得するコト得するコト
まめ知識 2020.11.19

少しの工夫で時短に『すぐに試せる究極の家事時短術』

世の中には、いわゆる家事を時短する方法が、数多く紹介されています。ただ、実際、試すとなると意外と面倒だったり、慣れるまでに時間がかかったりする場合も少なくありません。そこで今回は、すぐに試せる究極の家事時短術と称し、普段の家事に取り入れていただきたい、ほんのちょっとした工夫についてご紹介します。

究極の家事時短術その1 やるべき家事を減らす工夫

「あれもしなくちゃこれもしなくちゃ」と思ってしまうと、必要以上の家事をこなす羽目に陥りやすく、結果的に効率が悪くなります。各ご家庭のライフスタイルに合わせて、平日の家事を、以下の手順に従って、必要最低限に減らせるように工夫してみましょう。

1.平日に行っている家事を時系列で書き出し、それぞれの家事にどのくらい時間を費やしているのか付け足していきます。

2.書き出した家事の優先順位をつけていきます。優先順位を目安にして、削ることが可能な家事をピックアップし、削っていきます。

書き出すことによって、あえて毎日する必要もない家事を見つけやすいですし、その結果。平日の家事を大幅に減らすことも十分に可能です。

究極の家事時短術その2 家事をルーティン化する工夫

同じ家事をするにしても、毎日同じ時間に同じ要領でこなすようにすれば、自然と体が覚えて無駄な動きがなくなる分、効率は確実にアップします。身体が覚えるまでは、時間割を作ってよく見えるところに貼っておき、それを確認しながら家事を進めるようにするとスムーズですよ。

家事のルーティン化がうまくいきさえすれば、「ええと、今日は先にあれをしようか、でもやっぱりその前にこれをしとこう」といった、頭であれこれ考える必要が一切なくなります。朝起きれば、無意識に、勝手に身体が動いて、ほぼ自動的に家事をこなせるようになれればしめたものですよ。

必要最低限に絞り込んだ家事を、ルーティン化し、その上で、さらにそれぞれの家事に対して、手早く済ませることができる時短術を実践すれば、劇的な効率アップが望めます。

究極の家事時短術その3 ちょっと多めにするという工夫

毎日の調理の際に、材料を多目に切って、余った分をストックしておき、それを後々の調理に使うようにすれば、切る手間が大幅に省けて効率的です。

また、作り置き用に取り分けるために、夕食を多めに作っておけば、わざわざ作り置きする手間を省くことができます。例えば、きんぴらごぼう、切り干し大根、ひじきの煮物など作り置きおかずの定番のおかずを夕食に出す際に実践してみましょう。

究極の家事時短術その4 モノを減らす工夫

モノは少なければ少ないほど、掃除やや片付けにかかる手間を大幅に省くことができます。

一度に減らそうと思うと大変ですが、毎日、何かひとつモノを減らすという工夫なら、無理なく続けることができるのではないでしょうか?床の上のモノを減らすことは特に効果的です。最終的には床の上には常に何も置かれていない状態をキープできるようになれればベストです。

この工夫は、食器類を減らす(洗い物の時短に)、洋服を減らす(洗濯の時短に)、掃除用具を減らす(掃除の時短に)など、いろいろと応用できます。

おわりに

家事の中には、いわゆる「名前のない家事」に該当する、ほぼ雑用に近い類の作業もかなりたくさんあります。これらの家事は、誰にでもできるものなので、その時の状況に応じて、手が空いている家族の手を借りるという工夫も、家事時短術の一環としてぜひ採り入れていただければと思います。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

コメント

人気の記事

2021.04.18

春野菜の即席サラダ2種『新玉のツナごまサラダ』と『春キャベツのマヨポン』

2021.04.17

それぞれの旨みをそのままに『うどと鶏の炊き合わせ』

2021.04.14

季節の手しごとしませんか?春を味わう・ふきのまぜご飯

2021.04.14

小田原かまぼこ発祥の店鱗吉(うろこき)応援コラボキャンペーンを開催します!

2021.04.13

ぎゅぎゅっと色々詰め込んだ楽しいバケット『スタッフドバケット』

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

2021.04.09

「ケノコトハウス」のおすそ分けレシピ④ ~多めに作ってお弁当にもおかずにも『ピーマンの肉詰め』~

2021.04.09

こわいお煎餅がある?!お煎餅の他にもある『こわい』食べ物のコト

2021.04.08

ほっこりおいしい!!『小芋とえんどう豆のそぼろあんかけ』

編集部おすすめ記事

2021.04.18

生でも加熱してもおいしい!根から葉先まで、旬のカブを丸ごといただこう

2021.04.18

『いつもの暮らしにグリーンをプラス』~幸せと健康を運んでくれるガジュマル~

2021.04.17

スプーンでバクッと!ふんわりお豆とほろほろお肉の『ゆで塩豆と鶏のラー油煮』

2021.04.16

ピクニックのお弁当におすすめ!『塩麴のプチトマトマリネ』

2021.04.15

丸ごと!春の旬を味わう『新玉ねぎのポトフ』

2021.04.14

子供と食べたいやさしいおやつ『甘酒蒸しパン』

2021.04.13

シンプルが美味しい!!春を味わう『春野菜のナムル』

2021.04.10

今から減塩生活を始めよう。食品ラベルから塩分量を計算する方法

2021.04.10

お互いの酸味が引き立てあう『ブルーベリーとじゃがいものマヨ和え』

2021.04.10

ゆでて和えるだけでおもてなしおつまみ『蓮根のタプナード和え』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2021.04.15

知っておきたい『春に食べられる野草と山菜』とその調理法

2020.04.16

あと混ぜで旨味がしみ渡る ほっこり優しい『たけのこごはん』