸を正しく持てていないと言われています。家庭での食事が洋食中心になっていたり、小食の子どもが増えているので、とにかく食べさせるために食事のマナーについてはあまりうるさく言いたくない、と考える親が増えている影響もあるそうです。
私も子どもを持つ親として、そのような気持ちがよく理解できますが、それと同時に、お箸は日本文化に根付いてきた素晴らしいものであり、日本人のたしなみのひとつとして、親から子へと引き継いでいきたいという思いがあります。

お箸の素晴らしさは、海外からも注目を集めています。たった2本の棒状のもので、つかむ、きる、運ぶといった動作ができ、複数のカトラリーを使う文化的背景を持つ人にとっては驚きのようです。お箸を使い始めたらわかる便利さやシンプルさに、魅了されていくのも納得します。

さて今回は、子どもが上手にお箸を使えるようになる、お箸の選び方、お箸の使い方、お箸にまつわる食事のマナーをお伝えします。

お箸に興味をしめしたら、焦らず、叱らず、おおらかに!

子どもがお箸を正しく使えるようになるのは、3歳ごろからと言われていますが、お箸を使い始める時期は、子どもがお箸に興味をしめすようになったときがベストなタイミングです。お子さんをよく観察して、お箸に興味を示すようになったら、年齢に関係なくお箸を用意してあげましょう。
はじめのうちは、フォークのように突き刺して食べたり、思うようにつかめずこぼしたりしますが、子どもは一生懸命お箸に挑戦して、食事をしてみようとしているのです。『焦らず、叱らず、おおらかに!』を心がけ、そっと手を添えて、やさしく語りかけながらお箸の使い方を教えると、楽しい食事の時間になると思います。何といっても、日々の食事の中で、お母さんやお父さんが正しい箸の持ち方の手本を見せてあげることが大切です。

お箸は、長さと太さとなじみやすさで選ぶ!

初めてお箸を選ぶポイントは、『長さと太さとなじみやすさ』です。店頭でたくさんの子ども用のお箸が売られていますが、お子さんのお箸の長さを意識したことはありますか?お箸が長すぎると、動かし方の難易度が高くなります。
自分に合ったお箸の長さを選ぶ基準は、親指と人さし指を直角に広げ、親指と人挿し指の先を結んだ長さの1.5倍が、ちょうどよい箸の寸法と言われています。お箸の太さは、先が太いと、すくう、つまむ、さくといった動きが難しくなりますし、握る箇所が太いと、指で2本の箸を抑えることが難しくなります。お箸の材質はプラスチック製のお箸よりも、竹や木の素材を生かしたものの方が手になじみ、使いやすいです。お箸の形は、一般的な四角か五角箸がおすすめです。五角箸は、3本の指が奇数の五角に収まり、箸を持つ3本の指が自然になじみ、正しい持ち方になると言われています。

下のお箸は、子どもが2歳のときに購入した箸です。もちろんうまく使うことができませんでしたが、お箸に興味をもち、お箸を使うことで食事に対する興味が高まりました。今では大人のお箸を使うまでに成長しました。

子ども用のお箸の表示を見ると、2歳から3歳用、3歳から5歳用などの表示がありますが、お子さんによって手の大きさは異なります。ぜひお子さんの手にあった長さと太さとなじみやすさで選んであげてください。

正しい持ち方は、声掛けから!

お箸を持つことは、スプーンなどを使い始めてからしばらくするとできるようになります。お箸は箸先から3分の2くらいのところを持つようにします。最初は2本の箸を一緒に握りこむ握り箸になると思いますが、握る箇所にかわいいシールを貼り目安にするのもおすすめです。最初のステップとして「お兄さん指をお箸の間からこんにちはさせてみようね」と声をかけます。食事のたびに繰り返すと自然に中指を使う持ち方に変わっていきます。

次のステップとしては、クロスする持ち方から正しい持ち方へと変えていくことです。お箸は2本いっぺんに動くと思っている子どもが多いようです。「上のお箸は親指と人差し指、中指で色鉛筆を持つように持ちながら動かし、下の箸は親指の付け根に固定し薬指で支え、動かさなくていいのよ」と声をかけてあげましょう。その持ち方を保ったまま、100円ショップでも購入できる太目の毛糸やフェルト素材のボールなどをつかむ練習をしてみましょう。コツさえつかめれば、あっという間に上達していきます。

箸使いのタブー!

タブーとされる箸遣いは『忌み箸』と呼ばれます。子どもがよくやってしまうのは、箸先を口に入れてなめる『ねぶり箸』。

お皿の上で箸をうろうろさせる『迷い箸』、料理の中を探るようにして下から引き出して食材をとる『探り箸』、箸から箸へと食べ物を渡す『移し箸』、料理に箸を刺して食べる『刺し箸』、料理の入った器を箸で引き寄せる『寄せ箸』などがあります。大人になってから癖を治すのは大変です。食事の際に、お箸のマナーについても、親から子どもに伝えていきましょう。

お箸を通して日本の伝統にふれる!

お箸には箸置きという小物があり、粘り気のあるご飯やおかずを好む日本人にとっては、箸先を清潔に保つために必要なものです。箸置きには、さまざまなデザインがありますが、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

こちらの箸置きは、子どもが幼いころに一緒につくったものですが、もう10年以上365日子どもの食卓に添えられています。左の箸置きは、箱根に旅行したときに伝統技術である寄せ木細工の技術を習いながら作ったものです。


こちらは、現在使っているお箸です。よく見ていただくとおわかりのように、日本の伝統色が塗られているお箸です。上から順に、紅の八塩(くれないのやしお)、み空色(みそらいろ)、萌黄色(もえぎいろ)です。日本の伝統色には、とてもやさしい落ち着いた色合いであり、美しい響きのする色名がついています。お箸は毎日使うものだからこそ、心が落ち着く伝統色を取り入れてみてはいかがでしょうか。これを機に、お子さんと一緒に日本の伝統色について調べてみることもおすすめします。

今回は、子どもが上手にお箸を使えるようになる、お箸選び、お箸の使い方、お箸にまつわる食事のマナーをお伝えしました。お箸を通して食育を楽しんでいただけたら、嬉しいです。

文/食空間コーディネーター 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

季節の行事を親子で楽しむ『重陽の節句』

季節の行事を親子で楽しむ『重陽の節句』

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

季節の行事を楽しむ『七夕のテーブル』

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

子どもと一緒に楽しむ『端午の節句』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』