作るコト作るコト

料理、裁縫など、他の誰かに作り方を教わったり、自分が作ったものをみんなに公開します。

料理 2018.12.22

ふっくらジューシーに焼ける『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』

LINEで送る
Pocket

もうすぐクリスマス。チキンを焼く機会も多くなりますよね。
ブライン液(水に、同量の砂糖と塩を加えてよく混ぜた液)に漬けて焼くだけで、ふっくらジューシーな仕上がりに。
プルーンの自然な甘みとバルサミコ酢の酸味がアクセントになったソースをかけて。
アレンジワンプレートもおすすめです。

『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』の材料(約1人分)

・鶏もも肉(写真は若鶏もも肉を使用)

1枚

・塩

少々

・胡椒

少々

・EXVオリーブオイル

大さじ1

・にんにくスライス

1枚

・白ワイン

大さじ1強

・プルーン(写真は種抜きプルーンをカットしたもの)

大1~2個

A)ブライン液

・水

50cc

・塩(約小さじ1杯)

2.5g

・砂糖(約小さじ1杯(写真はきび砂糖を使用))

2.5g

B) バルサミコソース

・バルサミコ酢

大さじ1杯

・醤油

大さじ1/3杯

 

『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』の作り方

1.プルーンは種がある場合は取り除き、食べやすい大きさにカットしておく。

2.にんにくは皮をむいてスライスし、芽の部分を取り除いておく。

3.鶏もも肉は両面に軽く白ワイン少々(材料外)を振って、筋を切り、フォークで穴を開けて、
 軽く水気を拭いておく。

4.A)のブライン液を作っておく。
 水に塩、砂糖(写真はきび砂糖)を加えてよく混ぜてから、ポリチャック袋に3.の鶏もも肉に加えて、空気を抜きながらチャックを閉じ、よく揉み込んでおく。


5.B)のバルサミコソースを作っておく。
 バルサミコ酢に醤油を加えてよく混ぜておく。

 
6. フライパンにお好みの食用油(今回はEXVオリーブオイルを大さじ1程度使用)、
 にんにくスライスを加えて火を付け、にんにくスライスがきつね色になって油に香りが付いたら、
 あらかじめ下処理した鶏もも肉を皮目を下にして加え、中火で皮がパリパリになるまでこんがり焼く。
 にんにくスライスは焦げやすいのできつね色になったら外して、最後に戻し入れても◎

7. 皮目が焼けたら、裏返して白ワインを加え、フタをして弱火にし、蒸し焼きにする。
 白ワインの蒸発が早かったり、生焼けの場合は、大さじ1程度の水を加えてフタ→蒸し焼きを数回繰り返す。

8.両面焼けて火が通ったら、少量の塩胡椒で味をととのえ、B)のバルサミコソース、プルーンを加えて、火を止め、
 余熱でソースにとろみが出たら完成。
 (ソースが煮詰まりそうになったら、水を少々加えて味の濃さを調整してください)


 

『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』のアレンジ


前回掲載レシピ、『葉付きにんじんごはん』とベビーリーフを加えてワンプレートごはんに。

 

アレンジの材料(1人分)

 

・ベビーリーフ

適宜

・葉付きにんじんごはん

適宜

 

『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』のポイント・コツ(共通)

・鶏肉の部位、油の種類などご自由にお好みで。骨付き肉でも◎
・皮目はしっかりパリパリに焼くと◎
・ソースは煮詰まり過ぎると、焦げやすく苦みが出やすいので、余熱か極弱火で
 とろみをつけてください。
・ソースはプルーンの他、ブルーベリーやベリー類のドライフルーツを使用しても◎

 

『若鶏もも肉ソテー プルーンバルサミコソース』のポイント・コツ(アレンジ)

・付け合わせの野菜の種類もお好みで。
・他のお好みの葉野菜などを多めに加えてサラダ仕立てにしても◎

レシピ/ochaya3(ochaya_obento)
img_2945-2
ふだんは会社員、ときどきフードコーディネーター。
日々のお弁当や暮らしの一部をInstagramで更新中。

お弁当:https://www.instagram.com/ochaya_obento/

お弁当以外:https://www.instagram.com/ochaya3

その他のおすすめ記事

2種類味が楽しめる!簡単・絶品『手羽グリル』

2種類味が楽しめる!簡単・絶品『手羽グリル』

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

旬の食材を使って『せりとりんごとブルーチーズのサラダ』

まだ間に合うおせちづくり『いろいろナッツのメープル田作り』&『おせちプレート』

まだ間に合うおせちづくり『いろいろナッツのメープル田作り』&『おせちプレート』

LINEで送る
Pocket

コメント

instagram-iconみんなのInstagram

人気の記事

2019.03.08

旬のお花を食卓にも『ミモザサラダ』

2019.03.07

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~毎日食べたい「昔みそ」のコト~

2019.03.06

子どもに食べさせたい手作りおやつ『ドーナッツ』

2019.03.06

『啓蟄』虫出しの雷がなる季節。天気痛にご注意を

2019.02.26

生姜醤油ダレをかけて『ミニハンバーグの春野菜サラダ』

2019.02.23

フランスの田舎風スープ『ガルビュール』

2019.02.20

おやつ?おかず?もっちり『コロコロ大学いも』

2019.02.19

東京唯一の味噌蔵『糀屋三郎右衛門』~昔みそが愛され続ける理由①~

2019.02.17

唐揚げに飽きたら…リピート確実!簡単『鶏肉のディアボラ風』

2019.01.28

新酒の季節はおいしい『酒粕』を楽しもう。お腹にもうれしい酒粕のパワー

編集部おすすめ記事

2019.03.09

鯖水煮缶を使って『鯖缶ディップ2種』

2019.03.05

旬の味を召し上がれ!『豆ごはん』

2019.03.04

あっという間に完成!子どもも喜ぶ『マシュマロサンド』

2019.02.27

旬食材『きんき』 脂肪分の旨味が豊富な赤い高級魚

2019.02.24

日本の暮らしの言葉『三寒四温』寒気と陽気の入れ替わるサイクル

2019.02.18

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」『 29 文字が読めない』

2019.02.05

普段の暮らしを発信しよう『ケノコトライター・フォトグラファー募集のおしらせ』

2019.01.28

台所育児エッセイ「暮らしに恋して」 『26 小豆島、醤油トリップ』

2019.01.25

おうちでご馳走パスタ『牛すじラグーのペンネ』

2019.01.25

ワクワクしながら盛り付けて 『器合わせのすすめ』

月間人気記事

2017.04.01

脇の下を押すと痛くない?『脇コリの解消は 肩こり解消にもつながる』

2017.07.16

こんな症状は危険かも『スマホのウイルス感染症状7つをチェック』

2017.03.15

管理栄養士が教える『デトックスウォーターの美容効果と注意点』

2018.03.26

元美容部員が教える『自分の肌に合う化粧水の選び方』

2017.09.14

指先のカサカサを直したい!『指先の乾燥の原因とケア方法』

2018.07.12

知らなかった!こんなにも多い『ウリ科の野菜の種類とあれこれ』

2017.08.24

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「キャベツ」の常備菜』

2017.10.28

押し麦、もち麦、丸麦…種類によって異なる美味しさ『麦ご飯の種類とあれこれ』

2017.04.06

どんなおやつを選択してる?『低GIなお菓子を選んでみよう』

2018.03.31

編集部おすすめ『週に1度の作り置きレシピ「玉ねぎ」の常備菜』