得するコト得するコト
まめ知識 2018.11.25

もっと知りたい日本の郷土料理-山形県『芋煮』- 

今や、ご当地の人でなくとも「秋のイベント」という風に認識されているのが「芋煮」ではないでしょうか。全国ニュースなどでショベルカーなどの重機を使用したダイナミックな芋煮会が開催されているのを目にした事がある方もいらっしゃるのでは?

冬を越せない種芋をおいしく食べる生活の知恵から生まれた芋煮

芋煮の主材料として欠かせない里芋は縄文時代頃から食べられており、日本人にとっては馴染み深い野菜の一つです。芋煮の発祥については諸説あるようですが稲刈りが終わった頃合いと里芋の収穫時期が重なるので収穫祭として行われた説が有力なようです。

里芋は米が不作だった場合、主食となりえる食材として盛んに栽培されていました。現在ではスーパーなどで流通している里芋の多くは株から取れた小芋ですが小芋をつけるために大きく育った種芋を「親芋」などと呼んで食べる食習慣がありました。


親芋は適切な温度管理ができれば翌年、また種芋として使えるのですが寒気に弱いので寒冷地である東北地方では冬を超すのが難しい環境でした。「芋煮」と呼ばれる料理が生まれたのは冬を越せない親芋が腐る前においしく食べてしまうという生活の知恵でもあったようです。

親芋は食感や味が小芋に劣るとされる事もありますが食べごたえがあり、親芋だけを炊いて食べるのを好む人も少なくありません。現在の芋煮は肉が入っていますが芋煮が生まれたとされる江戸時代頃は肉ではなく最上川で取れた魚や棒鱈が使われていた事もあったのだとか。

芋煮は農村の人達がささやかな収穫祭として集まってお芋の鍋を楽しんだイベントでもあり、最上川を利用していた舟運業に携わる人達が終着港の河原で芋煮を味わった慰労会としても機能を果たしていました。明治頃になると河原で行う芋煮が一般化して親睦を深める行事以外にも商談の場になったり見合いの席になったりと山形の人達の暮らしにしっかりと根づく事になります。

お肉が入るようになったのは昭和初期頃から。そして全国に知られるように。

現在、芋煮が盛んに行われる地域は山形だけでなく宮城も有名です。芋煮は地域によって定着している味付けの差異があり宮城で多いのが豚肉と味噌の組み合わせなのに対して山形の多くの地域は牛肉と醤油です。

元々、特別な謂れから生まれた料理ではなく芋煮が行われ始めた頃は山形でも普通のしょうゆで味付けした物の他にたまりじょうゆを使った物や味噌味もあったのだとか。
牛肉が使われるようになったきっかけは養蚕業が盛んだった頃に繭業者に牛肉をおごってもらった事だと言われています。山形は早くから牛肉を扱うお店が多かったため、当時の最先端の地域の名産を味わうイベントともなっていたのですね。

芋煮が全国に知られるようになったのは町起こしイベント。今では手軽なアウトドアイベントに。

芋煮が知られるようになったのは山形商工会議所青年部が始めた町起こしイベントです。食用油を使って整備された特別仕様の重機を使って数万人分の芋煮を作るイベントのインパクトから全国に「芋煮」という郷土料理が知られるようになりました。

地元は秋の行楽として定着していて季節になるとコンビニで芋を煮るための薪が売られ、スーパーで材料セットの他、芋煮用の大きな鍋がレンタル可能など地域外の人が見たら驚く仕組みが整っています。また、旅館やキャンプ場などでも芋煮会プランが用意されている事も。芋煮がいかに生活に密着しているかよくわかります。

「芋煮は食べてみたいけれど山形まで行けない…」という場合、最近では東京近郊のバーベキュー会場に芋煮の材料+機材のレンタルを行っている業者さんも複数あります。スタッフ付きで手ぶらで芋煮を楽しめるプランなどもありますので興味がある方はチェックしてみて下さいね。

しょうゆベースの山形風芋煮はシメにカレーを入れて「芋煮カレー」にも変身できるそうです。お家で芋煮を楽しんだ翌日はおいしい和風カレーを楽しんでみるのもおすすめですよ。

文/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

 

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

もっと知りたい日本の郷土料理-山梨県『ほうとう』-

意外と知らない?関西の郷土料理

意外と知らない?関西の郷土料理

ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』

"ぬめり成分の魅力『知って得する里芋の成分と保存方法』</p

コメント

人気の記事

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2019.08.16

元美容部員が教える『シミをカバーするメイク方法』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.23

肌荒れを内側から 食べるだけで『ツルツル美肌になる3つの食べ物』

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』