得するコト得するコト
まめ知識 2015.10.30

身近なお茶に秘められたパワー ダイエットにも効果的?緑茶とからだのコト

コンビニ、自販機、ありとあらゆる場所で手に入る緑茶。日本人にとって、緑茶は馴染み深い飲み物ですよね。
日常的に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。
その緑茶は、健康にはもちろん、ダイエットにも効果的なのです。その気になる成分や機能をご紹介します。

緑茶には渋みがあるのが特徴ですが、この渋みが抗菌作用や生活習慣病の予防効果を持っていることが、最近の研究で明らかになってきました。

緑茶の主成分カテキンがもたらす3つの効果

カテキンは茶葉に存在する成分で、光に当たることで増加するため煎茶などに豊富に含まれているとされています。
製法によってその含有量も異なりますが、不発酵茶である『緑茶』がもっともカテキンを多く含んでいると言われています。
このカテキンは驚くほど様々な効能をもたらす成分なのです。

ryokucya_2_re

ダイエットに効果あり?

健康な日本人男性38名を2群に分け、緑茶から抽出したカテキン690mgを含むウーロン茶と通常のウーロン茶(カテキン22mg含)を12週間飲ませるという実験が行われました。
緑茶カテキンを含むウーロン茶を飲んだ群では体脂肪量が減少し、酸化悪玉コレステロール濃度が低下したという結果になりました。
他にも緑茶には血中コレステロールを下げる作用が報告されていたり、カロリーが0であることもダイエットに向いていると言えるでしょう。

がんの予防に

がんの原因になると言われている活性酸素。
活性酸素は細胞のDNAを傷つける性質があり、ダメージをうけたDNAは細胞の働きを狂わせ、がんの発生につながっていくのです。
がんの原因になる活性酸素の発生を抑える抗酸化作用が、カテキンにはあると言われています。

虫歯や口臭にもカテキンが効果的

カテキンは虫歯の原因である、ミュータンス菌が増えるのを抑え、歯垢をつくる酵素の働きも妨げるため、虫歯や口臭予防に効果があります。

まだあるんです。緑茶に含まれる身体に嬉しい成分

疲労感を感じたときに

日本にお茶が伝わってきた頃、眠気を飛ばし修行に専念できるということから、僧呂のあいだでよく飲まれてきたと言います。
その成分こそがカフェインであり、摂取することで中枢神経を刺激し、強心作用、利尿作用、覚醒作用(疲労感や眠気の除去)などが期待できます。

よく眠れないときにも

緑茶にはアルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸、テアニンといった多くのアミノ酸が含まれています。これらの中で最も多く含まれるのが、テアニンです。
テアニンに関する研究では、ストレスを抑える効果、精神を安定させるリラックス効果、睡眠の質を良くする効果が一部確認されています。

ryokucya_1_re

もっと美味しく緑茶を飲むためのコツ

渋くて飲みずらいという方におすすめの飲み方をご紹介します。

急須を使う場合

ぬるめのお湯で淹れるのが効果的。
一般的に、しぶみの成分のタンニンは温度が高いほど溶出するので、緑茶の場合は低めの温度で淹れると、しぶみが少なく飲みやすいでしょう。

ティーバッグを使う場合

50〜80℃のお湯を湯のみに半分入れた後に、ティーバッグを入れます。そのまま3分待ち、よく振ると苦味・渋みが少ないまろやかな味になります。もう少し放置するとより濃くなります。温度によって成分が溶け出すバランスが変わり、風味に差が出るので、お好みの味を探すのが良いとされています。

普段何気なく飲んでいた緑茶。食事の時や、ほっと一息したい時に緑茶を飲んで心と身体を癒してあげましょう。ペットボトル入りのものだけではなく、急須からいれる緑茶もぜひ楽しんでみてくださいね。

もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
Dr.noteホームページ『ダイエットにも効果的!こんなにすごい緑茶のパワー』

文/Dr.note
Dr.noteホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.06.22

ミキサーで混ぜて焼くだけ!『ブルーベリーヨーグルトケーキ』

2021.06.21

さわやかな辛みが癖になる『実山椒オイル』

2021.06.21

おうち時間を美味しくゆったり♪『旬の真蛸でもちもち鍋炊きおこわ』

2021.06.20

身体に優しく沁みる『自家製レモンのはちみつ漬け』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.17

自然な甘みと旨みがたっぷり!『玉ねぎの豆乳ポタージュスープ』

2021.06.17

暑い日でもさっぱり食べられる『トマトのちりめん青じそ和え』

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

編集部おすすめ記事

2021.06.22

ひんやり冷やして大人のデザート『ピンクの桃のポタージュ』

2021.06.20

季節の手しごと『大葉ジェノベーゼ』

2021.06.20

夏を感じる!とっても美味しい『さっぱりチヂミ』

2021.06.19

ガーリック香る!『ホワイトポテトサラダ』

2021.06.18

お菓子好きの皆様へ『おかしなくらいおかし好き』5月号 No.1

2021.06.18

熱々のパンとキンキンに冷えたトマトのおいしい温度差『ブルスケッタ』

2021.06.17

ケノコトおすすめ!おうち時間にやりたい『季節の手仕事特集』まとめ

2021.06.16

季節のやさしいおやつ『甘酒ずんだもち』

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』