知るコト知るコト
家のコト 2018.11.08

知っていると便利!『洗濯物のゴワゴワを防ぐコツ』

洗濯物がゴワゴワする!といった経験はありませんか?新しいタオルはフワフワだったけれど、何度か洗濯しているうちにゴワゴワになってしまった、柔軟剤を入れているのになんで?ということ、ありますよね。そこで今回は、洗濯物のゴワゴワを防ぐコツをご紹介します。

ゴワゴワの原因1.ドラム式洗濯機

ドラム式の洗濯機は少量の水で叩き洗いをして洗濯していますが、この叩き洗いがゴワゴワにする原因になっています。特にタオルはタオルの繊維であるパイルが寝てしまうとゴワゴワになってしまいます。

叩き洗いをすると当然パイルは寝てしまいますし、水も少量なので繊維が泳いで立ち上がることもありません。ですからドラム式の洗濯機はゴワゴワになってしまいやすいのです。

ゴワゴワの原因2.タオルに柔軟剤

洗濯物をフワフワにしてくれるはずの柔軟剤がゴワゴワの原因になるなんて!と驚きませんでしたか?柔軟剤は衣類の繊維を滑らかにしてくれるものです。タオルはパイルが立っていることでフワフワになるので、柔軟剤を使ってもあまり効果は無いんです。それどころかパイルが抜けやすくなったり、水を吸いにくくなったりすることもあります。タオルは別にして洗う方がおすすめです。

ゴワゴワを防ぐコツ1.洗剤の量

洗剤を目分量で適当に入れていたり、多く入れすぎたりしてはいませんか?少なすぎても汚れは落ちませんが、たくさん入れてもよりきれいになることはなく、水に溶ける量も限度があるのですすぎ切れず、衣類に洗剤が残ってしまい、黒ずみやゴワゴワの原因になることもあります。洗剤の量はしっかり量って適量を守り使用しましょう。

ゴワゴワを防ぐコツ2.タオルの洗い方

タオルをフワフワにするコツはパイルだと紹介しましたが、洗い方を工夫するとパイルが立ちます。まずは柔軟剤を使用する回数を減らすこと。特に新しいタオルに柔軟剤は必要ありません。10回に一度くらいの頻度で柔軟剤を使うと良いでしょう。

すすぎの際にクエン酸を使うのも効果的です。40~50リットルの水に対して小さじ1杯程度入れます。

洗剤を中和してくれるのでフワフワになりますよ。

ゴワゴワを防ぐコツ3.タオルの干し方

脱水が終わったタオルはできるだけ早く干します。タオルを干す時は、タオルの端を持ち、パタパタと大きく20回程度振ると、空気を含んでパイルが柔らかくなります。少し面倒に感じるかもしれませんが、この一手間がフワフワになるコツです。

さらに、日光は繊維を固くしてしまうので、できれば日陰の風通しの良い場所に干しましょう。また、乾燥機にかけて乾燥させると、回転していることでループが立ち、フワフワになりますよ。

ゴワゴワを防ぐコツ4.洗濯の仕方

洗濯機を回す時に、衣類をたくさん詰めていませんか?衣類をたくさん詰め込まず、洗濯槽に余裕を持った量を入れましょう。詰め込み過ぎると衣類同士が擦れて傷んでしまいます。タオルは擦れることでパイルが寝てしまします。

更にたくさんの水で洗うことで、衣類同士が絡まらず、擦れないので傷みにくくなります。ドラム式洗濯機で洗うときには、洗濯ネットに入れて洗うことで予防できます。簡単にできるので試したいですね。

おわりに

いかがでしたか?ゴワゴワになる原因はたくさんあるんですね。柔軟剤が原因になっていたなんて、意外で驚きました。調べてみるとフワフワにするコツも簡単で少し気を付ければできそうなものばかりです。

衣類やタオルは肌に直接触れるものですから、ちょっとしたコツで工夫して気持ち良く使いたいですよね。是非参考にしてください。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

知っているのといないのとでは大違い!『洗濯物を干す一番良い時間帯』

知っているのといないのとでは大違い!『洗濯物を干す一番良い時間帯』

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策

白い汚れもスッキリきれい!『覚えておきたいフローリング掃除のコツ』

白い汚れもスッキリきれい!『覚えておきたいフローリング掃除のコツ』

コメント

人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2017.05.25

作り置き調味料『万能!かけるニラ醤油』

2018.06.13

料理によって使い分け!とろっと食欲そそる『とろみ素材』の特徴と原材料

2016.12.14

部屋も体もすっきりと『寒い日こそしたい、ぞうきんがけのコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2017.06.10

傷んだ髪がよみがえる?『手作りオリーブオイルシャンプーでヘアケア』