知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.11.02

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

LINEで送る
Pocket

毎年、年の初めに目標を立てているものの、年末が近づく時期になり、達成できていない項目の多さに愕然とすることはありませんか。子育てや仕事が忙しくても、自分の夢や目標を叶えていくことはできますし、何かを達成する喜びを親子で味わうことができたら素晴らしいと思いませんか。

近年、教育界でも注目を集めている非認知能力のひとつに『Grit(やり抜く力)』があります。Gritは「長期的な目標に向けた情熱や忍耐力」と定義され、IQとは関連のない要素であると考えられています。何かをやり抜く経験は、子どもの自信や自己肯定感を育むことにつながります。今回は子どもの『やり抜く力』を育てる、親としての声かけや環境づくりについてご紹介します。

1.子どもだけにチャレンジさせるのではなく、親も一緒に何かにチャレンジする!

子どもの『やり抜く力』を育む環境づくりに欠かせないことは、子どもにだけに何かをさせるのではなく、親自身も常に何かにチャレンジするという姿勢が大切です。例えば、子どもに「勉強しなさい」「一度決めたら最後までやりなさい」といくら言っても、親自身が何かを学ぶ姿勢がなく、途中で簡単にあきらめるような行動をしていたら、子どもはすぐに真似をします。子どもは親の発した言葉よりも、親のやっていることから学んでいくからです。

お子さんに夢や目標をもってチャレンジしてほしいなと思っているならば、あなた自身も夢や目標を持ち、お子さんにとっての良きロールモデルになってみてはいかがですか。親が何かに挑戦している環境は、子どもにとっても心強く、ひとりではくじけそうになることも、最後までやり抜いてみようという気持ちになります。

2.チャレンジする内容は、子どもが決める!

『やり抜く力』を育むためには、どんなことでも構いませんので、チャレンジする内容を決める作業が必要です。お子さんが好きなことや興味関心を持っていることを掘り下げて、何に挑戦するのかを決めるお手伝いをしましょう。経験の少ない子どもにとっては、どんなチャレンジがあるのか、興味の範囲を広げてあげることは大切ですが、何に挑戦するのかは親が決めるのではなく、子ども自身に決めさせることが重要です。興味がないことを子どもがやり抜くのは難しく、うまくいかない場合には親や他人の責任にすることもあります。

逆に子どもが自分でやりたいと思って挑戦したことは、最後までやり抜く可能性が高くなります。また、最終的にうまくいかなかったとしても、そこから何かを学び、成長することができます。

3.目標設定は「ぐ・た・い・て・き」に!

チェレンジすることが決まったら、それを実現させるために目標を立てます。目標設定をするときに重要なポイントは、細分化し、具体的な行動レベルに落とし込むことです。

何かを学びたい、チェレンジしたいと思っていても、なかなか実現できないのは、目標が明確でなかったり、スモールステップとなる行動ではなかったりするからです。例えば、英語力を身につけたい思っているなら、『読む・書く・聞く・話す』というように4つのスキルに分け、それぞれのスキルを身につけるために、すぐに子どもが行動に移せるような具体的な目標を考えるようにしていきます。目標設定するときは、ぐ(具体的にすぐ行動できる)、た(努力すれば達成可能である)、い(意欲的に取り組めるもの)、て(適切なもの)、き(期限を設ける)の5つを意識し、お子さんと一緒に考えることをおすすめします。

そして、計画をたて実際に行動したら、すぐにやったことをふりかえる習慣をつけると良いですね。自分の行動がどうだったのかを検証し、計画の改善ができるので、子どもが目標に向かってやり抜く経験を積み上げやすくなります。

4.親の声かけ次第で、子どもが変わる!

親の言葉は子どもにとって想像以上に影響力があります。ネガティブな声かけや、人と比べた評価、人格を否定するような発言はNGです。親が発する声かけ次第で子どもの気持ちは変わります。例えば、最後までやり抜くことができなかったときに「飽きっぽくて最後までできないのね」と言われるとやる気が低下します。「今回はここまではできたね。いろいろなことに興味があるけれど、次は少し内容を絞ろうね」というように、ネガティブワードではなく、ポジティブワードで話すようにしましょう。

姉妹でくらべて「〇〇ちゃんはできたのに、なんであなたはできないの!」と言われたら悲しい気持ちになりますよね。「前回(の自分)と比べてどうだったと思う?」というように、人と比べるのではなく、自分のパフォーマンスと比べてどうであったのかを考えさせる声かけを心がけましょう。もし、うまくできなかったとしても「こんなことも簡単なこともできないの!ダメな子ね」と言うのではなく、「うまくいくときにやっていることと、うまくいかないときにやっていることって何が違うのかな」というように、人格を否定するのではなく、行動に焦点があたるような声かけをすると効果的です。

今回は、子どもの『やり抜く力』を育てるというテーマをご紹介しました。
ぜひ、親子でやり抜く経験を積み上げる時間を楽しんでください。

文/プロフェッショナルコーチ 齋藤みずほ
ホームページはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

親力アップ!『子どものやる気を引き出すコーチング』

親力アップ!『子どものやる気を引き出すコーチング』

親力アップ『子どものストレスを早めにキャッチする』

親力アップ『子どものストレスを早めにキャッチする』

イライラ感情は自分次第!親が学ぶ『セルフコントロール術』

イライラ感情は自分次第!親が学ぶ『セルフコントロール術』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

2019.01.07

作り置き常備菜シリーズ『ゴロゴロおかず豚』

2019.01.07

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『24 家族が大事ってことは、自分も大事ってこと』

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.27

台所育児エッセイ 「暮らしに恋して」『23 生命力が武器なのか!』

2018.12.23

材料4つ。シンプルで華やか『レモン大根』

2018.12.12

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

2018.11.30

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

2019.01.07

一年で一番寒い時期の始まり『小寒』気軽に「寒仕込み」を楽しもう

2018.12.28

旬食材『鱈』ー鮮度が命の厳寒の海の幸。古くは縁起物でハレの日のごちそう ー

2018.12.27

鉛筆を正しく使えるようになるために『指先を鍛える』

2018.12.25

旬の大根で作る簡単晩ご飯『豚バラのみぞれ煮』

2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

2018.11.27

大きなツリーは飾れない!コンパクトに飾れる『おしゃれで可愛いミニツリー』

2018.11.22

【新連載】『第1話 山型食パン』akari’s life style

月間人気記事

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.03.05

大麦ともち麦って違うの?『知られざる麦のチカラ』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』