知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

家のコト 2018.12.19

手早くきれいに!『アイロンがけ時短のコツ』

LINEで送る
Pocket

時間も労力も要するアイロンがけは、時短家事を目指す方々にとって、最大のネックになりそうな作業のひとつではないでしょうか?ネックにならないように、なるべくなら簡単にササッと済ませたいものものですよね。そこで今回は、そんなご要望にお応えすべく、アイロンがけを素早く済ませるコツをご紹介します。

コツその1 アイロンがけする衣類の数を減らす

意外と盲点かもしれませんが、アイロンがけを素早く済ませるのに、ある意味最大のコツといえるかもしれません。アイロンがけする衣類の数そのものを減らせば減らすほど、当然、アイロンがけを短時間で終わらせることができます。うまくいけば、アイロンがけの回数そのものを減らすことも可能になるでしょう。

例えば、洗濯物は、脱水時間を短くし、終わったらすぐに干すようにし、干す際にも、洗濯物を、パタパタと振るって軽くほぐしてから、パンパンと叩くなどして、シワを伸ばして干すようにすることで、多くの衣類をアイロンがけ不要にすることが可能になりますよ。

また、新しく衣類を購入する際には、形状記憶素材など、アイロンがけが不要な素材を選ぶという方法も一案です。特にブラウスやワイシャツなどシワになりやすい衣類を新調される際にはおすすめです。

コツその2 低温が適温の衣類から先にかける

衣類は、素材によってアイロンがけの適温が異なっています。低温が適温の素材からアイロンがけを始め、中温、高温に移行させた方が、効率的です。主な衣類の素材と適温については以下の3パターンを押さえておきましょう。

シルクやポリエステル素材

低温+ドライモード

ウール素材

中温+スチームモード

綿や麻素材

高温+霧吹き+ドライモード

ちなみに、綿や麻素材の衣類は、半乾き状態で、アイロンをかければ霧吹き不要でかけられます。また、ハンカチなどの小物類は、アイロンがけが終わった後の余熱を利用してかけることができますよ。

コツその3 かける前に繊維の方向をチェックする

衣類には、経糸と呼ばれる繊維の方向(左右にひっぱってみて伸びない方向)があります。その方向に沿ってアイロンをかけると、一回でキレイに仕上げることが十分に可能です。

アイロンを何度も往復させる必要がなくなる分、確実に時短が実現します。

コツその4 アイロン台をアイロンマットに

大きくてかさばるアイロン台は、その出し入れに思いの外、時間と労力を奪われやすいものです。アイロン台の存在が、アイロンがけの時短のネックになっている場合も少なくありません。

大きくてかさばるアイロン台をお使いの場合は、これを機にアイロンマットの使用を検討されてはいかがでしょう。準備と片付けにかかる時間を大幅に減らすことが可能になりますよ。

アイロンマットは、ご家庭のテーブルや机の上に広げるだけで、すぐにアイロンがけが始められますし、アイロンがけが終われば、折りたたむだけでOKという優れものです。

おわりに

時短家事の一環として、アイロンがけを素早く済ませるコツをご紹介しました。今回ご紹介したコツは、どれも簡単に実践できるものばかりなので、これを機にぜひ一度お試しあれ!

記事/助家事さん
ロゴ横_B
家事代行マッチングサイト「タスカジ」が運営する、あなたの家事力をアップする家事メディアです。
お掃除やお料理等の家事ノウハウを中心に、家事に携わるすべての方に役立つ情報を発信しています。
http://taskajisan.taskaji.jp

【タスカジさん大募集】
家事をしごとにしてみませんか?
ただいまタスカジでは、共働き家族を支えるハウスキーパー「タスカジさん」を大募集中です!
調理師・栄養士・整理収納アドバイザー資格や主婦としての家事・育児経験が活かせるお仕事です。
詳しくはこちら

その他のおすすめ記事

少しの工夫で時短に『すぐに試せる究極の家事時短術』

少しの工夫で時短に『すぐに試せる究極の家事時短術』

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策』

洗濯物の黄ばみと決別!『皮脂汚れを落とすとっておきの秘策』

がんばらなくても片付く『クローゼット収納をスッキリさせるコツ』

がんばらなくても片付く『クローゼット収納をスッキリさせるコツ』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.22

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「春野菜」の常備菜』

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』