得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.11.25

もっと知りたい日本の郷土料理-山形県『芋煮』- 

LINEで送る
Pocket

今や、ご当地の人でなくとも「秋のイベント」という風に認識されているのが「芋煮」ではないでしょうか。全国ニュースなどでショベルカーなどの重機を使用したダイナミックな芋煮会が開催されているのを目にした事がある方もいらっしゃるのでは?

冬を越せない種芋をおいしく食べる生活の知恵から生まれた芋煮

芋煮の主材料として欠かせない里芋は縄文時代頃から食べられており、日本人にとっては馴染み深い野菜の一つです。芋煮の発祥については諸説あるようですが稲刈りが終わった頃合いと里芋の収穫時期が重なるので収穫祭として行われた説が有力なようです。

里芋は米が不作だった場合、主食となりえる食材として盛んに栽培されていました。現在ではスーパーなどで流通している里芋の多くは株から取れた小芋ですが小芋をつけるために大きく育った種芋を「親芋」などと呼んで食べる食習慣がありました。


親芋は適切な温度管理ができれば翌年、また種芋として使えるのですが寒気に弱いので寒冷地である東北地方では冬を超すのが難しい環境でした。「芋煮」と呼ばれる料理が生まれたのは冬を越せない親芋が腐る前においしく食べてしまうという生活の知恵でもあったようです。

親芋は食感や味が小芋に劣るとされる事もありますが食べごたえがあり、親芋だけを炊いて食べるのを好む人も少なくありません。現在の芋煮は肉が入っていますが芋煮が生まれたとされる江戸時代頃は肉ではなく最上川で取れた魚や棒鱈が使われていた事もあったのだとか。

芋煮は農村の人達がささやかな収穫祭として集まってお芋の鍋を楽しんだイベントでもあり、最上川を利用していた舟運業に携わる人達が終着港の河原で芋煮を味わった慰労会としても機能を果たしていました。明治頃になると河原で行う芋煮が一般化して親睦を深める行事以外にも商談の場になったり見合いの席になったりと山形の人達の暮らしにしっかりと根づく事になります。

お肉が入るようになったのは昭和初期頃から。そして全国に知られるように。

現在、芋煮が盛んに行われる地域は山形だけでなく宮城も有名です。芋煮は地域によって定着している味付けの差異があり宮城で多いのが豚肉と味噌の組み合わせなのに対して山形の多くの地域は牛肉と醤油です。

元々、特別な謂れから生まれた料理ではなく芋煮が行われ始めた頃は山形でも普通のしょうゆで味付けした物の他にたまりじょうゆを使った物や味噌味もあったのだとか。
牛肉が使われるようになったきっかけは養蚕業が盛んだった頃に繭業者に牛肉をおごってもらった事だと言われています。山形は早くから牛肉を扱うお店が多かったため、当時の最先端の地域の名産を味わうイベントともなっていたのですね。

芋煮が全国に知られるようになったのは町起こしイベント。今では手軽なアウトドアイベントに。

芋煮が知られるようになったのは山形商工会議所青年部が始めた町起こしイベントです。食用油を使って整備された特別仕様の重機を使って数万人分の芋煮を作るイベントのインパクトから全国に「芋煮」という郷土料理が知られるようになりました。

地元は秋の行楽として定着していて季節になるとコンビニで芋を煮るための薪が売られ、スーパーで材料セットの他、芋煮用の大きな鍋がレンタル可能など地域外の人が見たら驚く仕組みが整っています。また、旅館やキャンプ場などでも芋煮会プランが用意されている事も。芋煮がいかに生活に密着しているかよくわかります。

「芋煮は食べてみたいけれど山形まで行けない…」という場合、最近では東京近郊のバーベキュー会場に芋煮の材料+機材のレンタルを行っている業者さんも複数あります。スタッフ付きで手ぶらで芋煮を楽しめるプランなどもありますので興味がある方はチェックしてみて下さいね。

しょうゆベースの山形風芋煮はシメにカレーを入れて「芋煮カレー」にも変身できるそうです。お家で芋煮を楽しんだ翌日はおいしい和風カレーを楽しんでみるのもおすすめですよ。

文/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

 

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

意外と知らない?関西の郷土料理

意外と知らない?関西の郷土料理

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

"ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』</p

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』