得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.10.27

旬の食材「レンコン」栄養と味わいについて

LINEで送る
Pocket

レンコンは調理方法で歯ごたえや味わいが変わる野菜です。切り口はレースのお花のようで可愛いですね。レンコンは今では年中収穫されるようになりましたが旬は秋の終わりから冬です。これからおいしくなるレンコンについてご紹介します。

レンコンを食べるのは中国と日本だけ?!


蓮の原産地はインドですが、遺跡から発見された種子が発見され、2000年を越えて発芽した大賀ハスの存在によって縄文時代頃には日本で自生していたとも言われています。
蓮は仏教とも関わり深い植物であるため、中国からも花蓮が伝えられ、最初は鑑賞用の植物として栽培されていたようです。食材としては10世紀頃から食べられるようになったのだとか。中国では蓮の葉、花、種も薬用としますがレンコンを食べるのは日本と中国の一部のみです。切り口の様子から「先が見通せる」としてお正月の縁起食材として欠かせない野菜の一つです。

栄養豊富なレンコン。主成分が何か知っていますか?


レンコンの栄養成分と聞かれて何をイメージされるでしょうか?レンコンは蓮の地下茎に当たる部分です。地下茎を食べる野菜でメジャーな物にじゃがいもがありますが、レンコンもじゃがいもと同様に主成分は糖質(デンプン)となります。レンコンは糖質の他にもムチン質という成分を含むので粘り気がある独特の歯ざわりとなります。
また、レンコンはじゃがいもと同じように熱で壊れにくいビタミンCを多く含んでいます。この他には食物繊維も多く、貧血に効果のあるビタミンB12も含んでいます。

こんな時に食べたい、レンコン。

レンコンの含む様々な成分は体のトラブルの時に助けてくれます。

●肌荒れした時

肌を整える効果のあるビタミンCが多く含まれています。また、食物繊維も含むので便秘由来の肌トラブルに効果が期待できます。

●風邪の予防

肌荒れと同様にビタミンCが風邪をひきにくくしてくれます。

●胃もたれなど消化器官をいたわりたい時に

レンコンが含むムチンはオクラなどのネバネバと同じ成分で、胃壁を保護する効果があります。また、タンパク質の分解を助けてくれるので胃もたれで弱っている時におすすめの食材です。

在来種と中国種。産地で違うレンコンの形状と栽培方法

ちなみに国内で栽培されるレンコンは明治時代に中国種が導入されてからそちらが主流となりました。それまでからあったレンコンは在来種と呼ばれていますが、元はそちらも鎌倉時代に中国から食用として導入された物です。

在来種は細長く、粘りが強いのが特徴です。明治以後に導入された中国種は太めで収穫量が多いのが特徴です。在来種の産地は徳島などで小型のユンボで表土を剥ぎ取った後、手で掘り出すのに対して中国種は地下水をポンプで吸い上げて水圧を利用して掘り進めます。
浅い位置にできるので掘り出しやすく、病気に強くてたくさん収穫できるのが強みです。

在来種は柔らかく味が良く、糸をよく引くのはこちらです。
石川県で栽培されている加賀野菜の加賀レンコンは在来種となります。

シャキシャキ、ホクホク。同じ野菜なのに変わる食感


レンコンの味わいの特徴として、調理法で食感が大きく変わる事が挙げられます。スライスした物はパリパリ、シヤクシャク、という歯切れの良い噛みごたえですが、煮物にするとホクホク、すりおろして加熱した物はモチモチと、繊維の状態で味わいが全く異なります。

また、酢水に晒すかどうかでも味わいが変化します。酢水にさらして色止めするとシャキシキした歯ごたえがより強調されますが酢水にさらさないとモチモチよりの歯ごたえになります。

ちなみに、レンコンを鉄鍋で調理するとレンコンに含まれるタンニンと鉄分が反応してしまうのでレンコンが藍色(濃いグレー)に変色してしまいます
きんぴらを作る時は鉄のフライパンではなくテフロンのフライパンやステンレスの鍋などで調理するのがおすすめですよ。

調理法で変わる食感を楽しみながら、これから旬を迎えるレンコンを味わってみてくださいね。

 

文/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

香菜でも三つ葉でもお好みで『れんこんとごぼうと豚ひき肉のピリ辛ご飯』

香菜でも三つ葉でもお好みで『れんこんとごぼうと豚ひき肉のピリ辛ご飯』

柚子胡椒をアクセントに『ごぼうとれんこんの和ピクルス』

柚子胡椒をアクセントに『ごぼうとれんこんの和ピクルス』

もっちり食感と甘辛ダレがあと引くおいしさ!『れんこんもちの磯辺焼き』

もっちり食感と甘辛ダレがあと引くおいしさ!『れんこんもちの磯辺焼き』

 

 

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

帰省のお土産に!プレーン、抹茶、アールグレイ『三種のふわふわマドレーヌ』

2019.08.08

おうちカフェを楽しもう!簡単『ゼリー・カフェオレ』

2019.08.08

あと一品に超便利!さっと作れる『人参のゴマナムル』

2019.08.06

まるごと調理で美味しく健康に!『枝豆の包み焼き』&『枝豆のポタージュ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.08.01

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.08.01

【食育のコト】子どもとチャレンジ!初めてのクッキング

2019.08.01

今年こそチャレンジ!季節の梅仕事『梅味噌』

編集部おすすめ記事

2019.08.11

素麺にも煮物にも◎長期保存できる『万能だし』

2019.08.09

栄養たっぷり!普段の暮らしに取り入れたい『ケノコト編集部おすすめ「い草」レシピ』

2019.08.09

コーチングのプロが教える『子どもが自ら考え、行動できるようになる声かけの秘訣』

2019.08.05

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.08.04

夏バテ知らず!『夏野菜のラタトゥイユ』

2019.08.03

のどが痛いと感じたら。まるごと使いたくなる『金柑』がもつ秘密ゴト

2019.08.03

ズボラな私でも続く『朝ごはんから素敵な1日を始めるためのヒント』

2019.08.03

作り置き常備菜シリーズ『レモン酢シロップ』

2019.08.01

ホットケーキミックスで簡単に もっちり食感『まるでチーズなヨーグルトケーキ』

2019.07.23

二十四節気の暮らし方『大暑』暑さに疲れた体を労る食べ物と飲み物

月間人気記事

2019.07.25

夏バテ予防に『知って得するみょうがの成分と保存方法』

2016.06.28

ハマる人続出!『奥が深〜い個性派植物の世界』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.17

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2019.08.07

実は種類が多い!『知って得するししとうの成分と保存方法』

2017.04.10

保存食のある暮らし~週末につくりおき、大人も子供もみんな大好き!!『チキンライスのもと』

2017.08.18

編集部おすすめ『週に1度の作り置き「アボカド」の常備菜』

2017.02.18

『ファッション業界のお仕事を知る』〜パーソナルスタイリストさんのお話し〜

2017.04.24

保存食のある暮らし~レンジで簡単!!爽やかな香りの『しそ鶏ハム』