得するコト得するコト
まめ知識 2020.12.01

美味しく日持ちする『知っておきたい料理の保存方法』

忙しいときの食事作りに、作り置きの料理があると、大変に便利ですよね。週末など、時間のある時にまとめて作り置きしておくとという方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、料理を作り置きする場合、なるべく長く日持ちさせるために、知っておきたい保存テクニックをご紹介します。

そもそも料理って、どのくらい日持ちするものなの?

食材や調理方法によって、多少の違いはありますが、冷蔵で保存する場合は、2日~3日程度(夏場は1日~2日)が、日持ちの限界のようです。冷凍で保存する場合は、2週間~3週間程度に延びます。

ただ、食材によっては、冷凍保存ができないものもあります。例えば、肉じゃがやポテトサラダなど、食材にじゃがいもを使った料理や、筑前煮や田楽などの、食材にこんにゃくや大根、豆腐、厚揚げなどを使っている料理は、冷凍保存ができないため、どうしても日持ちしにくいと考えましょう。

より長く日持ちさせるための保存テクニック

テクニックその1 調理の際に十分に加熱する

調理の際に、十分に加熱して、それぞれの食材にしっかりと火を通しておくようにしましょう。逆に加熱が不十分ですと、日持ちが悪くなります。特に火の通りにくいミンチ肉は要注意です。

テクニックその2 味付けを濃くする

通常よりも、砂糖、塩、しょうゆなどの量を多めにして、味付けを濃くしておくと日持ちしやすくなりますよ。
また、ネギ味噌や南蛮漬けなど、酢や味噌で調理したものは日持ちしやすいです。

テクニックその3  汁気を飛ばす

水分が多いと、その分、どうしても日持ちがしません。煮物や炒め物などの料理を、日持ちさせるためには、可能な限り煮詰めて汁気を飛ばしておきましょう。

テクニックその4  密閉する

保存に使用する容器は密閉できるタイプの容器を使用し、空気に触れさせない環境を作りましょう。使用する容器は、あらかじめ、よく洗って十分に乾燥させておくことをお忘れなく。できれば、熱湯消毒をしておくとさらに効果的です。また、料理を取り分ける際に使用する菜箸もよく洗って十分に乾燥したものを使用しましょう。

テクニックその5 生野菜は酢や塩を使う

生野菜を日持ちさせるためには、酢や塩を使って、酢漬け(ピクルス)や塩漬け(漬け物)にしておくという方法が効果的です。

日持ちする食材とは?

日持ちする食材は、野菜の場合は根菜類です。逆に、葉物野菜(特にほうれん草)は、日持ちしません。ただ、葉物類は、買ったその日にすぐに茹でて冷凍しておくと栄養価をキープしたまま日持ちさせることが可能です。

練り物や加工食品(ハムやウィンナーなど)、乾物類(ひじき、切り干し大根、春雨など)、缶詰類も日持ちしやすいです。
これらの食材を使って、味付けの濃い煮物を作り汁気を飛ばしておくと、冷蔵でもおよそ7日程度は日持ちさせることが可能です。

おわりに

要は、いかにして雑菌が繁殖できない環境を作ることができるか?それこそが、料理を日持ちさせるための、全ての保存テクニックのポイントになっていますよ。

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

「料理酒」と「酒」はどう違う?『暮らしに合わせて使いたい、料理のお酒』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

今日のごはんは何にしよう?『もう迷わない献立の立て方』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

知って安心!美味しく食べよう『冷凍保存した作り置き料理の消費期限』

コメント

人気の記事

2021.06.15

初夏の保存食『自家製トマトケチャップ』

2021.06.15

お弁当におススメ!下茹でして和えるだけ『スナップエンドウのごま和え』

2021.06.13

ピーマンと調味料だけで完成!食べる手が止まらない『ピーマンのはちみつ醤油炒め』

2021.06.10

シンプルが美味しい!『アスパラガスのオープンサンド』

2021.06.05

そら豆の味と食感を楽しむ『そら豆のクリームチーズパスタ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.06.04

季節の手仕事『夏の常備菜らっきょうしごと』

2021.06.03

きんぴら大変身!豆腐1丁で『特大がんものご馳走あんかけ』

2021.06.02

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

2021.06.01

混ぜて冷蔵庫に入れるだけ『さっぱりホタテのマリネ』

編集部おすすめ記事

2021.06.14

若返りの野菜「そら豆」!茹でて、焼いて、「そら豆」をおいしくいただこう!

2021.06.11

さっと作ることができて保存が効く!夏の常備菜『きゅうりの炒めナムル』

2021.06.11

干して戻してうまみがぎゅーっとおいしい乾物を愉しむ 『うまみと磯の香りが溢れるひじきの肉そぼろ』

2021.06.10

発酵食品で免疫力UP!第7弾『鮎のコンフィ・シソジェノベーゼソース』

2021.06.09

季節の手しごと『ピンクジンジャーシロップ』

2021.06.09

こまめなお手入れで畳のある暮らしを心地よく『< 基本&しみ抜き >畳のお手入れ方法』

2021.06.08

こどもと作ろう!『パステルカラーの彩り白玉ポンチ』

2021.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2021.06.07

たっぷりの大葉を味わおう!アレンジ自在『大葉ベーゼ』

2021.06.06

季節の仕込みゴト『まるごときゅうり』

月間人気記事

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2020.06.15

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.06.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』

2020.11.18

栄養士直伝!「食」から喘息を改善しよう『おすすめの食材&レシピ』

2020.02.11

豆腐、納豆だけじゃない!どれくらい知ってる?『大豆製品』の種類