得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.11.23

古くから伝わる神事『新嘗祭』。今年の実りを神様に感謝する日。 

LINEで送る
Pocket

新嘗祭は「にいなめさい」または「にいなめのまつり」「しんざょうさい」とも読みます。これはその年の実りに感謝し、天皇陛下が神様にその年に取れた五穀をお供えする神事です。五穀とは主食にもなりえる主要な作物の事で「稲・麦・粟・大豆・小豆」または「稲・麦・粟・稗・豆」など、古文書や使われる場所で内容が若干異なるようです。

収穫祭でもある神事。どうしてこんな遅い時期にするの?

新嘗祭は天皇陛下が国のために神様に祈る収穫祭ともいえる大切な行事です。とはいえ、行なわれる時期は11月の下旬です。暦が旧暦だった時は「11月の二の卯の日」と定められており、旧暦の11月13日~11月24日頃に当たりました。現在では11月23日に固定されているのですが、これは日本が太陽歴を採用して暦を切り替えた年の二の卯の日が11月23日だったためだそうです。
月見などの秋の行事が収穫祭を兼ねる意味合いもあるとする説などと合わせて考えると暦の上では冬に入っているような時期になってから収穫祭を行うのはなんだか遅すぎるような気もしませんか?
実はこのタイミングで行われる理由には諸説があります。

・東北など、収穫の遅い北の地域の収穫シーズンが終わるのを待っている

・かつての流通システムでは収穫物が宮中まで届くのに時間がかかるため、全国の五穀全てが揃うのが11月の終わりになってからだった

お供えするのは新米だけではないため、お米より収穫時期の遅い粟などが献上されるタイミングを待っていると11月頃になってしまった…という事情もあるようです。

穀物は刈り取ったらすぐに保存できるわけではなく、十分に乾燥をさせなければなりません。現在ではお米であればコンバインと乾燥機があるため、刈り取りながら稲から脱穀した後、一日で乾燥まで終える事が可能となりましたがかつては「稲木」と呼ばれる木組みに束にした稲をかけるなどして日光で乾かした後、稲木から下ろして運び手動で脱穀していたわけですから収穫してから保存するまでにも大変な時間と手間がかかっていたのですね。

現在では「勤労感謝の日」として親しまれる祝日に。新米を初めて食べるのはこの日という習慣も。


現在ではこの収穫の神事は「新嘗祭」という名前より祝日である「勤労感謝の日」として国民に広く浸透しています。勤労感謝の日は固定日となっている祝日では最も古い物だそうで、昭和22年までは宮中の神事と同じ「新嘗祭」を使っていたようです。

新嘗祭の起源は古く、「古事記」にも登場します。かつて租税といえば穀物でした。保存の効く主食の収穫は国の安定のために欠かす事のできない物であったため、大切な神事として行われていたのでしょうね。「勤労感謝の日」という祝日の名前の由来も「命の糧となる収穫を神様から得るために勤労できる事を喜び感謝しあう」という由来があるそうです
ちなみに新嘗祭の神事で天皇陛下は神様にお供えした五穀を召し上がられるそうですが、その日までその年の新米を口にするのは控えていらっしゃるそうです。現在、収穫の早い地域のお米であれば9月頃から新米が手に入るので新米が出始めてから3ヶ月近く経ってから…という事になりますね。

今でこそ私達は新米が出ればすぐに口にする事ができますが、昭和初期生まれのおじいちゃんによると、昔の農家は凶作を恐れてお米を長期保存していたため、普段は古米どころか2年前に取れた古古米を食べる事も珍しくなかったそうです。そのため、新米は収穫直後のお祝いや新嘗祭やお正月などしか食べられなかったのだとか。
「古古米になると米が黄色くなって匂いも出てくるので新米を見ると白くていい香りなのが際立って感じられた」という話を聞いて驚いた事があります。

飽食の時代、新しいお米が食べられるのが当たり前という感覚ですが、勤労感謝の日にはぜひ、今年取れたお米に感謝して味わってみて下さいね。

 

文/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

秋の味覚、新米。いつからいつまでが新米?

麦ご飯だけじゃない!美味しい穀物『知って得する押し麦の成分と保存方法』

麦ご飯だけじゃない!美味しい穀物『知って得する押し麦の成分と保存方法』

穀物を食べよう スーパーフードな『ハトムギ』生活のススメ

穀物を食べよう スーパーフードな『ハトムギ』生活のススメ

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.09

作り置き常備菜シリーズ『冷やし胡麻なす』とアレンジレシピ

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』