得するコト得するコト
まめ知識 2019.12.12

ちゃんと知ってる?年賀状を出す時のマナー

余裕をもって取り掛かる人は11月末から年賀状の準備を始められているかもしれません。最近はパソコンソフトや各種サービスのおかげで年賀状作成の作業時間はそれほどかからなくなってきていますが、年賀状のやり取りをする上で「こういう時はどうしたらいいの?」と頭を悩ませる事も。年賀状に関わるルールやマナーをチェックしておきましょう。

 

2020年の年賀状の受付期間は12月15日から12月25日


日本で新年に挨拶回りする習慣はなんと奈良時代頃から行われていたそうです。それがやがて書面での挨拶に形を変えて行きます。それが明治時代に入り、郵便のシステムが作られるとそれを利用して年の初めの挨拶状を送ろうとする人が増えました。

現代ほど郵便の利用が一般的でなく、郵便配達員の数も少なかった状態にも関わらず新年の挨拶状に1月1日の消印をもらおうと年末にはがきの差し出しが集中し、業務に支障をきたすようになったため現在のように期間を定めて12月末の10日間に差し出された年賀状は元旦の消印を押して配達されるシステムが生まれたそうです。

今年の年賀状の受付期間は12月15日(日)から開始となります。元旦での配達を希望する場合なるべく12月25日(水)までに投函するよう告知されています。

 

喪中に関わる年賀状のルールあれこれ

年賀状のやり取りで一番気を使うのは喪中のルールではないでしょうか。

お正月のお祝いは「忌み」があるとしないというのが習わしとなっています。そのため、旧年中に身内が亡くなってしまった場合は「今年はお祝いできないので年賀状での新年のやり取りはできません」という意味で「喪中欠礼」のはがきで年末頃に挨拶するというのが一般的なマナーです。年賀状は出さないけれど代わりに喪中のお知らせを出すから手間は一緒かもれませんが、お付き合いを続ける相手であればなんらかの形でやり取りをしておきたい物ですね。

「忌中になるので年賀状の欠礼ハガキを出した」「喪中のハガキをもらったので年賀状は控えた」というパターンであれば難しくはありませんが、困るのが「喪中ハガキを出しそびれた」「年賀状を出したら相手が忌中だった」といったケースです。

年賀状は新しい年を迎える事ができた事をお祝いする意味合いもありますから忌中であれば送る事はできませんが、もらう分には問題ありません。忌中に関しての対応は以下のようになります。

『忌中ハガキを出したのに年賀状をもらった場合』
 →返事は不要ですが、1月7日が過ぎてから寒中見舞いなどで返信する事もできます。

『忌中の相手に年賀状を送ってしまった』
→特に何もする必要はありません。

『忌中ハガキを出せなかった』
→年賀状をもらった相手に1月7日以降に寒中見舞いを送ります。

 

「年賀状」が送れるのは1月7日到着分まで。それ以降は寒中見舞いに。


年が明けてから年賀状を出す場合、確実に1月7日まで到着する物を年賀状として送ります。この日付の線引きの理由は現代では1月7日までが「松の内」と言ってお正月の期間となるからです。「松の内」までがお正月のハレの期間で、1月8日から日常であるケの期間となるので新年のご挨拶は1月8日までに済ませるようにしましょう。

この考え方で、お互いが忌中ではない場合でも1月8日以後に届く年賀状の返信は「寒中見舞い」で出すようにしましょう。この場合、年賀ハガキを使用した寒中見舞いを書くのもNGとなりますので普通のハガキを使いましょう。

 

余った年賀状はどうしたらいい?郵便局でのお得な使い方

もし年賀状が余ってしまった場合、そのままでは懸賞に応募する時など用途が限られてしまいます。金券ショップなどで買い取りしてもらう事もできますが古い物だと額面の半額以下の買い取り価格になってしまう事も。

おすすめの方法は郵便局で1枚につき5円の手数料で普通のハガキか切手に交換してもらう方法です。「メールやLINEを使うからハガキもいらない」という場合は切手に交換してしまいましょう。

実はゆうパックの送料は切手でも払えますので荷物を送る時に使う事もできます。また、ゆうパックの送料を切手で払う場合、郵便局の窓口で支払いするなら全額切手で統一しなくても切手の額面で不足している分を現金で支払う事も可能なので半端な切手の残りなどがあればお得に宅配便を送る事ができます。

年賀状は普段お世話になっている方からなかなかお会いできない方まで、色々な方の近況を共有できる良い機会です。新たな年も変わらぬご縁が続くよう、マナーを守って気持ちの良い挨拶を交わしましょう。

 

記事/ケノコト編集部

 

その他のおすすめ記事

もらったら、すぐやろう『年賀状の整理術』

もらったら、すぐやろう『年賀状の整理術』

年賀状にもおすすめ『フォトプロップスで写真を楽しくかわいく』

年賀状にもおすすめ『フォトプロップスで写真を楽しくかわいく』

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

12月13日は新年に向けての準備をしよう『正月事始めのコト』

思いを文にしたためる『文字文化を伝えていこう』

思いを文にしたためる『文字文化を伝えていこう』

大切な人に想い馳せる時間を作りませんか?手紙のすすめ

大切な人に想い馳せる時間を作りませんか?手紙のすすめ

コメント

人気の記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.21

フライパン1つあれば出来てしまう『スパニッシュオムレツの作り方』

2020.01.18

食べていてもエネルギー消費?!『消費カロリーを正しく知って痩せやすいカラダづくり』

2020.01.13

朝の10分でできる!『出汁から作るお味噌汁』で元気に会社へ出勤しよう!

2020.01.11

もち米がなくても大丈夫『白米とお餅で出来る鶏おこわ』

2020.01.10

1月11日は年神様とのご縁をいただく『知っておきたい鏡開きのコト』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』

2020.01.07

作り置き常備菜シリーズ『とまらない!ゆず大根』

2020.01.06

五節句の始まり『人日の節句』〜願いを込めて七草がゆを食べよう〜

2019.12.19

編集部おすすめ『冬が主役の「大根」を使ったお役立ちレシピまとめ』

編集部おすすめ記事

2020.01.22

編集部おすすめ『晩ごはんにおすすめの簡単レシピ』

2020.01.19

編集部おすすめ『豚肉を使ったお役立ちレシピ』

2020.01.17

1月17日は『おむすびの日』震災から生まれた感謝の心を大切にする日

2020.01.17

朝から活力が湧いてくる!『大根の生姜みぞれ味噌汁』

2020.01.16

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ!魚を使ったレシピ』

2020.01.12

一生に一度の成人の日「成人」ってなんだろう?自分を振り返る機会に

2020.01.12

編集部おすすめ『晩御飯に役立つ!野菜の作り置きおかず』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2020.01.09

編集部おすすめ『晩ごはんに役立つ「ごぼう」レシピ』

2020.01.08

ぶりの唐揚げ 薬味ソース

月間人気記事

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2018.11.20

粉が吹くカサカサお肌に別れを『口周りのスキンケア方法』

2020.01.09

『鏡開き』はどうして「開く」と言うの?~鏡餅にまつわる話と上手な食べ方~

2018.04.04

覚えておきたいおやつレシピ『ふんわりバナナシフォン』

2017.06.24

産前産後はホクロやシミができやすい?『気をつけたい出産にまつわるお肌のコト』

2018.06.30

お掃除でもお風呂でも大活躍!『紅茶の出涸らしおすすめ活用法』

2016.02.17

お皿に盛り付けていただく、可愛いくて贅沢な『変わり牛肉のしゃぶしゃぶ』

2018.12.25

日本の暮らしの言葉『年忘れ』~師走の暮らし~

2016.05.17

それぞれの味を口の中で噛み締めて『新れんこんとひじきの梅肉和え』

2020.01.08

1月の和菓子「知る人ぞ知る」から有名になった『花びら餅』