得するコト得するコト
まめ知識 2020.03.19

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

文香(ふみこう)って知っていますか?古くから日本で親しまれてきた手紙の文化の一つ。好みの香りを手紙にまとわせて、大切な人に贈ります。受け取った人が手紙を開けた時に、ふわっと香りが舞う…ふっと心が安らぐ一瞬を届けませんか?

かつては限られた人が楽しんだ手紙のやり取り

いまでは連絡するためにLINEやメール、電話など思い立ったらすぐに相手とコンタクトを取れる手段があります。かつてそんな手段がなかった頃、連絡は伝言や手紙など、人の手を介して行われていました。
中でも手紙は紙が高級品だったため、身分の高い人でなければ使えない時代もあったのだとか。そのため、手紙その物に工夫をこらす文化が発展しました。花や木の枝に結びつけて季節感を演出したり、紙に色を付けたり異なる紙を繋いで作ったり…と手紙をくれた人のセンスの高さが試される事もあったそうですよ。今でもおしゃれなレターセットやかわいい記念切手を選んで手紙を送ったりしますが、昔の身分の高い人のたしなみが今に続いているのかもしれませんね。

手紙は受け取る人もうれしい物ですが、そんな風に「どんな手紙にしようか」と考えるのも楽しいですね。もし最近手紙を書いた事がないとしたらちょっともったいないかもしれません。長く会っていないお友達が元気にしているか気になった時には、手紙を書いてみませんか?そんな時におすすめしたいのが「文香(ふみこう)」です。

自分の香りを紙に焚きしめた、文香(ふみこう)で

平安時代など、古い時代では自分の香りを衣装や手紙などに焚きしめる文化があったそうです。「源氏物語」の中にもお嫁に行く娘に嫁入り道具として香を持たせるために、香を調合するエピソードがあります。平安時代のお香は粉末の香料をハチミツなどで練って作る「練香(ねりこう)」が多く使われ、香料の調合の基本レシピに多少のアレンジを加えて自分らしさを出す風習があったのだとか。
有名な物では「梅花(ばいか)」「荷葉(かよう)」「侍従(じじゅう)」と言った優雅な名前の物が6種類選ばれた「六種の薫物(むくさのたきもの)」と呼ばれる香りがありますが、例えば同じ梅花でも作る人が違えば香りに違いがあったのだそうです。手紙に付けられた香りはその場にいない人の気配をそこに伝える役目があったのかもしれませんね。

今となっては香を紙に焚きしめるのはなかなか難しいですが、文香はそれを現代でも使えるようにアレンジされた文化です。簡単に説明すると薄く小さな匂い袋のような物を手紙に忍ばせます。

手軽に作れる文香の作り方

文香の形は大きくわけて2つ。香料の粉末を和紙などに包んだ小さな匂い袋タイプと厚紙などに香りをつけた物があります。市販の物は桜やあじさい、紅葉などをイメージした香りや香木その物を削った香料の物など、和の季節を表すような物が多いかもしれません。

もし昔から愛用している香りがあったり「香りは素敵だけど付ける機会がない」というような香水があればそれを使って文香を手作りしてみましょう。

・文香の簡単な楽しみ方

ティッシュにお気に入りの香水をつけたら箱に入れ、そこにかわいい形に切った折り紙や和紙、厚紙の栞などをいれて香りを移すだけです。香りが移ったら手紙の中に忍ばせます。
受け取った人が便箋を開いた時、懐かしい香りやいい香りを感じてほっと心がなごむ演出です。香りを移す紙は自分で切ってもいいのですが、文具店などで季節の花などのモチーフに切り抜かれた和紙などが売られていますし、洒落たフレークシールなどが手軽に手に入るかもしれませんね。

この作り方の他にも香料を包んだ和紙や香りをつけた紙を外紙で包んだタイプの文香は「包み香」とも呼ばれ、お財布や名刺入れに入れておくという楽しみ方もあります。きれいな模様付きの紙でシンプルに包んでも素敵ですし、小さいサイズの折り紙でぽち袋を折ってその中に香料や香りを付けた紙を包むのも洒落ています。特にお花のような仕上がりになるぽち袋は見た目もかわいいので折り紙の本などをチェックしてみてはいかがでしょうか。
秋の夜長に音楽を聞きながらの文香作りも楽しいですよ。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

今再び注目されている万年筆の魅力とはー手書きすることの楽しさを改めて感じようー

今再び注目されている万年筆の魅力とはー手書きすることの楽しさを改めて感じようー

大切な人に想い馳せる時間を作りませんか?手紙のすすめ

大切な人に想い馳せる時間を作りませんか?手紙のすすめ

コメント

人気の記事

2020.07.10

栄養たっぷりの夏野菜『ゴーヤの魅力と苦みを消す方法』

2020.07.10

切ったあとは小さな子どもにおまかせできる『ピーマンの明太子和え』

2020.07.09

さっぱり身体に染み渡る『桃とシナモンの甘酒スムージー』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.08

朝の定番に食物繊維をプラスする 『大人の納豆ごはん』

2020.07.08

栄養満点 手軽さ満点。今だから作り伝えたい懐かしの『牛乳かん』

2020.07.08

素材で選ぼう『作り置きにぴったりな保存容器の種類』

2020.07.08

口当たりの良いだしを楽しむ 『かぶの簡単お吸い物』

2020.07.07

骨強化&夏バテ予防!『おかひじきと人参の新生姜そぼろ炒め』

2020.07.06

夏のお昼はこれでキマリ!『具沢山ぶっかけそうめん』

編集部おすすめ記事

2020.07.12

子どもに大人気!『茎ブロッコリーの肉巻き』

2020.07.10

心を無にして新たないっぽを『写経で静かに自分と向き合う』

2020.07.09

ちょっとの牛乳が味をまーるくしてくれる『たらもサラダ』

2020.07.09

「今ここ」の意識を100パーセント集中する『マインドフルネスのススメ』

2020.07.04

栄養たっぷり!旬のおかひじきを使った『おかひじきと豆腐のチャンプルー』

2020.07.03

家飲み・おつまみに最適!まるでレバーのような味わいの『黒豆と納豆のペースト』

2020.07.03

毎朝すっきりの秘訣とは? 1杯のお水で美腸ケア

2020.07.01

梅雨時期が一番美味しい!旬のイワシを召し上がれ『入梅鰯のクルクル揚げ』

2020.06.30

ごはんに合うおばんざい『ふっくら肉団子の甘酢あん』

2020.06.28

健胃、ダイエットにも!『キャベツとグレープフルーツのビューティージュース』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.16

スマホの動作が重い・熱いときは?『原因と改善方法でサクサクに』(iPhone/Android)その2

2020.06.04

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.06.13

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』