作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.12.08

まるごといただく『葉付きにんじんごはん&トッピング2種』

LINEで送る
Pocket

たまに見かける葉付きにんじん。せっかくなので葉も茎も皮もまるごと使ったごはんに。
トッピングは、混ぜたり、添えたり、他のおかずと食べたり、自由自在に使えますよ。

 

『にんじんごはん』の材料(約1人分)

・すりおろしにんじん(写真はあらかじめ下処理後すりおろしたもの)

3/4~1本

・白米(または玄米)

1合

・もち麦

7~8g

・野菜スープ(炊飯用・基本的にお米と同量)

約1合(約180㏄(ml))

 (野菜スープは洋風だし(またはコンソメ顆粒や野菜だし)8~10gをお湯に溶いたもの。
 スープの量は、炊飯器の目盛り、もち麦の量やお好みの固さに合わせて調整してください)

・胡椒(写真は粗挽き白胡椒)

少々

・塩(お好みで。味の調整用)

少々

・EXVオリーブオイル(またはバター)

小さじ1

 

『にんじんごはん』の作り方

1. にんじんをよく洗い、水気を拭き取ってから、皮をピーラーなどで均一にむいて(こちらはアレンジのきんぴらで使用)、次に葉と茎に分け、茎はみじん切り、葉は食べやすい大きさにカットしておく。(こちらもアレンジのふりかけで使用)

2. 皮をむいたにんじんをすりおろしておく。

3. お米を研いでおく。1度目に入れた水はすぐに捨て、2度目に加えた水から手早く研ぐ。
 とぎ汁が透き通ってきたら、水を切ってざるに上げておく。

4. 野菜スープを作る。お湯に洋風だし(またはコンソメ顆粒や野菜だし)を加えてよく溶いておく。
 (なければ、インスタントのコンソメスープなどで代用でも◎)

5. あらかじめ研いでおいた3のお米に、もち麦を加え、2のすりおろしにんじん、4の野菜スープを分量分加え、塩胡椒少々で味を調えて炊飯。




6. 炊飯後、少し蒸らしたら、全体をさっくり混ぜて完成。炊飯後に塩胡椒などで味を調整しても◎
 お好みでバターを加えたり、アレンジのトッピングを加えても◎


 

『にんじんごはん』のアレンジ

葉っぱと茎はふりかけに。→【アレンジ1】
皮は均一にむいてきんぴらに。→【アレンジ2】
 

【アレンジ1】 にんじん葉と茎と松の実パルメザンチーズのふりかけ


 

アレンジ1の材料(1人分)

・にんじんの葉(写真はあらかじめカットしたもの)

1本分

・にんじんの茎(写真はあらかじめみじん切りにしたもの)

1本分

・松の実(写真はあらかじめ軽く炒ったもの)

適宜

・EXVオリーブオイル

小さじ1

・胡椒(写真は粗挽き白胡椒)

少々

・塩(お好みで。味の調整用)

少々

・パルメザンチーズ

少々

 

アレンジ1の作り方

1-1. フライパンに松の実を入れ、焦がさないように弱火で軽く炒っておく(油不要)。
 炒ったら器によけて冷ましておく。

1-2. 同じフライパンにオリーブオイルを加え、あらかじめカットしておいたにんじんの茎から加え、軽く火が通ったら、葉を加えて火を止める。
 余熱で塩、胡椒、パルメザンチーズ、あらかじめ炒っておいた松の実を手早く加え、全体に混ざったら完成。






1-3. 出来上がったふりかけは、にんじんごはんに混ぜても◎

 

【アレンジ2】 にんじん皮のカレーきんぴら


 

アレンジ2の材料(1人分)

・にんじん皮

1~2本分

・EXVオリーブオイル

小さじ1

・白だし

小さじ1

・カレー粉

小さじ1/2~1弱

 

アレンジ2の作り方

2-1. フライパンにオリーブオイルを加えて熱し、あらかじめピーラーなどで均一にむいておいたにんじん皮を加え、白だしを入れたら火を止めてカレー粉を加え、余熱で炒め合わせたら完成。



2-2. 出来上がったきんぴらはご飯の上にのせても◎
 

『にんじんごはん&トッピング』を美味しく作るポイント(共通)

・調味料は目安ですのでお好みの味に調整しながら少しずつ加えてください。
 

『にんじんごはん』を美味しく作るポイント

・2合分で作ると作りやすいです。その場合、材料を倍量にし、調味料はやや倍量より控えめにすると◎
・ご飯の種類はお好みで。玄米または雑穀米などでも◎
・オリーブオイルの代わりにバターを加えても風味良く仕上がります。
・野菜スープの種類もお好みで。ブイヨンやコンソメ、野菜だしや洋風だしなどが合わせやすいです。
 

『ふりかけ』を美味しく作るポイント

・茎は固いのでみじん切りに、加熱する時も茎から加えて、ある程度火が通ってから、葉を加えると、ほどよく仕上がります。
・火を加え過ぎると食感が悪くなるので、葉を加えたらすぐ火を止め、余熱で味付けすると◎
 

『きんぴら』を美味しく作るポイント

・皮はピーラーなどでなるべく均一な太さでむいてから炒めると、均一に火が通りやすいです。
・こちらも火を加え過ぎると食感が悪くなるので、白だしを加えたら火を止め、
 カレー粉は余熱で炒め合わせると◎
 
レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

 

その他のおすすめ記事

ピーラーでかんたん『レーズンとミックスナッツのキャロットラペ風』

ピーラーでかんたん『レーズンとミックスナッツのキャロットラペ風』

常備菜や副菜に大活躍!『紫キャベツとにんじんとクレソンのマリネ』

常備菜や副菜に大活躍!『紫キャベツとにんじんとクレソンのマリネ』

身近な材料を使って『にんじんソムタム風』

身近な材料を使って『にんじんソムタム風』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』