参加するコト参加するコト
過去のイベント 2015.12.23

かんたん栗ごはんとがんもどきを作りました 「コトコト料理教室」開催レポート

ケノコトでは、定期的に「触れるコト」をして頂いています。

日々の暮らしに役立てる体験を持ち帰って、自分でもできるように。そしてもっと暮らしが良くなるようにという想いを込めて開催しています。

今回の触れるコトは『栗とお野菜たっぷりの秋ごはんコトコト料理教室「畑にいくコト」』。
先生は、楽チン&おしゃれがどちらもかなうレシピやコツが毎回盛りだくさんのきむらあいりさん。
「食べるの大好き!でもお料理は苦手」という方こそ体験して頂きたいお教室です。

IMG_6167_re

秋の味覚がたっぷり詰まった“和”のお品書き。
ついお店で買ってしまう「がんもどき」も手作りしました。

献立

●とっても簡単!秋の栗ごはん
●手作りがんもどき
●きのこたっぷりあんかけ
●鰤のあら汁
●大根のレモン漬け

まずはご飯をセットします。
生栗だと殻を剥いて、渋皮も剥いて、と下ごしらえが少し面倒。「よし!」と思わないとなかなか腰が上がらない作業のひとつです。
そんな時には、「栗の甘露煮」を使ってみてはいかがでしょうか。

IMG_6225_re

「甘露煮だとご飯が甘くなり過ぎてしまうかも」と思いきや、一度水洗いをするだけで生栗にも引けを取らない美味しい栗ごはんが出来るんです。

IMG_6227_re

ご飯のお供にはお漬物。見た目にもおしゃれなレモン漬けがおすすめです。
大根とレモンはいちょう切りにして、塩を入れた水に漬けておきます。
お酢と砂糖を火にかけて沸騰させたら、大根とレモンを加えて冷ますだけで、さっぱりと美味しい箸休めの出来上がり。

IMG_6218_re

IMG_6243_re

あら汁は出汁いらずでできます。鰤のあらからたっぷりと旨味が出るので、味つけはお味噌だけで十分。

IMG_6212_re

具材の野菜は、大きさを揃えてカットすることで火の通り具合が均一になってより美味しく仕上がりますよ。
味噌が薄いと感じたときは、味噌ではなく塩を少し加えてみるのがポイント。一気に味が深まります。

IMG_6246_re

次に、旬のきのこを使ったあんかけを。がんもどきにとっても合うので、ぜひ試してみて下さいね。

IMG_6139_re

IMG_6201_re

ここできむらあいり先生から裏ワザを教えて頂きました。
顆粒だしを使ったのに、「出汁を取ったの?」と聞かれてしまう秘密のひと手間。
それは、“一度ペーパーで濾す”コト。
濾すことで、顆粒だしのざらざらとした舌触りがなくなり、茶わん蒸しにも使えるほど澄んだお出汁になるそうです。

IMG_6128_re

がんもどきは、お子さんと一緒にこねて作るのも楽しい一品。
今回、親子でご参加頂いたお母さまと娘さん。「娘の誕生日のプレゼントに」と申し込みをされ、小学生の娘さんと一緒にご参加下さいました。

IMG_6265_re

IMG_6125_re

普段はおうちで料理を教えようと思っても、お子さんの手際や時間が気になりつい急かしてしまったり、イライラしてしまう事も多いそうですが、一緒に楽しい時間を過ごして頂けたようです。

IMG_6193_re

丸める時は、手に少量の油をつけると手につきにくく、見た目もつやつやのきれいながんもどきになりますよ。

IMG_6209

小さめに作っておくと、余っても冷凍しておけばお弁当にそのままポンと入れることが出来てとても便利。

IMG_6216_re

IMG_6234_re

「お料理が上手になるコツ=思いやり」と、きむらあいり先生。

IMG_6135_re

食べる相手のことを考えて、女性やお子さんには具材を小さめにカットしたり、男性には食べごたえのあるボリューム感を出してみたり。相手の喜ぶ顔を想像すると、作っている時もワクワクしますよね。

IMG_6254_re

毎日の食卓づくり、ちょこっと意識してみるといいかもしれません。

文/ケノコト編集部  撮影/渡辺圭亮

講師プロフィール

きむら あいり

あいりちゃんプロフ写真

1986年11月6日生まれ。
「おいしいのは当たり前!思わず写真に撮りたくなる料理」をコンセプトにカフェをopen。同時に料理教室、ケータリング、企業様レシピ開発を手掛ける。ゼクシィ、ELLE a table等に掲載。現在はcookpad料理教室アドバイザーとしても活躍中。

きむらあいりブログ
クックパッド料理教室ホームページ

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

編集部おすすめ記事

2021.08.04

甘い香りの冷たい前菜『桃のカプレーゼ』

2021.08.04

簡単!ひんやり和デザート『ミルク水ようかん』

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~