得するコト得するコト

生活に役立つ豆知識、家事が苦手な人には時短ワザ、美容・ファッションのステキ情報を公開します。

まめ知識 2018.12.15

ちゃんと知ってる?年賀状を出す時のマナー

LINEで送る
Pocket

余裕をもって取り掛かる人は11月末から年賀状の準備を始められているかもしれません。最近はパソコンソフトや各種サービスのおかげで年賀状作成の作業時間はそれほどかからなくなってきていますが、年賀状のやり取りをする上で「こういう時はどうしたらいいの?」と頭を悩ませる事も。年賀状に関わるルールやマナーをチェックしておきましょう。

 

2019年の年賀状の受付期間は12月15日から12月25日


日本で新年に挨拶回りする習慣はなんと奈良時代頃から行われていたそうです。それがやがて書面での挨拶に形を変えて行きます。それが明治時代に入り、郵便のシステムが作られるとそれを利用して年の初めの挨拶状を送ろうとする人が増えました。

現代ほど郵便の利用が一般的でなく、郵便配達員の数も少なかった状態にも関わらず新年の挨拶状に1月1日の消印をもらおうと年末にはがきの差し出しが集中し、業務に支障をきたすようになったため現在のように期間を定めて12月末の10日間に差し出された年賀状は元旦の消印を押して配達されるシステムが生まれたそうです。

今年の年賀状の受付期間は12月15日(土)から開始となります。元旦での配達を希望する場合なるべく12月25日(火)までに投函するよう告知されています。

 

喪中に関わる年賀状のルールあれこれ

年賀状のやり取りで一番気を使うのは喪中のルールではないでしょうか。

お正月のお祝いは「忌み」があるとしないというのが習わしとなっています。そのため、旧年中に身内が亡くなってしまった場合は「今年はお祝いできないので年賀状での新年のやり取りはできません」という意味で「喪中欠礼」のはがきで年末頃に挨拶するというのが一般的なマナーです。年賀状は出さないけれど代わりに喪中のお知らせを出すから手間は一緒かもれませんが、お付き合いを続ける相手であればなんらかの形でやり取りをしておきたい物ですね。

「忌中になるので年賀状の欠礼ハガキを出した」「喪中のハガキをもらったので年賀状は控えた」というパターンであれば難しくはありませんが、困るのが「喪中ハガキを出しそびれた」「年賀状を出したら相手が忌中だった」といったケースです。

年賀状は新しい年を迎える事ができた事をお祝いする意味合いもありますから忌中であれば送る事はできませんが、もらう分には問題ありません。忌中に関しての対応は以下のようになります。

『忌中ハガキを出したのに年賀状をもらった場合』
 →返事は不要ですが、1月7日が過ぎてから寒中見舞いなどで返信する事もできます。

『忌中の相手に年賀状を送ってしまった』
→特に何もする必要はありません。

『忌中ハガキを出せなかった』
→年賀状をもらった相手に1月7日以降に寒中見舞いを送ります。

 

「年賀状」が送れるのは1月7日到着分まで。それ以降は寒中見舞いに。


年が明けてから年賀状を出す場合、確実に1月7日まで到着する物を年賀状として送ります。この日付の線引きの理由は現代では1月7日までが「松の内」と言ってお正月の期間となるからです。「松の内」までがお正月のハレの期間で、1月8日から日常であるケの期間となるので新年のご挨拶は1月8日までに済ませるようにしましょう。

この考え方で、お互いが忌中ではない場合でも1月8日以後に届く年賀状の返信は「寒中見舞い」で出すようにしましょう。この場合、年賀ハガキを使用した寒中見舞いを書くのもNGとなりますので普通のハガキを使いましょう。

 

余った年賀状はどうしたらいい?郵便局でのお得な使い方

もし年賀状が余ってしまった場合、そのままでは懸賞に応募する時など用途が限られてしまいます。金券ショップなどで買い取りしてもらう事もできますが古い物だと額面の半額以下の買い取り価格になってしまう事も。

おすすめの方法は郵便局で1枚につき5円の手数料で普通のハガキか切手に交換してもらう方法です。「メールやLINEを使うからハガキもいらない」という場合は切手に交換してしまいましょう。

実はゆうパックの送料は切手でも払えますので荷物を送る時に使う事もできます。また、ゆうパックの送料を切手で払う場合、郵便局の窓口で支払いするなら全額切手で統一しなくても切手の額面で不足している分を現金で支払う事も可能なので半端な切手の残りなどがあればお得に宅配便を送る事ができます。

年賀状は普段お世話になっている方からなかなかお会いできない方まで、色々な方の近況を共有できる良い機会です。新たな年も変わらぬご縁が続くよう、マナーを守って気持ちの良い挨拶を交わしましょう。

 

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

もらったら、すぐやろう『年賀状の整理術』

もらったら、すぐやろう『年賀状の整理術』

年賀状にもおすすめ『フォトプロップスで写真を楽しくかわいく』

年賀状にもおすすめ『フォトプロップスで写真を楽しくかわいく』

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

 

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』