知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

ファッション 2018.10.01

衣替えはどうして10月1日?『大切にしたい季節感のお話』

LINEで送る
Pocket

10月1日になると衣替えがやってきます。制服がある場合、多くは10月1日から冬服への切り替えになっているのではないでしょうか。実は衣替えという習慣は海外の多くの国では設定されていないため、日本に来て戸惑う外国の方も多いそうです。そんな衣替えはいつから始まったのでしょうか?

始まりは平安時代の宮中の決まり

実は衣替えの始まりは古く、平安時代頃まで遡ります。この頃の日本の朝廷は中国の習慣や文化を参考にして取り入れており、旧暦の4月1日と10月1日にそれぞれ夏服と冬服に替える「更衣」という決まりを設けました。ところが帝の衣類の世話をする女官の役職も「更衣」であり、後に帝の側室を兼ねる事が増えたため「衣替え」という風に呼び名が改められたそうです。

そして時代が進んでくると着物が発展して種類が増加し、裏地付きの物や中綿を入れたタイプの物が着られるようになってきます。そうなってくると衣替えは年に2回では対応できなくなってしまいました。そのため江戸時代は年に4回も衣替えの日が設定されていたのだとか。

4月1日は冬服から「袷(あわせ)」と呼ばれる裏地付きの物に替わり、5月5日から夏の「帷子」と呼ばれる一重の着物になり、9月1日に再び合わせになります。更に9月9日からは綿入れとなって翌年4月1日に再び袷に戻るのが一年の流れです。「四月一日」と書いて「わたぬき」と読む姓が存在しますが、それはこの衣替えから着ているそうですよ。

着物の時代は、季節ごとに着物をあつらえたのではなく、家庭で同じ着物の裏地を付けたり取ったりして仕立て直して着るのが普通でした。また、普段は丸洗いでも、しっかり洗う時は着物をほどいて布の状態にして板に貼り付けて干す「洗張(あらいばり)」という方法を取ったというので、その一切を担っていた家庭の主婦の労力たるや大変な物だったなあと感心してしまいますね。衣替えの度に多量の縫い物を抱えて途方に暮れた主婦の方もいたのかもしれませんね。

衣替えをしない事もある今。季節感を取り入れよう

鎌倉時代になると衣替えは衣服だけでなく調度品についても対象となりました。今でも古いお家なら夏用と冬用で異なる建具が残っている事もあります。ふすまを簾戸(すど)と呼ばれる風が通る仕様の物に取り替えたりするのをイメージしてもらうとわかりやすいかもしれませんね。

日本は夏と冬とで気温の変動が大きいので暮らしやすいようにと考えられた仕組みでもあるのですが、空調設備の発展している現代では利便性のために衣替えをしない家庭も増えています。近年の気候の変動から従来の「この時期にはこれを着る」という目安では生活し辛いこともあり、画一に衣替えを行う必要があるのか、という声が聞こえる事もあります。

ただ、それとは逆に防暑、防寒といった着る物が本来果たすべき用途についてあまり気にする事なく、デザイン重視なのか冬素材で作られた半袖やノースリーブ、夏でも汗を吸いにくい素材で洋服が作られて販売されている事も見かけるようになりましたね。

頑なに「ルールだから」と従来の習慣を守る必要はないと思いますが、季節や気候に合った服はどれがいいのか考えながら着る物を選ぶようにしたいもの。元々、日本では季節に合わせた装いを大事にしていました。
実際の気候に合わせながらも、季節には合わない色柄や素材は避けるというような、季節感を大切にした装いができることが現代の大人のおしゃれかもしれませんね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

着物初めてさんの知りたいコト『半襟は毎回洗うもの?知っておきたいお手入れ方法』

着物初めてさんの知りたいコト『半襟は毎回洗うもの?知っておきたいお手入れ方法』

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

手紙がまとう、ほのかな香り『文香で伝える、やすらぎのひと時』

気持ちに寄り添うお花を贈る『お見舞いのお花の選び方』

気持ちに寄り添うお花を贈る『お見舞いのお花の選び方』

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.09.27

韓国風に簡単アレンジ!『キムチ肉じゃが』

2019.09.20

濃厚しっとり!秋のおやつ『南瓜とクリームチーズのパウンドケーキ』

2019.09.19

【食育のコト】新米を楽しもう!

2019.09.11

子どもに伝えたい昔おやつ『牛乳かりんとう』

2019.09.10

簡単♪無添加の『手作り鮭フレーク』・『鮭と茗荷のちらし風混ぜご飯』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.27

低糖質でボリューム満点!『カリカリ高野豆腐と茄子の中華風』

2019.08.23

旬を味わう二層のゼリー『ぶどうサイダー&ミルクゼリー』

2019.08.20

思っているより簡単♪旬の太刀魚をさばいてみましょう

2019.08.20

冬瓜の使い切りレシピ♪ヘルシーな『冬瓜もち』&『冬瓜のボリューム焼き』

編集部おすすめ記事

2019.09.13

冷凍パイシートで作る 旬のおやつ『無花果とヨーグルトのパイ』

2019.09.06

里芋の皮むきはレンジで簡単!つるっと剥いて秋の味覚を楽しもう!

2019.08.15

【食育のコト】たまご料理を楽しもう!たまごの七変化

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

2019.07.21

ひと鍋で完成!栄養まるごと『スープカオマンガイ』

2019.07.16

うな重より気軽に作れる『うなぎご飯』

2019.07.13

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-6.こんな時なに食べる?夏に負けないからだのために-

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.02.12

白菜と椎茸入り!『餅入り巾着の含め煮』

2018.12.06

旨み成分たっぷり!冬野菜『知って得する白菜の栄養成分と保存方法・おすすめレシピ』

2019.09.24

使い回し抜群!香りを味わう『焼ききのこのおひたし』

2019.08.26

ネギ、玉ねぎ、らっきょう、ニラ、アスパラガス…特徴いろいろ『ユリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.06

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「さつまいも」の常備菜』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2015.08.08

部屋を彩る"緑"をおいた暮らし方『都内のおすすめ観葉植物店』をご紹介

2017.10.15

作り置き常備菜シリーズ『秋刀魚の梅煮』

2019.10.05

火を使わずにレンジでできる!作り置きに『万能牛ごぼう』