知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.11.16

発達・育児相談室から『工夫を楽しもう~』

LINEで送る
Pocket

あれよ、あれよという間に今年ももう終盤。なんて日々が早く過ぎるのだろうとため息が漏れてしまいます。年末の世間の浮かれ模様に、子どもたちも浮足立ってしまって、相談室にも落ち着かない親子の相談がたえません。でも仕方ないよね…それが年末ですもの。
そんな中、「先生、私最近、すごく楽しくって。」というA君のお母さん。今月は、このA君のお母さんのストーリーをみなさんにシェアしたいと思います。

涙、涙の初回面談

A君のお母さんが相談室にいらしたのは、A君が小学校3年生のときです。「何度言っても聞いていない」「外で言うことをきかない」「でかけると必ずケンカになる」お母さんのA君への不満は途切れることなく続き、最後は「どこか施設に預けたい」と泣きながら訴えるまでに。どれだけ、辛かったのでしょう。  

いえいえ、辛かったのはお母さんだけではありません。もちろん、A君も。A君は冷静に「僕とママは相性が合わない。僕の天国は学校のトイレだけだ。」と私に言います。

この日から、このお互い通じ合えない、でも顔のそっくりな親子の橋渡しに私は任命されたのでした。

理解する

私はまず、A君のアセスメントから始めました。認知のテストをしたり、いろんなことについて話をしたり。すると、A君は言語力が高くて、でも刺激(音、におい、混雑)に弱く、視覚による情報処理が苦手なことがわかりました。お母さんには自分の生い立ちや性格を話していただいて、お母さん自身について見つめなおす時間をもってもらいました。すると、わかったことがたくさん!お母さんは、どちらかというと周囲に対して気が利いて、チャキチャキと事を処理するタイプ。「ついておいで!」という姉御肌で、声も大きい!

特性上、刺激に敏感なA君にしてみれば、もうお母さんこそが刺激。みなさんも、テレビの音量が大きすぎると、何を言ってるのか返って頭に入ってこないように、感情が高ぶった大きな声で何かを言われても、A君の脳には何も届いていないのです。それに、周りをみて状況を理解するのが得意でないA君にとって「そんなこと言わなくてもわかるでしょ!」「いいから、ついておいで!」という対応は理解しがたく、納得のいかないものだったでしょう。

思いを馳せる

理解をした後は、思いを馳せるときです。A君の特性を話した時、お母さんは「子育て、もう一回やり直せますか?」と私に聞きました。もちろん答えは「YES!」です。このあとはA君も交えて三人で、いろんなことを話しました。A君から「話をするときは、話があるんだけど…と最初に言ってほしい」「「そんなこともわからないの!?」と言うのはやめてほしい」「スーパーに買い物に一緒に行くのは勘弁!(恐らく匂いもキツイし、目から入る光や人の多さなどの刺激が辛いのでしょう)」というナルホド!なお願いもありました。

工夫を楽しむ!

そして今、A君のお母さんは日々が楽しいそうです。話をよく聞いてみると、お母さんがA君の特性を踏まえた上で考えた工夫や配慮が、ピタっとはまってA君との時間を心地よく過ごせることが本当に楽しくて嬉しいとのこと。

例えば、以前は何かのついでのように「今日学校どうだった?」と聞いても、不機嫌な顔をするだけで何も答えないA君にイラっとしていたけれど、もしかして聞き方が悪かったのかもしれないと思いを馳せて、学校から帰ってからすぐを「おやつタイム」にして、そこで「今日の休み時間は何をしたの?」と具体的に聞いたら、たくさん話してくれるようになりました!とか、以前は外食をすると決まって、お互いイライラでケンカになったのですが、もしかして刺激のせいかもしれない…と思いを馳せて、フードコートやうるさいレストランでなく、落ち着いた個室のような仕切りのあるレストランに行ってみたら、笑顔で過ごせた!とか…。

うまくいくことばかりではないけれど、思いを馳せて行動に移すことで見える変化が楽しいそうです。

どの子にもどの親子にも、それぞれの工夫や配慮があります。師走を前に、なんだかお子さんと上手くいかないなぁという思いがあったら、ぜひ、まずは少し離れてお子さんを観察し、理解し、その行動に思いを馳せてみてください。それができたら、あとは工夫と変化を楽しむ!工夫がピタっとはまった時の喜びをぜひたくさんのママに体験してほしいです!

文/臨床発達心理士 三浦 静
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

発達・育児相談室から『「運動会がイヤ」そう言われたら』

発達・育児相談室から『ママの心のざわざわの原因は?』

発達・育児相談室から『ママの心のざわざわの原因は?』

LINEで送る
Pocket

コメント

コメント欄


instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』