得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.09.27

気持ちに寄り添うお花を贈る『お見舞いのお花の選び方』

LINEで送る
Pocket

親しい人や身内が入院してしまい、お見舞いにお花を持って行きたいと思った時、知っておきたい注意点があります。無難なようで実はちょっとした心遣いが必要なお見舞いのお花、大切なポイントを押さえておきましょう。

そもそもお花はNG?

お見舞いにお花を選ぶには色々な理由があるかと思います。持ち込んだ食べ物はNGだから、現金を渡すと失礼になるから……お見舞いに何か持って行きたくても条件が色々とあり、喜ばれそうな物、失礼に当たらない物としてお花を選ばれるケースもあるのではないでしょうか。

ここでちょっと注意したいのが最近では病室に生花の持ち込みを禁止している病院が少なくないのです。
付き添いの人がこまめに来られない場合や、水換えや枯れた花の始末に困るケースや花粉など、諸事情がありますので事前に病院の窓口などに生花のお見舞いはOKかどうか確認してみましょう。また、入院がごく短期の場合もお花は避けた方が良いでしょう。すぐに自宅に帰るのに大げさ、と感じられたり花がきれいなままだと持ち帰るのに困ったりするケースもあるため。他にも、大部屋で長期入院されている方が多い場合、お見舞いがあまり来られない方がいらっしゃるとお花をもらった人が気まずい思いをするケースなどもあるかも…。

鉢植えと切り花は避け、柔らかい色合いの物を選ぶのがおすすめ

お花の持ち込みOKであった場合も、避けた方が良いものがあります。
鉢植えは「病が根付く」としてお見舞いに使ってはダメというのは有名ですが切り花も避けるようにします。花瓶の用意が必要である他、倒れた場合に水がこぼれてトラブルの原因となっても困るからです。花瓶付きのアレンジメントもありますが、自宅療養のお見舞いに持っていくのに向いたアイテムかもしれませんね。

また、香りが強く花粉がついたら取れない百合、葬式を連想させる菊などもNGといわれていますが、花屋さんにお見舞いの花である事を告げて相談すればそれらのお花は避けてもらえますので心配ありません。お花を買ってから長く移動するのは困る、という場合は病院の近くをチェックするとお花屋さんがある事も。大きな病院だと売店にアレンジメントが置かれている事もありますよ。

お見舞いのお花は柔らかい色合いの物がおすすめですが、ちょっと注意したいのが赤い花です。最近は赤いバラやカーネーションなどをアクセントにしたかわいいアレンジメントがお見舞い向きとして紹介されている事があるのですが、以前は血を連想させるのでNGとされていた事も。
入院されている方が大きな手術をされた場合などであれば避けた方が無難かもしれません。

プリザーブドフラワーやソープフラワーのアレンジメントも人気!

最近では水換え不要で世話が要らず、きれいで長持ちするプリザーブドフラワーのアレンジメントもお見舞いによく使われています。生花よりアレンジできる幅が広いので退院後もインテリアとして楽しめて人気なのだとか。プリザーブドフラワーは生花を加工した物ですが、最近はせっけんで作られたソープフラワーが使われる事もあるようですよ。ソープフラワーは長持ちしますし、ぱっと見た目が生花と見分けがつかない物も。生花はNGでもプリザーブドフラワーや造花であればOKという場合にも使われているようです。
造花のアレンジメントでは光触媒で空気を清浄にする作用を持つ物もありますので、状況に合わせて選んでみて下さいね。

注意したいのが、人によって考えが色々ありますので、造花や枯れないお花は鉢植えと同じような感覚で受け止められる場合もあります。また、贈ったのが一般的なマナーに則った生花であったとしても、病気の時は本人も家族もナーバスになっていますのでネガティヴな反応をされる事も。
お花を贈る時は、どんな気持ちでそれを選んだのか、辛い状況に寄り添う気持ち、病気の回復を願った言葉と共にカードを添えたり、言葉で直接伝えてみましょう。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

秋の全国交通安全運動!意外に知らない?『日常の交通ルール』

秋の全国交通安全運動 意外に知らない?交通に関する知識のあれこれ

秋の長雨で洗濯物が乾かない…!『生乾きの洗濯物の匂い対策』

秋の長雨で洗濯物が乾かない…!『生乾きの洗濯物の匂い対策』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』