知るコト知るコト

ケノコト独自の視点から、様々な人や場所、物を取材して、WEBをはじめとする色々な場所で公開します。

地域 2018.12.20

福島にオーガニックコットンのあかりを灯す『コットン・ランプシェード プロジェクト』

LINEで送る
Pocket

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、 在来種の綿花を有機栽培で育て、福島に新たな産業を生み出し、福島における持続可能な地域づくりを目指す取組みです。震災後の2012年に始まり、2016年にはコットンの栽培面積は約2.6ヘクタール、収穫量は1トンを超えるなど、大きな活動へと成長しています。

このプロジェクトは、NPO法人ザ・ピープルの理事長 吉田恵美子さんの復興への強い想いから始まりました。

震災を乗り越え、生まれた新しい福島の産業

震災前から古着のリサイクル事業などを運営されていた、吉田さんが代表を務めるNPO ザ・ピープルは、2012年からオーガニックコットンプロジェクトを進めています。

そのプロジェクトを始めるきっかけは、震災直後まで遡ります。

震災が起きてすぐ、福島県いわき市は被災したことに加え、多くの原発事故の避難者を受け入れる状況にありました。そのため、吉田さんはまずモノや人が集まる場所づくりが必要だと、仲間と小名浜地区災害ボランティアセンターを立ち上げられました。

また震災後、多くの農家の方々が風評被害や津波の塩害で農業ができなくなり、栽培放棄地が増えてしまいました。その状況に心を痛め、農業をなんとかできないか、栽培できるものはないかと考えていた時にオーガニックコットンに出会い、地域の農家の方々の協力と共に栽培を始められました。

また、地域の人たちや個人の協力だけでなく、都市部の企業からもたくさんの協力を集め、2017年までにのべ23,000人以上の人たちがプロジェクトに参加しています。

みんなでコットンを植えたり、草むしりをしたり、収穫したり。そういった畑作業をするだけでなく、実際に被災地に訪れ現状を見ることで、復興への理解が深まり、風評被害の対策へと繋がっています。

福島で育み、みんなで紡いだオーガニックコットンのあかりを灯す

さとゆめでは、そのオーガニックコットンの綿花を使って、何かできないかとお手伝いをすることになりました。まずは、原綿を糸にするところから。そのための糸を紡ぐ道具を長野県の木工作家さんと一緒に開発。それから、糸を紡ぐ紡ぎ手を増やしていきました。

手紡ぎで出来上がった糸で作るのは、まずはみんなのシンボルになるようなものを。そうして、東日本大震災7年メモリアルの場に灯す、コットンランプシェードを作ろうと始まったのが「コットン・ランプシェードプロジェクト」です。

ランプシェードが灯るメモリアルイベントで地域がひとつに

東日本大震災7年メモリアルイベントに向けて、作成するコットンランプシェードの数は、311個。それまでは紡ぎ手が2、3人だったところ、古布を使った織物に取り組んでいた地域女性団体「織姫の会」の方々や、オーガニックコットンの栽培に協力していた企業がこのプロジェクトに共感し、糸紡ぎとランプシェード作りに参加してくれました。

そのような多くの方々の協力があり、目標の個数が完成!東日本大震災7年メモリアルのイベントでは、コットンランプシェードのライトアップだけでなく、音楽ライブも開催しました。





東日本大震災7年メモリアルのイベント 音楽ライブ楽器 音楽ライブ合唱 コットンランプ コットンランプシェード夜景
コットンランプシェードから溢れる温かい光を見ながら、素敵な音楽に身を委ねて。参加した方々は、思い思いにこの空間と時間を心から楽しまれていました。また、今まで少し距離のあった地域の方々との間も、このイベントを通してぐっと縮まったことを感じました。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、産業として見ればまだまだ小さなこと。でも福島の未来への地域づくりにとっては、とても大きくそして素晴らしいプロジェクトです。

さとゆめがお手伝いを始めてから、このメモリアルイベントの開催まで、3年。手間ひまがかかっても、一番は地域のために、そして地域のこれからにとって価値のあることになるように…時間をかけて寄り添う姿勢は欠かせません。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクトHP:http://www.iwaki-otentosun.jp/cotton/

記事/さとゆめ


ーふるさとの夢と想いを届けるウェブマガジンー
全国各地の地域づくりを支援する伴走型コンサルティング会社 株式会社さとゆめが運営する、
さとゆめがこれまで出会ってきた、日本、そして世界のふるさとの「ひと」「こと」「もの」「ば」を紹介しているウェブマガジンです。
「ふるさとの夢をかたちに」する方々、それを支援・応援する方々の出会いと共創のきっかけの場になることを目指しています。

https://satoyume-media.com/

その他のおすすめ記事

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

日本の原風景が残る、多摩源流の豊かな自然と山女魚の里「山梨県小菅村」

LINEで送る
Pocket

コメント

人気の記事

2019.07.06

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-5.こんな時なに食べる?日常的な不調への対処-

2019.07.05

優しい甘さの夏おやつ『白桃ヨーグルトアイス』

2019.07.02

季節の手しごとしませんか?『らっきょう漬け』のアレンジ2種

2019.07.01

もっと知りたい日本の郷土料理―宮崎県―『冷や汁』

2019.06.29

やさしい暮らしのヒント『献立を考えるコト』-4. 献立の量-

2019.06.23

シンプルな美味しさ!手が止まらない『ハッシュドポテト』

2019.06.21

バター醤油が食欲をそそる!『ガリバタ醤油チキン』

2019.06.20

【食育のコト】魔法のジュースで夏バテ防止『赤紫蘇ジュース』はいかが?

2019.06.19

材料3つ!一度は作りたい『プリンケーキ』

2019.06.17

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『40 究極のお重』

編集部おすすめ記事

2019.07.04

超簡単!一度は作りたい濃厚『ガトー・テリーヌ』

2019.06.30

初夏のおかずに!具沢山の『味噌炒り豆腐』

2019.06.27

季節の草花『紫陽花のコト』魔除け・縁起物にも重宝された花

2019.06.26

日本の言葉『梅雨』にまつわる季語あれこれ

2019.06.25

まるできな粉そのもの?!『きな粉のほろほろクッキー』

2019.06.20

『茶の湯の世界へようこそ』ー5."花は野にあるように"

2019.06.12

なかなか聞きづらい『ボーナスのコト』~気になる使い道は?~

2019.06.11

ふんわり安らぐ思い出の味『マグロと茄子のみぞれ煮』

2019.06.07

季節を感じる贅沢、雨の日は『梅仕事』を始めてみませんか

2019.05.26

夏野菜レシピにランクイン!『なすと豚肉の旨炒め』

月間人気記事

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2018.08.08

なす、トマト、ピーマン、ししとう…あの野菜も?!『ナス科の野菜の種類とあれこれ』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』

2017.08.23

季節の手仕事『自家製キウイシロップ観察日記』

2018.07.01

漬けて使う・合わせて使う『梅味噌の活用レシピ』