得するコト得するコト
まめ知識 2020.11.19

少しの工夫で時短に『すぐに試せる究極の家事時短術』

世の中には、いわゆる家事を時短する方法が、数多く紹介されています。ただ、実際、試すとなると意外と面倒だったり、慣れるまでに時間がかかったりする場合も少なくありません。そこで今回は、すぐに試せる究極の家事時短術と称し、普段の家事に取り入れていただきたい、ほんのちょっとした工夫についてご紹介します。

究極の家事時短術その1 やるべき家事を減らす工夫

「あれもしなくちゃこれもしなくちゃ」と思ってしまうと、必要以上の家事をこなす羽目に陥りやすく、結果的に効率が悪くなります。各ご家庭のライフスタイルに合わせて、平日の家事を、以下の手順に従って、必要最低限に減らせるように工夫してみましょう。

1.平日に行っている家事を時系列で書き出し、それぞれの家事にどのくらい時間を費やしているのか付け足していきます。

2.書き出した家事の優先順位をつけていきます。優先順位を目安にして、削ることが可能な家事をピックアップし、削っていきます。

書き出すことによって、あえて毎日する必要もない家事を見つけやすいですし、その結果。平日の家事を大幅に減らすことも十分に可能です。

究極の家事時短術その2 家事をルーティン化する工夫

同じ家事をするにしても、毎日同じ時間に同じ要領でこなすようにすれば、自然と体が覚えて無駄な動きがなくなる分、効率は確実にアップします。身体が覚えるまでは、時間割を作ってよく見えるところに貼っておき、それを確認しながら家事を進めるようにするとスムーズですよ。

家事のルーティン化がうまくいきさえすれば、「ええと、今日は先にあれをしようか、でもやっぱりその前にこれをしとこう」といった、頭であれこれ考える必要が一切なくなります。朝起きれば、無意識に、勝手に身体が動いて、ほぼ自動的に家事をこなせるようになれればしめたものですよ。

必要最低限に絞り込んだ家事を、ルーティン化し、その上で、さらにそれぞれの家事に対して、手早く済ませることができる時短術を実践すれば、劇的な効率アップが望めます。

究極の家事時短術その3 ちょっと多めにするという工夫

毎日の調理の際に、材料を多目に切って、余った分をストックしておき、それを後々の調理に使うようにすれば、切る手間が大幅に省けて効率的です。

また、作り置き用に取り分けるために、夕食を多めに作っておけば、わざわざ作り置きする手間を省くことができます。例えば、きんぴらごぼう、切り干し大根、ひじきの煮物など作り置きおかずの定番のおかずを夕食に出す際に実践してみましょう。

究極の家事時短術その4 モノを減らす工夫

モノは少なければ少ないほど、掃除やや片付けにかかる手間を大幅に省くことができます。

一度に減らそうと思うと大変ですが、毎日、何かひとつモノを減らすという工夫なら、無理なく続けることができるのではないでしょうか?床の上のモノを減らすことは特に効果的です。最終的には床の上には常に何も置かれていない状態をキープできるようになれればベストです。

この工夫は、食器類を減らす(洗い物の時短に)、洋服を減らす(洗濯の時短に)、掃除用具を減らす(掃除の時短に)など、いろいろと応用できます。

おわりに

家事の中には、いわゆる「名前のない家事」に該当する、ほぼ雑用に近い類の作業もかなりたくさんあります。これらの家事は、誰にでもできるものなので、その時の状況に応じて、手が空いている家族の手を借りるという工夫も、家事時短術の一環としてぜひ採り入れていただければと思います。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

コメント

人気の記事

2020.11.27

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

野菜たっぷり!『秋鮭のちゃんちゃん焼き』

2020.11.23

風邪に負けない!子どもが喜ぶ『元気メニューで栄養をつけよう』

2020.11.21

とまらない美味しさ!『小あじとセロリのかぼす南蛮漬けサラダ』

2020.11.20

季節の果物で自家製酵母作り『おうちで育てる基本のレーズン酵母液』

2020.11.20

便秘改善・冷え性に!栄養満点かぼちゃスイーツ『パンプキンモンブラン風パフェ』

2020.11.19

甘みに驚き!レンジで時短『オニオングラタンスープ』

2020.11.19

ワンボウルで混ぜるだけ『バナナとココナッツのパウンドケーキ』

2020.11.18

簡単!秋のおやつに『アップルクランブル』

編集部おすすめ記事

2020.11.27

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

2020.11.25

ママは真剣子どもは不安『楽しく歯磨き習慣をつけるコツ』

2020.11.25

編集部がえらんだ かぼちゃを使ったお役立ちレシピ集

2020.11.24

もともとは工業製品『マスキングテープがかわいい雑貨になった理由』

2020.11.24

コクと旨味のバランスおかず『ごぼうの甘酢煮』

2020.11.23

ズボラ女子のための『たった5分でできる簡単発酵トースト』

2020.11.23

濃厚ソースで食べ応え抜群!『お豆腐ステーキ~ピーナッツソース和え~』

2020.11.22

とろっと美味しい!秋に食べたい『里芋コロッケ』

2020.11.22

【七十二侯のコト】第五十八候「虹蔵不見」

2020.11.22

ブロック肉もホロホロに『豚肉とネギのジンジャースープ』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.13

話題の万能調味料『レモン塩麹』をつくってみよう

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.17

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2020.04.18

気がつくとカサカサに『ひざの乾燥の原因とお手入れ方法』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』