知るコト知るコト
家のコト 2018.09.09

白い汚れもスッキリきれい!『覚えておきたいフローリング掃除のコツ』

フローリングは、ハウスダストや皮脂汚れをはじめ、場所によっては、油の飛び散り、食べこぼしなど、実に様々な汚れが付着しやすいです。さらに、これらの汚れが複雑に混ざり合ってしまうと、白い汚れや黒ずみとなり、落とすのが大変に!どんな汚れもスッキリ落とせる、フローリング掃除のとっておきの秘訣をご紹介します。

こんなにあるフローリングが汚れる原因!

足の裏の皮脂(裸足で歩いた際に付着します)、髪の毛や垢、衣類からでる綿ぼこり、砂埃、ダニ及びダニの糞や死骸、ペットの毛、カビの胞子、食べカス、油の飛び散りなど、フローリングの汚れの原因となるのは、実に多種多様です。

中でもダニの糞や死骸、カビの胞子などは、非常に小さく、肉眼では見えません。また、皮脂や垢、食べもののカスは、ダニやカビをはじめ雑菌の栄養源となるため、それらの汚れを放置すると、ダニやカビをはじめ雑菌が繁殖し、大変に不衛生です。

フローリングの白い汚れや黒ずみは、白カビや黒カビの繁殖が原因の場合が多く、しかもカビは根を張るため、落とすのが非常に厄介になります。

フローリングの掃除の秘訣その1 いきなり掃除機をかけない

いきなり掃除機をかけると、掃除機の排気で、フローリング上にある様々な汚れを、空気中に中に舞い上がらせてしまうことになります。特に肉眼では見えないカビの胞子を空気中に舞い上がらせ、家中に拡散させることになります。

そのため、それらの汚れは、掃除機をかける前に、フロアモップや、フローリングワイパーにドライシートを装着したものを使用するなどして、あらかじめ絡めとっておきましょう。

フローリングの掃除の秘訣その2 掃除機のかけ方に注意する

掃除機をかける際も、ノズルをフローリングに強く押し付けないように注意しながら、力を入れずに、軽く押してゆっくりと引くようにかけていきましょう。押して引く幅は、1回につき80センチ程度が一応の目安です。掃除機は、引くときにゴミやホコリが吸い取られます。ゆっくりとかければ、それだけより多くの量を吸い取ることができ、仕上がりに大きな差が出るようです。

フローリングの掃除の秘訣その3 基本は水拭き

フローリングの拭き掃除をする場合は、基本は水拭きになります。特にワックスでコーティングされているフローリングは、コーティング剤の種類によっては、アルカリ性の洗剤(重曹やセスキ炭酸ソータを含む)が使用すると、ワックスを溶かしてしまう怖れがあるため気をつけましょう。

洗剤を使用する場合は、住宅用の中性洗剤を使用すると安心です。指定量の中性洗剤を溶かした水に雑巾をつけ、固く絞ってから、それで汚れを落していきましょう。たいていの汚れはこの方法で落とすことが可能です。仕上げに乾拭きして水気を完全に取り除いておくのをお忘れなく!

フローリングの厄介な白い汚れや黒ずみの掃除方法

カビが原因の汚れは、拭き掃除に加え、除菌が必要になります。カビは生き物なので、ただ単に汚れを落としただけでは、生き延びたカビによってまたすぐに汚されてしまうからです。

除菌は、消毒用のエタノールを汚れに直接スプレーして、乾いた雑巾でしっかりと拭き取るだけと、いたって簡単です。ただし、フローリングの材質によっては、色落ちする心配のあるので、目立たない箇所にスプレーしてみて確かめてから行いましょう。

おわりに

白い汚れがフローリングのワックスの下の奥深くまで下まで浸食してしまっている場合もあります。その場合は、フローリングの掃除だけでは落すことが難しく、ワックスを一度剥がしてから塗り直す必要が出てくるため、専門の業者への相談をおすすめします。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

いつもの道具をサッと簡単お手入れ『調理器具のお手入れのコツ』

鏡をすっきりピカピカに『鏡のうろこ汚れを落とすコツ』

鏡をすっきりピカピカに『鏡のうろこ汚れを落とすコツ』

知っておきたいコツがある『正しい掃除機のかけ方』

知っておきたいコツがある『正しい掃除機のかけ方』

コメント

人気の記事

2020.10.01

乳・卵・砂糖フリー!優しいおやつ『甘酒クラッカー』

2020.09.30

おうちで手作り『基本の肉まん』

2020.09.29

秋を感じる!『ほくほく里芋ときのこの炊き込みご飯』

2020.09.26

秋の簡単おやつレシピ『かぼちゃのココナッツグラノーラ』

2020.09.25

伸びるチーズをパンにつけて!『南瓜のチーズフォンデュ』

2020.09.24

やっぱり定番秋の味覚『秋刀魚をつかった作りおきおかず』

2020.09.22

紫芋パウダーで簡単!『紫芋のプリン』

2020.09.21

やさしい暮らしのヒント『栄養のコト』8.秋と旬と胃腸の素敵な関係のコト

2020.09.21

離乳食にも◎優しい手づくりおやつ『さつまいももち』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

編集部おすすめ記事

2020.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

2020.10.01

作り置き常備菜シリーズ『アラで作ろう!ブリ大根』

2020.09.28

【七十二侯のコト】蟄虫坏戸 (むしかくれてとをふさぐ)

2020.09.25

旬の無花果を使った『無花果とくるみのトースト』

2020.09.25

魚と鶏の卵コンビは鉄板コンビ『明太子の出汁巻き卵』

2020.09.24

たかがお箸?されど大事なお箸!『毎日使うお箸で暮らしに潤いを』

2020.09.24

まろやかな甘みと酸味『たことミョウガのレモン塩麹炒め』

2020.09.23

日本の定番薬味「みょうが」、下処理方法を見直して、より美味しく味わおう

2020.09.22

塩焼きだけじゃない!さんまのアレンジレシピ「さんまと舞茸の和風パスタ」

2020.09.22

【七十二侯のコト】雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.09.19

十五夜にはウサギが餅つきをしているの?心にしみる「月うさぎ伝説」

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.01.22

茶色くなるのを防ぎたい食べ物、茶色くなることで美味しさが生まれる食べ物

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2019.08.15

レタス、ごぼう、春菊…知っていますか?『キク科の野菜の種類とあれこれ』