得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.09.19

「旬野菜」秋がシーズン本番『きのこ』〜長月の暮らし〜

LINEで送る
Pocket

普段食べているきのこ類は一年を通して食べられる定番の品種が多いのではないでしょうか。人工栽培で安定供給されているため旬がいつかという意識が薄れてしまいがちですが、きのこにももちろん旬があります。一口にきのこと言っても種類は非常に多く、四季を通じてどの季節にも旬を迎えるきのこがあります。「秋の味覚」としてマツタケがよく知られていますが、秋は実りの秋という言葉そのままに旬を迎えるきのこの数が多い季節です。

本しめじって知っていますか?

私達の食卓に昇る機会が多い「しめじ」も秋が旬となっています。ちなみに「しめじ」と言うと茶色いカサのかわいいきのこが群生した株で売られている物が多いのですが、市場に出回っているしめじの多くは「ぶなしめじ」です。実は以前「本しめじ」の名前で別のきのこが流通していた時代がありました。「ヒラタケ」というきのこを瓶で栽培すると本しめじと似た株立ち状になるので、それを本しめじという名前で売っていたのです。

というのも実は本しめじは生きた木の根に生える特性を持つ「根生菌」の仲間であるため、人工栽培が大変難しく、天然物を採取するしかなかったために流通させる事が難しかったのです。ヒラタケそのものは日本人と古くから馴染みがあり、淡白な味わいで煮ても焼いてもおいしいきのこだったのでよく食べられていました。一方、本当の本しめじは「香り松茸、味しめじ」ということわざのしめじとして上げられ、元々は松茸と並ぶ高級きのことして扱われていたきのこだったのです。
そのため、林野庁から品質で劣るヒラタケに本しめじと名前を付けて販売する慣行を改めるよう通達が出ました。この後、ヒラタケを本しめじと販売される慣行は改められ、「しめじ」として販売されるきのこはぶなしめじが主流となって行きます。ぶなしめじはしめじという名前ですが本しめじと異なり「木材腐朽菌」といって腐った木などから栄養を取って育つため栽培が容易なのだとか。

その後、バイオ技術などの発展によりいくつかの醸造メーカーなどが栽培方法を発見した事により、本しめじその物も流通するようになってきました。ぶなしめじと比べると見つけるのがちょっと大変ですが、おいしいきのこなので機会があれば食べ比べてみて下さい。

舞い上がるほど美味しい!まいたけとえのき茸

今では手軽に食べられるけれど元は高級きのこだった物には「まいたけ」も含まれます。名前の由来には見つけると大きな株なので舞い上がるほどうれしいから舞茸、という説もあるほど天然物は大きな株になるきのこです。おいしいきのこですが、人工栽培が行われるようになるまで食習慣があるのは一部の地域のみでした。ちなみに生のまいたけにはタンパク質分解酵素が含まれるので、生の物を茶碗蒸しに入れると固まらない事があり注意が必要です。逆にその特性を活かし、生のまいたけを刻んで肉を漬け込み柔らかくするレシピなどもあるんですよ。

加熱に関わる注意が必要な物にはもう一つ、えのき茸があります。実はえのき茸に含まれる成分には溶血作用を起こす物があり、加熱すれば分解されるため問題ないのですが、生で食べるのは危険とされています。元々日本ではきのこを生で食べる風習はほとんどみられませんが、きのこは生で食べるとアレルギーを起こすケースが少なくありませんのでえのき茸に限らず、創作レシピなどで生のきのこを使わないようご注意下さい。

これからの季節、普段は出回らない種類のきのこがお店や道の駅などで手に入るかもしれません。また、お近くにきのこ狩りができる場所があれば天然物のきのこを食べてみる良い機会です。同じきのこでも天然物は人工栽培の物とは味が異なると言われています。
ぜひ気持ちのいい秋の空気を楽しみながら、おいしいきのこを味わってみて下さいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

おかわり必須ごはんの友!『ミックスきのこのモリモリなめたけ』

おかわり必須ごはんの友!『ミックスきのこのモリモリなめたけ』

作り置き常備菜シリーズ『きのこの中華きんぴら』とアレンジレシピ

作り置き常備菜シリーズ『きのこの中華きんぴら』とアレンジレシピ

油不要!焼いて味付けするだけ『いろいろきのこの山椒醬油焼き』

油不要!焼いて味付けするだけ『いろいろきのこの山椒醬油焼き』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』