作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.10.06

ミックスした香菜とミントを添えて『エスニック風生姜焼き』

LINEで送る
Pocket

下味にナンプラーを加えた生姜焼き。
漬け込み時間不要、香菜とミントを混ぜた付け合わせと一緒に、
薄切りロースや切り落としの豚肉などで手軽にどうぞ。

 

『エスニック風生姜焼き』の材料(約1人分)

豚肉

4枚

(写真は薄切りロース(18g×4枚)使用。切り落としなどでも◎)
 

ごく少々

(下味用)

 
 

香菜(パクチー)

適宜

(写真は5g使用。三つ葉などでも代用可。)
 

ミント

適宜

(写真はペパーミント5g使用。)

 
 

A)

醤油

小さじ1

 

ナンプラー

小さじ1

 

日本酒

大さじ1杯半

(下味に大さじ1/2、合わせ調味料に大さじ1それぞれ分けて使用)
 

すりおろし生姜

小さじ1~2程度

 

レモン汁

小さじ1

(写真は絞る前のカットレモン)
 

(砂糖または本みりん お好みで(今回は入っていません))

 
 

大さじ1~2程度

(写真外・煮詰まり防止調整用)

 
 

食用油

適宜

 

『エスニック風生姜焼き』の作り方

1.香菜とミントはそれぞれさっと洗って水気を切り、香菜はそれぞれ葉と茎に分けて、茎は1cmくらいに、
 ミントもそれぞれ葉と茎に分けて、茎は細かく刻んでおく。(茎が固かったり、苦手な場合は葉っぱだけでも◎)
 それぞれカットしたら、香菜とミントを合わせて、乾燥しないようにラップなどしておく。




2.生姜は皮をむいて、すりおろしておく。

3.レモンも絞りやすい大きさにカットし、レモン汁も絞っておく。

4.A)の調味料を合わせておく。醤油にナンプラー、日本酒(大さじ1(残り1/2は作り方5.で使用))、すりおろし生姜、レモン汁の順に合わせてよく混ぜておく。(水は調整用なのでここでは加えないでおく)




5.豚肉に下味をつける。両面にさっと、ごく少量の塩をふり、日本酒(残り大さじ1/2)、あらかじめ合わせておいたA)を半量(残り半量は焼くときに使用)加えてまんべんなくなじませておく。




6.熱したフライパンに食用油を敷き、軽く両面を焼く(ここでは焼き目は付けなくてOK)。


7.あらかじめ混ぜておいたA)を半量~2/3程度加え、すぐに調整用の水を少量ずつ加える。
 (A)も水も一気に全部加えず蒸発される調味料の様子をみながら少しずつ加えていく)


8.裏面をひっくり返すと、たれがかかっていない箇所や薄い箇所があるので、その箇所中心に残り半量のA)を加えて同様に少量の水を加えながらさらに焼く。
 両面こんがり焼き目が付いたら火を止め、器に盛り付け、あらかじめ合わせておいた1.の香菜ミントをのせたら完成。

 

『エスニック風生姜焼き』のアレンジ


ごはん(写真はもち麦入りジャスミンライス)や2つ折り目玉焼きを添えてワンプレートごはんに。

 

材料(アレンジ):1人分

ご飯

約0.7~1合

(ご飯の種類はお好みで。雑穀米や玄米などでも◎)
 

1個

(写真はあらかじめ2つ折り目玉焼きにしたもの)

 

アレンジの作り方

熱したフライパンに食用油を敷き、卵を割り入れて、目玉焼きを作る。
ある程度火が通ったら、半分に折り、黄身がお好みの固さになったら完成。



     
 

『エスニック風生姜焼き』のポイント・コツ(共通)

・香菜が苦手な場合は三つ葉などで代用しても◎
・ミントの種類はお好みで。苦手な場合はバジルなどに変えても◎
・ハーブは和洋問わず自由に組み合わせてみてください。
・香菜もミントも乾燥しやすいので、カットしたらラップや蓋付き保存容器などで保管してください。
 (湿らせたキッチンペーパーをのせてからラップしても◎)
・下味用の塩はごく少量、塩分が気になるようでしたら不使用でも◎
・ナンプラーの塩味が強めなので、調味料を合わせる時と、焼く時に、
 それぞれ日本酒や調整用の水で味を調節してください。
・料理酒を使う場合は塩が入っているので醤油やナンプラーの量を加減してください。
・A)の調味たれは片面ずつ、半量から2/3程度分けて加えるとまんべんなく味付けができます。
・調味たれは豚肉の大きさ・厚さによって加減してください。
・煮詰まり防止用の水は様子を見ながら少量ずつ加えてください。
・盛り付けの際、カットレモンを添えて、食べる時にレモンをぎゅっと絞っても◎

 

『エスニック風生姜焼き』のアレンジレシピのポイント・コツ(アレンジ)

・ご飯の種類はお好みで。雑穀米、玄米などでも◎
・卵もお好みで。温泉卵・いり卵などでも◎

 
レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

前菜や洋風ごはんの付け合わせにも『いんげんミントマリネ』

前菜や洋風ごはんの付け合わせにも『いんげんミントマリネ』

自然な甘みと酸味『いちじくのラッシーとアレンジシャーベット』

自然な甘みと酸味『いちじくのラッシーとアレンジシャーベット』

スパイスがアクセント、ひんやりさっぱり仕上げ『きゅうりとキウイのライタ風』

スパイスがアクセント、ひんやりさっぱり仕上げ『きゅうりとキウイのライタ風』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』