知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

暮らし・スローライフ 2018.11.05

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『18 育児終了』

LINEで送る
Pocket

私自身が一部分だけでは全体を想像する思考が欠け落ちているからだろう。
出来ないところは寄り添えばよいと考えて、なんでも1~10まで任せてみたい。
こどもの年齢はあまり考えない。

1~10の行程の中の2と6なら年相応の作業だから任せる、というのは「お手伝い」を「頼む」という感覚になる。私の都合とも思う。大事を成し遂げる術として、その事に見合う必要な効率化を求め分担するのとは別で、小さなことひとつひとつを自分で達成したいと多くの人は生まれながらに感じているのだ。こどもとの暮らしというのは「本能」や「潜在意識」といったことに図らずも触れ、目の当たりにする日々である。

兼ねてから台所や食卓こそ暮らしの基盤と考えているので、1~10任せるというは私の場合料理のことを指すことが多い。料理といっても私が子供に遺したいのは「彩りと栄養を考慮した献立が作れるようになる」ことではない。目の前にあるものに感謝し慎ましく戴くこと、自分の心身に目を向け食を考え選ぶことだ。

そうして辿り着くのはやはり、味噌汁とご飯なのだ。都合よく手に入れば季節の野菜を漬けたり和えたりして添える。おかずが添えらることは常ではないという感覚を家族皆の共通の認識とし、添えられた喜びを感じる心持ちでありたいのだ。おすそわけの実りが水菓子として食卓に並んだことを共に喜びと感じられる我が家族ってなんて幸せなのだろう。机いっぱいに何個も器が並ぶことも、買い物や作り置きに追われることもない。食と向き合う心持ち次第で、穏やかな暮らしが巡り出す。

精米して浸水している間に、精米時にとれた糠を出汁殻と炒ってふりかけにする。炊飯する間に味噌汁を作る。この1~10が、わが子達は日々のこととして身についた。それはある種、子育ての完了である。親がいなくても穏やかに生きる術がそこに凝縮されている。年齢や状況により、例えば包丁が不馴れなら味噌汁の具は人参や大根をピーラーで剥いて。手で舞茸を裂いたっていい。出汁をひいた味噌汁でなくとも充分美味しくて幸せと感じられる心があればなにも問題ではない。

作り置きは常温で長期保存できるようなものを一緒に作る。糠ふりかけには梅酢を使い、手前味噌の味噌汁だ。自分達が施したものが自然の摂理により美味しく変化する気付き。手前味噌を作ったのは私、ではなく、自然界の力の『お陰様』なのだ。なんの宗教にも属さないが、太陽や大地、まわりの全てに感謝して生きてほしいから。

時短、時短と言うけれど。

米や野菜を育ててくださるかたがいて自分は買い求める立場にあり、例えば豆腐を買うなどの行為も然りで。自給自足していないことに目を向けたら、私は本当に毎日楽をさせてもらっていて。普段から白い米が口に入るまでを想像し、時に田んぼや畑、伝統調味料が作られる蔵に家族揃って足を運び話を伺うことで共通の認識で台所に立つ。私一人がエコだエシカルだなんて躍起になっても意味を持たない。勿体ないから残さず食べなさいなどという言葉かけも我が家にはない。寒い冬、手を真っ赤にして大根の泥を洗い落とす農家の方の姿を想う。勿体ないから葉や皮も食べるのではない。味わい尽くせる幸せに目を向け、笑顔で食卓を囲めることは何物にも代えがたいと思うべき時間であり、また意識せずとも感謝の気持ちが湧いて止まない。

私は「私なんか」というのが口癖で、親という立場にありながら自己を肯定出来ないことは正しくないとは思うのだが、やはり私が出来ることなんてちっぽけなのだ。そしてこの感覚で間違いではないとも思っている。だから私は子供にも多くを望まない。

最高の子育てというのはおそらく切りがない。何が正解かが親にも分からず途方に暮れはしないか。

「もう、我が子に最低限の生きていく術というバトンは託せた。」そう思える私は、とても幸せである。

 

記事/みつはしあやこ

家時間好き4児の母。台所育児エッセイ「暮らしに恋して」を執筆。子育てのゴールは親がいなくても生き抜く力を育むこと=自炊という信念。仕事は暮らし関連全般で多岐に渡るが一応料理家、「和食育こころ」主宰。誰でも簡単に作り置きできるおやつの著書もある。心地よく巡る暮らしの工夫をインスタグラムで毎日更新中。
Instagram
みつはしあやこHP
こころ

その他のおすすめ記事

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『15 忙しい忙しい』

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『15 忙しい忙しい』

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『16 へたくそ、てきとう。』

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『16 へたくそ、てきとう。』

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『17 10月としあわせの話』

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『17 10月としあわせの話』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』