知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食のコト 2018.09.16

簡単!食材を上手に使おう『野菜を美味しく冷凍保存する方法』

LINEで送る
Pocket

野菜の値段が高いですね。せっかく高い野菜を買ったのだから、新鮮で栄養価の高いうちに調理したいものです。とはいえ気がつくと、野菜が冷蔵庫でしなびてしまっていることも。そうなる前に野菜は冷凍保存していまいましょう。野菜を上手く冷凍しておくと、調理の時短にもつながるのでおすすめです。

野菜を美味しく冷凍するポイント

野菜を冷凍してみたものの、いざ解凍すると美味しくなかった、という経験も多いのではないでしょうか。野菜には水分や繊維が多く含まれているため、冷凍すると状態が変わってしまうのです。

美味しく冷凍するポイントは水気をよく切ることと、急速冷凍することです。また調理するときには、解凍せず凍ったまま使うようにしましょう。

野菜別の冷凍方法

1.葉物野菜

ほうれん草は軽くゆがき、食べやすい大きさに切ってから冷凍。小松菜などアクの少ない葉物野菜は洗ってよく水を切り生のまま冷凍します。キャベツや白菜も生のまま冷凍できます。調理しやすい大きさに切り、芯の部分と葉の部分を分けて冷凍しておくと、使うときに便利です。

2.根菜類

根菜類も生のまま冷凍します。ごぼうやレンコンなどアクの強い根菜は、使いやすい大きさに切り、酢水か水に10分ほどさらしよく水気を切ってから冷凍します。大根は大根おろしにして冷凍しておくと、自然解凍するだけで必要なときに必要な量だけを使うことができます。

残念ながらホクホク感がなくなってしまうじゃがいもは、冷凍には向いていません。冷凍する場合は、スープやコロッケなど調理してから冷凍しましょう。

3.きのこ類

きのこは冷凍がおすすめです。旨味が凝縮されて美味しくなります。軸は落とし、食べやすい大きさに切るかほぐしたものを冷凍します。

4.もやし

もやしは日持ちのしない野菜です。食べきれなかった分はすぐに冷凍しておきましょう。火を通さなくても冷凍できます。洗ってよく水気を切り冷凍庫へ。なるべくほぐした状態で冷凍しておくと調理するときに使いやすいです。

5.トマト

トマトも冷凍できますが食感が変わってしまうので、火を通す料理に使いましょう。洗ってヘタの部分をくり抜いてから冷凍しておきます。冷凍したトマトは簡単に皮を剥くことができますし、すりおろすのも簡単です。煮込みなど火を通す料理には冷凍トマトが便利です。

6.香味野菜

薬味や香味野菜も新鮮なうちに冷凍しておきましょう。ネギは小口切りやみじん切りにし、ショウガはすりおろすかみじん切りの状態で。シソは千切りにして冷凍しておくと、必要なときに必要な量だけ使うことができます。

野菜をミックスして冷凍する

数種類の野菜をミックスして冷凍しておくのもおすすめです。野菜炒め用に、キャベツ・ピーマン・もやしなどを切って一緒に冷凍。お肉や魚介と一緒に凍ったまま炒めるだけで簡単に一品完成します。

他にもごぼう、レンコン、人参などの根菜類を合わせて冷凍しておきます。冷凍の根菜を煮物や豚汁にすると、火の通りが早くなりますし、味もよく染みて美味しく仕上がります。

少しだけ残ってしまった野菜たちは、みじん切りにして合わせて冷凍してしまいましょう。ハンバーグやミートソース、スープなどに入れると野菜をムダにすることもなくおいしさもアップします。

おわりに

野菜を毎日たくさん食べたい、食べさせたい、と思っても時間も手間もかかりなかなか難しいかと思います。でも野菜の下ごしらえをまとめてやっておき、使い切れなかった分を冷凍するという流れを作れば、時短になり野菜も無駄になりません。冷凍保存をうまく活用して、毎日美味しく野菜を食べたいですね。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

農家さんが教える『春野菜の美味しい食べ方と保存のコツ』

農家さんが教える『春野菜の美味しい食べ方と保存のコツ』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

お弁当作りのお悩み解決『覚えておきたい新しいお弁当作りのコツ』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.12.16

たまごも牛乳も使わない!寒天で作るトロっと美味しい『さつまいもプリン』

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2017.11.02

~保存食のある暮らし~簡単にできる『自家製パンチェッタ』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2018.11.21

覚えておきたいおやつレシピ『酵母のスコーン』

2017.08.20

フルーツの女王『知って得するマンゴーの成分と保存方法』

2019.02.01

とろっとろでスパイシーなご馳走『牛すじカレー』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』