知るコト知るコト
作るコト 2018.11.30

旬の秋鮭をおいしく!『秋鮭の味噌漬け焼き』

そろそろ名残になってきた秋鮭。塩をふっていない生の鮭なので、いろいろなお料理にアレンジができて魅力的ですよね。もちろん塩をふって焼くだけでも美味しいですが、今回は旨みたっぷりの味噌漬けをご紹介。これが驚くほど簡単なのに、秋鮭の臭みが消えて身がしまり旨みがギュッと凝縮して抜群に美味しいのです、使う味噌もほんの少し。おすすめです!

 

『秋鮭の味噌漬け焼き』の材料(2人分)

秋鮭

2切れ

味噌

大さじ4

 

 

『秋鮭の味噌漬け焼き』の作り方

1. 秋鮭をさっと水洗いし水気を拭き取った後、皮目を包丁でこそいでヌメリを取る。

2. ラップに大さじ2の味噌を広げる。

3. その上に秋鮭をのせ残りの味噌をのせて広げて、ラップでピタッと包んで冷蔵庫でひと晩寝かせる。

4. ひと晩経った3を取り出し味噌をゴムベラなどで落として、両面焼きの魚焼きグリルに入れ弱火で7〜8分焼く。(片面焼きの場合は、弱火で6分、ひっくり返して4分ほど焼く)

 

『秋鮭の味噌漬け焼き』を美味しく作るポイント

糀が多い甘めの味噌を使っています。味を見て甘さが足りないと思ったら、はちみつを小さじ1/2〜1加えてみてください。仕込みの前に鮭を水洗いするときは、ほんの3秒ほど。それ以上水に浸かってしまうと旨みが抜けてしまうので、注意。鮭は皮にヌメリが出やすいため、こそげることで生臭さを防ぐことができます。焼くときは焦げやすいので、できるだけ味噌を落としてから焼いてください。ただし、絶対に水洗いはしないこと。水っぽくなってしまいます。たくさん仕込んだ場合は、冷凍もおすすめ。その際はたくさんいっぺんに包むのではなく、2切れずつラップで包むのがオススメです。秋鮭から取って残った味噌は、もう一度使用可能です。鮭のエキスが出てゆるくなっているので、すぐに使わない場合は冷凍保存してください。秋鮭のほか魚介や肉でも美味しくなる味噌漬けマジック。是非お試しあれ。

 

【調理時間】10分

レシピ/ 料理家 金子ふみえ
kaneko_profileブログ『ふみえ食堂 - a table to be full of happiness-』 
金子文恵Face book 
ふみえ食堂 Face book ページ

ライタープロフィール

食べることは生きること、「ココロとカラダが喜ぶごはんを!」をモットーに、身近な食材で作るシンプルかつ魅力的な料理を提案中。「もっと楽しく、もっとおいしく!」お家ごはんを楽しむためのcooking workshopやイベントを行う『ふみえ食堂』主宰。
出版パーティーや写真展、ファッション誌の撮影現場などへの彩りゆたかで目にもおいしいケータリングも人気。OZモールにて『おつまみごはん』連載やツヴィリング.J.A.ヘンケルスジャパンほか企業のレシピ開発、ウェブ・ELLE gourmet ほか雑誌へのレシピ提供など幅広く活躍中。著書にデザイナー感覚をいかした『ニュー スタイル レシピ』(主婦と生活社)。

 

その他のおすすめ記事

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

人気の焼き芋をおつまみにアレンジ『焼き芋ゴルゴン』

おうちで作ろう!『焼き芋』

おうちで作ろう!『焼き芋』

旬の味覚を楽しもう!もちもちクリーミー『さつまいものニョッキ』

旬の味覚を楽しもう!残ったサラダが変身『かぼちゃのプチケーキ』

コメント

人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』