得するコト得するコト
まめ知識 2021.12.29

暮らしの歳時記『すす払い』~正月支度をはじめましょう~

今年も残すところあと数日。年末というと「大掃除」という単語がセットで連想される時期ですね。住居用洗剤のコマーシャルが増え、掃除機の新型も年末に登場するので「家中、きれいにしなければ」という意識が高まる時期でもあります。

単なる「掃除」ではない「すす払い」。「神事」としての意味合いも。

現代では「年末の大掃除」という呼び方で年中行事になっていますが、祝日などのように特定の日付は定まっておらず、歳末に行います。実は昔は旧暦12月13日の「すす払い」が「年末の大掃除をする日」と定められていました。現在でも神社仏閣ではこの日にすす払いの行事を行っているのをニュースなどで目にする事もあります。

元々のすす払いは単なる大掃除というより神事に近い位置づけだったようです。新年を迎える=新年の神様を迎えるという認識であったので元旦の半月以上前からお正月の準備を始めていたのですね。お寺などの「すす払い」というと笹竹をハタキのようにして埃を落としたりしますが、実際の埃を払ってきれいにする事と同時に、旧年の「ケガレ」を落として清めるという意味もあるのだそうです。

かつては各家庭に神棚があるのが当たり前だったので、すす払いの時、神棚や囲炉裏は丁寧にお掃除され、綺麗になった後は赤飯などの特別なお供えをする風習もあったのだとか。
すす払いのために作られた道具は「煤梵天(すすぼんてん)」などと呼ばれ、掃除が終わってもすぐに処分せずに辻に飾ったりしめ縄を付けて年神様の依代としてお正月の終わりの「とんど」(火祭り)の時に火にくべる地域もあるようです。

仕事の区切りでもあった「すす払い」の日。仕事納めでもあり、特別な期間の始まり


現在では「年」という単位の他に「年度」があり、学校や会社は年度ベースで学年や事業の切り替えを行いますが「年度」が使われる前はお正月のタイミングで仕事の契約なども切り替えが行われていました。

商家などに雇われている人にとって12月13日は、すす払いと同時に「出替り(でがわり)」という契約更新のタイミングでもありました。かつてのお勤めはいわゆる「奉公人」という扱いですが、一年を通して雇われている人ばかりではなく冬季に農村から出稼ぎに出る人の任期満了の時期もこのすす払いであったようです。旧暦だと新年の準備を始める時期からお正月の終わりまでが一ヶ月くらいあったので冬の終わりに当たる年末に仕事の契約を終えて年の瀬の準備を行い、お正月が開けると早春の農作業を開始するタイミングを迎えるサイクルとなっていたのですね。すす払いは合理的な社会システムでもあったわけです。

現代でも残っている「新しい年への準備」の意識。おすすめのお掃除ポイントは?

また、旧来の日本家屋は建具や床材を定期的にメンテナンスする必要があったので障子の張替えや家具を移動させて畳を叩いて埃を落とす作業などを新年の準備に組み込んで行ってもいました。

現代では家具を全て出し、建具を外してお手入れ…という大掛かりな掃除を年末の一日で行うのは難しいかもしれません。もし、新年に向けて改まった気分になりたい時は厄払いとしての「すす払い」のつもりで玄関の大掃除がおすすめです。玄関は滞在時間も短い場所で、普段暮らしていると不要な物でごちゃっとしていても住人は散らかっているという意識を感じにくくなってしまいがちです。でも、お客様目線になるとドアを開けた瞬間に乱雑な印象を抱く事も。

また、余計な物を置かないようにしている玄関でも、三和土(たたき)などにくすみ汚れが付着している事がありますので、拭き掃除でドアと一緒に汚れ落とししておく事をおすすめします。掃除にかかる時間が短いわりに、家が片付いた印象になって気持ちよくお正月を迎える事ができます。

風水などでは「幸運はきれいな玄関から舞い込む」とも言われています。ぜひ「すす払い」できれいな玄関で新年と共に幸運を呼び込んでみてはいかがでしょうか。

記事/ケノコト編集部

その他のおすすめ記事

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

この時期にやりたい季節の掃除『年末の大掃除を楽にするちょい仕事』

大掃除は家族総動員『掃除をゆる~く楽しむアイディア』

大掃除は家族総動員『掃除をゆる~く楽しむアイディア』

季節のお掃除〜年末に慌てない!『この時期にお手入れしたいポイント』

季節のお掃除〜年末に慌てない!『この時期にお手入れしたいポイント』

コメント

人気の記事

2022.07.31

夏野菜をピリッと美味しく!『エビとズッキーニのマスタード炒め』

2022.07.30

居酒屋風!ご飯ください!『ピリうま!ガーリックみそきゅうり』

2022.07.27

無限に食べられる!夏のランチにぴったりなアジア飯!『いんげんのドライフライ』

2022.07.07

七夕に作ろう!『エビマヨのエスニック天の川そうめん』

2022.07.06

火を使わずに簡単おいしいおつまみ『おくらとクリームチーズのおかか和え』

2022.06.22

甘酒が決め手。シンプルで絶品『ピーマンとじゃがいもの塩きんぴら』

2022.06.20

暮らしにエコを。身体と環境に優しい『べジブロス』

2022.06.14

子どもと食べたい和のおやつ『五平餅風』

2022.06.14

隠し味に最適 季節の保存食『梅しごとのススメ』

2022.06.06

二十四節気の暮らし方『稲の撒き時「芒種」』時間の過ごし方を振り返ろう

編集部おすすめ記事

2022.08.01

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「かぼちゃ」の常備菜』

2022.07.29

栄養たっぷり!『子供も喜ぶ!ひじきのサラダ』

2022.07.28

意外と簡単!手作りしよう!『いろいろ野菜の福神漬け』

2022.07.16

いつものキャベツにインドの風味を『さっぱりクミンキャベツ』

2022.07.14

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス…どうして違うの?『アイスの名前』

2022.07.09

化学調味料不使用のインスタント麺!環境にも優しい「お湯かけ麺」

2022.06.29

実山椒オイルのアレンジレシピ『アジの山椒焼き』

2022.06.27

メインにも!あと一品に『スタミナ巾着』

2022.06.27

実山椒オイルのアレンジレシピ『山椒とツナのタプナード』

2022.06.25

暑い季節にぴったり!『新じゃがの地中海サラダ』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2021.09.10

人気の鶏むね肉がやわらかくなる冷凍保存・解凍方法!下味冷凍もおすすめ

2022.05.14

安いステーキ肉を柔らかくする下ごしらえの方法とは?

2020.06.17

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2021.09.29

グリルで焼くおいしい鯛の塩焼きをご紹介!

2022.05.21

早くて簡単!アルミホイルで包むステーキのおいしい焼き方とは?

2022.03.19

冷凍鶏肉をレンジでおいしく解凍する方法をご紹介!

2021.09.01

自宅でもおいしいシャトーブリアンの焼き方とは?調理器具別の焼き方もご紹介

2021.07.28

小学生の自由研究におすすめ!一日で出来る『貝殻を使ったハーバリウム』

2022.01.15

似ているようで違う『羊羹』『水羊羹』『ういろう』の食感と材料

食材宅配 おすすめ

野菜宅配 おすすめ

食事宅配 おすすめ

オイシックス 口コミ

大地を守る会 口コミ

食材宅配 お試し

ナッシュ 口コミ

伊勢丹ドア 口コミ

ミールキット おすすめ

生活クラブ 口コミ