知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

教育・子育て 2018.12.07

どう向き合う?どう捉える?『“やらない”我が子へのイライラ』

LINEで送る
Pocket

「お友達と比べてうちの子は…」「もっとこうしてほしいのに…」と、お子さんに対して、そう思う瞬間、ありませんか?
そしてそう思ったとき、ママの心はザワザワ、時にイライラしてしまうこともあるかもしれません。もしかしたらその一部は、「できごとに対する考え方」をとらえ直すことで取り除けるかもしれません。そこで今回は、そんな時のコーチングに基づく対処法をひとつご紹介します。

子どもの「できない、やらない」にイライラ…その課題は誰のもの?

学校から帰ってきても宿題をしない。習い事の練習をしないで遊びに出かけてしまう。夜遅い時間になっても遊びに夢中で寝ようとしない。
子育てをしていると、こんな場面に遭遇することは、日常茶飯事かもしれません。そして、そんな我が子に対して、時にはイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

イライラした時こそ、まずは一度深呼吸。そして、ご自身に問いかけてみていただきたいのです。
そのイライラの種は、お子さんだけでなくあなた自身にとっても課題でしょうか?

親子で向き合う課題ももちろんあると思いますが、もしかしたら、「あくまでお子さん自身の課題であって、親であるあなたの課題ではない」ということも、中にはあるかもしれません。

「お子さんの課題には介入しない」と決める

まずは上述のとおり、「誰の課題」なのかをきっちりと自分の中で線を引いて明確にすること。そして、お子さんの課題であったときには介入しない、と決めてしまいましょう。

以前、実際に我が家であった事実を例にお話します。

我が子は、小学校3年生で補助輪のない自転車に乗れるようになりました。
あなたは、早いと感じますか?遅いと感じますか?

コーチングを学ぶ前の私は、遅いと焦りを感じていました。
今思えば、最大のイライラの要因は、かつて小学2年生で補助輪なしの自転車に乗れるようになった私自身が、お友達から「まだ自転車乗れないの?」と茶化された経験。その経験を我が子に置き換え、「私がされて嫌だった経験を子どもにはさせたくない」と思っていました。そう、我が子にとって「課題」であったかどうかも分からないことを、自分自身の「課題」としていたのです。

そのことに気がついてからは、自転車の練習に連れ出すのをやめました。つまり、「我が子の課題に介入することをやめた」のです。
すると私自身は、その事実についてイライラすることがなくなりました。
さらには我が子も3年生になったある日、自分からすすんで自転車の練習をするようになり、ついには乗れるようになったというわけです。

もうお気づきでしょうか?

かつての私は、我が子の課題(であろうこと)を、私自身の課題にすり替えていました。しかも、あとで我が子に聞いた話ですが、
「保育園のころから何度も自転車の練習をしたけれど、あの時は『乗れなくても困ってないのに、なんでママはこんなに必死なんだろう』と思っていた。」
つまり我が子にとっては、「課題」ですらなかったわけです。

「イライラの種」は、子どもを思う親心

「我が子の課題に介入しない」という決断には、時に勇気をともなうかもしれません。しかし、こうも捉えられないでしょうか。

経験からしか、学べないこともたくさんある

たとえば、放課後お友達と遊ぶと決めた子どもに「宿題をしなさい(先に宿題をやってしまえばいいのに…)」と声をかけるのもひとつ。
ですが、放課後遊ぶなら宿題はいつするかを子どもに考えさせたその先の結果から、子どもは親が言葉で伝えられるものとはまた違う感情を味わうかもしれません。

そして何より、お子さん自身の課題に介入しないと決めると、目の前にある事実にママがイライラしたり、心がざわついたりすることが少なくなると思います。

お子さんと接していて「何だかイライラする」と思ったら、まずは一度大きく深呼吸。そしてどこからがお子さんの課題で、どこからがあなた自身の課題なのかを見つめなおしてみてはいかがでしょうか。目の前にあるイライラの種は、お子さんを思う親心とも言えそうですね。

文/マザーズコーチングスクール認定講師 大倉純子
ブログはこちら
記事/ママトコタイム
12636930_10208848790483829_714750486_o
「ママトコタイム」は、小さなお子さんと一緒に美容院などに行ける無料保育サービス。
店舗が定期開催する「ママトコタイム」に子連れで来店すると、その場でプロによる保育を利用できます。
ママになったら諦めるのではなく、ママになっても『できる!』社会をめざし、家族の笑顔を増やしていく取り組みを進めています。

ママトコタイム開催店舗などの情報はこちら

ママトコタイムFacebookページ

その他のおすすめ記事

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

子どもの『やり抜く力』を育てる!声かけと環境づくり

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

発達・育児相談室から『これって甘やかしすぎ!?』

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

忙しいママでも簡単に!『ちょい足しメイク』でいつもと違う私に

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

2019.01.27

これだけで十分!作り置き調味料『ねぎ味噌』

2019.01.23

子どもと食べたい安心おやつ『きな粉プリン』

2019.01.23

旬食材『金柑』ー丸くて小さな、おひさま色のフルーツー

2019.01.20

暮らしにひと手間『自家製ラー油』を作ろう

2019.01.18

寒い日にぴったり。本当においしい『オニオングラタンスープ』

2019.01.15

餃子の皮で作る『焼き小籠包』

2019.01.11

牛すじを使ってみよう。基本の仕込み『牛すじの下茹で』

2019.01.09

1月の和菓子 「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2019.01.08

冬の香りを召し上がれ『柚子ジャムと柚子パウンドケーキ』

編集部おすすめ記事

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

2019.01.21

日本の暮らしの言葉『寒仕込み』は日本酒の歴史から生まれた言葉

2019.01.17

冬の暮らしを楽しむ「スープのある食卓」

2019.01.16

日本一の山女魚で作る、世界に誇る『山女魚のアンチョビ』

2019.01.14

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2019.01.10

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2019.01.09

覚えておきたいおやつレシピ『ガナッシュケーキ』

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2016.11.20

ほったらかしで大丈夫。干し野菜レシピ『干し大根をつかった作り置きおかず』

2017.06.16

子どもも満足!『苦くないオレンジピールの作り方』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』