作るコト作るコト
料理 2015.10.31

ハロウィンでもダイエット!スタッフド・パンプキン

いよいよハロウィンですね。 ハロウィンのシンボルとして有名なのが「ジャック・オウ・ランタン」。街の中のいたるところに飾られているかぼちゃのお化けジャック・オウ・ランタンたちは、みているだけでひとの心をウキウキ&ワクワク楽しい気持ちにさせてくれますよね。

丸い形が愛らしく、自然の甘味が魅力のかぼちゃは子供や女性に大人気の野菜。ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンEといった豊富な栄養成分のほかに、現代人の食事で不足しがちな食物繊維がたっぷりと含まれていますので、便秘気味の方にはおすすめの緑黄色野菜です。 

かぼちゃのように繊維質の多い野菜を食べれば少量でも満腹感があり、食欲を無理なくコントロールできるので、お腹まわりをスッキリさせたい方のダイエットにも最適です。

28パンプキン

そこで今日はハロウィンパーティーにもぴったりなカボチャ料理のダイエットレシピをご紹介いたしますね。

材 料

南瓜            1/2個
高きび           150㏄
玉ねぎ           50g
しめじ           50g
舞茸            30g
にんにく          1g
クルミ           20g
パン粉           50cc
オリーブオイル       大さじ1
薄口醤油          大さじ1
ナツメグ・ホワイトペッパー 適量

下ごしらえ

かぼちゃ:  横半分に切り、蒸しておく
高きび :  一晩又は、6時間以上浸水をしておく
玉ねぎ :  みじん切り
しめじ :  粗みじん切りにし、軽く塩を振っておく
舞茸  :  粗みじん切りにし、軽く塩を振っておく
にんにく:  みじん切り
クルミ :  粗みじん切りにする
パン粉 :  フライパンに入れ、きつね色になるまで乾煎り

高きびを炊く

1.一晩浸水した高きびをザルに上げ水を切り、圧力鍋に180ccの水と塩一つまみを加え、蓋をしたら強火にかける。
2. 圧があがったら弱火にして10分間炊く。
3. 圧力が落ちたら蓋を開け、天地返しをする。

作り方

1.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかけ、にんにくの香りがしてきたら玉ねぎと一つまみの塩を加え、玉ねぎが透明になるまで炒める。
2.きのこを加え更に炒め、醤油を回し入れ、火を止める。
3.高きびに(2)とクルミを混ぜ合わせ、ナツメグとホワイトペッパーで味を整える。
4. 蒸し上がったかぼちゃに(3)を詰め、煎ったパン粉を振りかけて出来上がり。

オーガニック料理ソムリエ考案! 美味しい料理をつくるコツ

1.かぼちゃが小さいときには上1/4くらいを切り、中をくりぬいてお使いください
2.かぼちゃを蒸すときに写真のようにクッキングペーパーで巻いておくと、キレイに蒸し上げることができます。
3.高きびの代わりにひき肉を使うときには、玉ねぎときのこ類の分量を増やして、バランスがよくなるようにしましょう。

かぼちゃの皮には果肉の部分よりも多くのカロテンやビタミンなどの豊富な栄養素が含まれていますので、緑色の皮と一緒にいただくのが美と健康のポイント。 皮まで美味しくいただくために、是非オーガニック野菜を使ってくださいね。

レシピ/マクロビオティック料理教室G-veggie はりまや 佳子

1日無料体験レッスンを開催しております。興味がある方はこちらから
ならいごと800

ライタープロフィール

1963年東京生まれ。大田区在住。武蔵野女子大学(現武蔵野大学)短期大学部家政科卒。 建設会社受付嬢、英会話学校マネジャー、船井総合研究所勤務、うどん屋女将を経て、1993年より出版社に勤務。書店営業ののち単行本編集者となる。 家族が西洋医学では完治できない重篤な病に冒され、療養のために10年前からマクロビオティックを実践しはじめる。2005年に退職後、米国クシ・インスティテュートに留学し、キャリアトレーニングプログラム・レベルⅢを卒業。インストラクターの資格を取得。 2006年3月に大田区にてマクロビオティック料理教室G-veggie(ジィ・ベジィ)を立ち上げ、現在10年目を迎える。在籍生徒数は約200名で、北は北海道、南は九州から通っている生徒さんも多数。 2012年10月30日にキレイ料理レストラン&スクール「G&V」を東銀座にオープン。2015年2月日本オーガニックライフ協会を設立。

hamariya

オーガニック大好き!はりまや佳子ブログ

レシピ本
*マクロビオティック・キレイ料理教室G-veggieのレシピ本です。 詳しくは画像をクリック。

コメント

コメント欄


人気の記事

2021.07.28

夏の常備菜!刻んで揉むだけ『きゅうりの薬味即席漬け』

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2021.07.25

ゴロゴロとうもろこしを楽しむ『香ばし醤油のコーンバター』

2021.07.24

ルーもややこしいスパイスも必要なし!『ズッキーニとナスのカレースープ』

2021.07.23

夏の暑さも疲れを吹き飛ばす!『夏のさっぱり巻きずし』

2021.07.22

ご飯がすすむ!食べる手が止まらない『ニラナス炒め』

2021.07.22

1品で大満足!『納豆キムチ豆乳そうめん』

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.18

たっぷりのディルを使って作る、おいしい保存食『ディルバター』

2021.07.12

ご飯がすすむ『なすのお漬物』

編集部おすすめ記事

2021.07.30

薬味たっぷり!風味豊か、大人の味わい『明太子パスタ』

2021.07.29

腸活にもつながる!『キムチとうすあげの煮物』

2021.07.28

きゅうりと豆腐を洋風の味わいに♪『きゅうりと豆腐のイタリアンサラダ』

2021.07.26

ズッキーニをたっぷり食べる『ズッキーニとスモークサーモンのサラダ』

2021.07.25

やみつき!『キムチと長芋の和え物 鰹風味』

2021.07.21

今が旬!丸ごと食べられる「ししとう」を破裂させない下処理方法

2021.07.20

韓国フルーツを食事で楽しもう『チャメと生ハムの前菜』

2021.07.20

腸活にオススメ!『キムチとゴボウのサラダ』

2021.07.19

甘酸っぱい旬の果実で『プラムのクラフティ』

2021.07.18

カルダモンホールで作る『チャイプリン』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.06.28

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「オクラ」の常備菜』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2020.09.01

真っ青な夏の空に映えるもくもく大きな雲『夏の雲のお話』

2021.03.08

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2021.06.05

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2021.07.01

日本の暮らしの言葉『夏真っ盛り「暑さ」と「涼しさ」を表す言葉たち』~葉月の暮らし~

2020.09.20

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料