知るコト知るコト
得するコト 2018.10.18

もうひとつのお月見行事「十三夜」

日本では月齢によって月の呼び方を変える習慣があります。月齢が満ちたまん丸い月を「満月」と呼んだり、満ち始めてちょうど半分になった月を弓に見立てて「上弦(じょうげん)」と呼んだりしますね。この他、月齢が新月から数えて三日の細い月を三日月と呼ぶように陰暦での新月からの日数で月を呼ぶ名前もたくさんあります。

「中秋の名月」の別名は「十五夜」ですね。秋の初めの満月を愛でる行事として今も親しまれています。最近では秋のお月見といえば旧暦8月15日の十五夜の事を指しますが、かつては十五夜の後にもう一度、「十三夜」と呼ばれるお月見が広く行われていました。この十三夜のお月見は、旧暦の9月13日で2018年は10月21日にあたります。

元々、十五夜のお月見は中国から入ってきた風習でしたが、お月見が行われるようになった平安時代には既に十三夜の宴が行われるようになっていたそうです。十三夜のお月見は醍醐天皇が旧暦9月13日にもお月見をした事から広まったという説が一般的のようです。『躬恒集 (みつねしゅう) 』という歌集に延喜19(919)年9月13日に清涼殿の前栽に作られた小川を眺めながら月見の宴が催された様子が記録されています。

現在では月を見上げても月齢がわかる人はなかなかいませんが、今のようなカレンダーがない時代は月の満ち欠けで暦を読んでいたので毎日の月の様子の違いをつぶさに目にしていたため、満月以外でもお月見にふさわしい月はどの日の月か、知り尽くしていたのかもしれませんね。十五夜を「中秋の名月」と呼ぶのに対し、十三夜は「後の名月」と呼ばれます。

十五夜と十三夜はどちらも見なければならないとされていた。

ちなみに秋のお月見は十五夜と十三夜、合わせて2回行う行事とされていて、十五夜のお月見をしたのに十三夜のお月見をしないのは「片見月(かたみづき)」と呼ばれ、縁起が悪いという言い伝えもあります。
ただし、これは神話のような謂れがあるわけではありません。一説には江戸時代の遊里で客寄せのために「2回あるお月見を一度しかしないなんて縁起でもないから次の月見にも来てほしい」というセールストークの常套句として作られたとも言われています。

お月見の内容としては十五夜とほぼおなじでススキとおだんごをお供えします。ただ、十五夜は里芋をお供えする地域もあり「芋名月」という異称がありますが十三夜は栗や大豆をお供えして「栗名月」や「豆名月」と呼ばれます。十三夜は露地物の栗や大豆の収穫が終わった頃合いなので里芋の後の収穫に感謝して二度目のお月見が自然と行われるようになった地域もあったかもしれませんね。そういう意味合いでも豊穣を祈る機会は一度より二度、という風に「片見月はよくない」とされたのかもしれません。

今ではお月見は季節を感じる風流な季節行事ですが、収穫祭の意味合いが強かった時代はこの日の天候で農耕の吉凶を占う風習もあったようです。「月見」というだけあって晴れると縁起が良いとされ、長野では十三夜に晴れると小麦が豊作になる、と言われていたそうです。

実は旧暦8月15日の十五夜は、十三夜に比べると雨が降ったり雲がかかったりで月を眺めるには少し早い、という説もあります。中国由来の行事なので日本の風土と時期的にちょっとずれている、という考え方です。十三夜に当たる時期の方が、秋が深まっているため遅い台風にも遭いにくく、空がより澄んで月がきれいに見え、十五夜より後の農作物の収穫が終わって祭りのタイミングとしてはこちらの方が良いとの事です。そう言われると確かに理に適っているようにも感じられます。

九州ではお正月に男正月と女正月があるように十五夜を「男名月」として十三夜は「女名月」と呼び、いつもは男性を立ててくれている女性を大切にするという風習もあったのだとか。農作業が落ち着いたタイミングでの感謝デーのような感じだったのかもしれませんね。

十五夜にお月見できた方はもちろん、十五夜にお月見ができなかった方も片見月の風習にとらわれず、きれいな月を眺めてみて下さい。

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』

"思わずにっこり!『プチプチ玄米の栗あんおはぎ』</p

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『昔の暦、月齢ごとの月の名前』〜長月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『よく目にする「秋の言葉」その意味を知っていますか?』〜神無月の暮らし〜

日本の暮らしの言葉『よく目にする「秋の言葉」その意味を知っていますか?』〜神無月の暮らし〜

コメント

人気の記事

2021.03.07

ねぎたっぷり『万能!香味だれ』

2021.03.07

乳・卵フリー『桜と抹茶のスノーボール』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2021.03.03

レンジで簡単!ひなまつりにも『いちごミルクプリン』

2021.03.01

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2021.02.27

ピンクが可愛い春のお菓子『苺ミルクココナッツマフィン』

2021.02.26

カニを丸ごと!贅沢おうちごはん『カニ飯』と『カニ汁』

2021.02.25

今が旬!『塩麴入り山芋ふわとろカキオコ』

2021.02.24

時間がある時に半調理、甘いトマトがチキンに絡む『グリルチキンのトマトソースがけ』

編集部おすすめ記事

2021.03.07

食べるだけで腸活&エネルギ―補給もできちゃう『簡単甘酒ピクルス』

2021.03.06

【七十二侯のコト】第七侯「蟄虫啓戸」

2021.03.05

簡単!ふわふわ!栄養たっぷりな『納豆焼き』

2021.03.05

新鮮な魚をおいしく豪快に!『カンパチのごま醤油和え』と『漁師丼』

2021.03.04

ふんわり香る『桜のシフォンケーキ』

2021.03.03

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2021.03.03

「一人の人と添い遂げられるように」の願いを込めて。はまぐりを自宅で味わおう

2021.03.02

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2021.03.02

春を呼ぶ野菜、かき菜を美味しく手軽に食べよう『かき菜のペペロン炒め』

2021.03.01

【七十二侯のコト】第六侯「草木萌動」

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.07.03

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類