知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

食材 2018.10.26

栄養がいっぱいの旬果物!秋から冬にむけて健康を助けてくれる柿の話

LINEで送る
Pocket

秋のフルーツの中でも日本らしいイメージがあるのが柿ではないでしょうか。
柿は中国が原産の果物ですが奈良時代頃既に日本では栽培して果実を食べる習慣がありました。柿は中国、日本以外にもアメリカにもありますが基本はいわゆる「渋柿」でそのまま生食できる「甘柿」は日本で生まれた突然変異種なのだとか。
そんな日本の柿は種子島からヨーロッパへ伝えられ、現代でもスペインなどで栽培されているのですがご当地独自の名前はなく、なんと「kaki」と日本語のままの名前で呼ばれています。ちなみにヨーロッパでは生をカットしていただくより崩れそうなほどに熟したいわゆる「完熟柿(ずくし/じゅくしがき))にしてスプーンですくったりシャーベットにしたりして食べるのがポピュラーのようです。

栄養豊富なフルーツ。これから流行る風邪への対策にも

柿はビタミンを豊富に含み、ビタミンCやビタミンAとなるβカロテンを豊富に含んでいます。ビタミンCはみかんのおよそ二倍程度も含まれています。そのため「柿が赤くなると医者が青くなる」という言葉もあるのだとか。(りんごやトマトでも同じような言い方をしますが、元々は少し違う言い回しで意味が似ている外国の言葉を柿のことわざにあてはめたという説があります)

また、干し柿にするとビタミンCは損なわれますが逆にβカロテンが凝縮されるので、乾燥しがちな季節に粘膜を守る効果があるビタミンAを補給してくれます。生の柿は熟れすぎると腐ってしまいますが干し柿にすると甘くおいしくなる上に日持ちしますのでかつての日本では盛んに庭に柿の木が植えられ、干し柿が作られました。冬の保存食兼おいしいおやつとして愛された食べ物です。
干し柿は刻んで大根のなますに加えたりしておかずの材料としても親しまれて来ました。郷土料理になっている事も多いので今もおばあちゃんの味として味わっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

甘柿と渋柿の違いはタンニンの状態の違い

ちなみに干し柿の原料とするのは通常渋柿です。元々中国から渡ってきたのも渋柿でした。甘柿は渋柿の突然変異と考えられていますが、具体的にどこが違うのでしょうか。

この2つの味の違いを生み出すのは渋の状態です。実は甘柿にも渋柿と同程度の柿渋が含まれています。甘柿に含まれる渋は水分に溶けないのですが渋柿の物は水分に溶けるため、口に含むと渋の成分である「タンニン」が口の中で体のタンパク質と反応してきゅっと縮むような収れん効果を起こすのです。柿の渋みは味というより感覚が引き起こしている違和感と言っていいかもしれません。タンニンは干し柿にする以外にも焼酎に浸けたりする事で「渋抜き」できるので一手間かける事で渋柿もおいしく食べる事ができます。

体に良い効果のある柿渋の「タンニン」 でも、貧血のある人は注意


タンニンはポリフェノールの仲間で体にとって良い効果もあります。例えばお酒を飲んだ時に柿を一緒に食べるとアルコールの分解を助ける働きがあるので二日酔いしにくくなります。また、抗酸化作用があるので活性酸素の除去にも役立ちます。ビタミンが豊富な事と合わせてアンチエイジング効果の期待できるフルーツと言えます。

ただし、タンニンは鉄分と結びついて体外に排出する効果もあるので貧血の人は過食しないよう注意が必要です。過剰に心配する必要はありませんが一日に二個程度が摂取量の目安となります。

また、干し柿についても食べ過ぎには注意が必要です。あまくておいしく、ドライフルーツなので繊維質の摂取もできるのでダイエット中のおやつに良さそうですが意外にカロリーは高く、大体干し柿二個でご飯茶碗一杯分くらいのカロリーになります。また、干し柿はタンニンが凝縮されているので貧血はもとより、胃腸の働きを鈍らせてしまう事も。腸の動きが悪くて便秘になりやすい人は食べるのを控えた方が良いかもしれません。

栄養がぎゅっと詰まっている分、食べ過ぎには注意が必要ですが秋から冬に向けての栄養補給にぴったりの果物です。固めをサックリ、それともトロトロの熟した果実をスプーンで食べるなど楽しみ方の多いフルーツでもあります。ぜひおいしい柿で風邪に備えてくださいね。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

あっという間にできちゃう簡単おつまみ『干し柿ナッツ』

あっという間にできちゃう簡単おつまみ『干し柿ナッツ』

パッと食卓が華やかになる。おしゃれな『柿とクレソンのサラダ』

パッと食卓が華やかになる。おしゃれな『柿とクレソンのサラダ』

日本の季節の手仕事『発酵を促すだけの柿酢作り』

日本の季節の手仕事『発酵を促すだけの柿酢作り』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.04.01

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 32 よもぎ』

2019.03.30

美肌効果やダイエットにも!『3種のフルーツビネガー(りんご・バナナ・レモン)』  

2019.03.27

フライパンで作ろう『なめらか蒸しプリン』

2019.03.24

鶏もも肉1枚で2品!『春野菜活用レシピ』

2019.03.24

旬食材『春の山菜』扱いを知っておいしく食べよう

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.20

おうちでお手軽保存食『キウイジャム』

2019.03.16

花粉症がつらい時期。症状を和らげる食べ物ってなんだろう

2019.03.14

冷凍パイシートで簡単!おうちパン屋さん『苺のカスタードデニッシュ』

2019.03.08

旬の春野菜を食べよう『うどの下ごしらえ』

編集部おすすめ記事

2019.03.25

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 31 我が町愛』

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『30 花笑う、山笑う』

2019.03.17

おうちで手づくり『基本のシュウマイ』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』